みやぎ伝統的工芸品ネットワークとは
トップに戻る
 宮城県には、国の伝統的工芸品3品目と県の伝統的工芸品16品目をはじめ、固有の伝統的技術・技法をもつ種々の工芸品があります。 宮城県の伝統的工芸品産業は、こうした伝統的技術・技法を現在に伝え、高い文化的価値を持ち、「みやぎの顔」として他県に向けて発信できる地場産業です。
 各産地において、産地間の情報交流や、各工芸品のPRの必要性について意識が高まり、これまで宮城県には存在しなかった、工芸品産地を横断的に結ぶ任意団体『みやぎ伝統的工芸品ネットワーク』を平成13年に組織しました。 ネットワークでは、産地間の交流及び宮城県の伝統的工芸品の振興を図るための事業を展開し、伝統的工芸品産業の振興を目指します。共同販売会の実施、セット商品を含めた新商品の開発など、古来の技術と現代の発想を併せて、宮城県でしか作れない「宮城らしい」工芸品づくりに励んでまいります。
いいものテクノフェア1   いいものテクノフェア2
 
【いいものテクノフェア】
全国伝統的工芸品まつり 研修会
【全国伝統的工芸品まつり】 【研修会】
   
 
みやぎ伝統的工芸品ネットワーク・事務局
〒986-1333宮城県雄勝町大字雄勝字寺53-1
雄勝硯生産販売協同組合内
TEL. 0225-57-2632/FAX. 0225-57-3339
※工芸品に関するお問い合わせは各産地に直接お願いいたします。