トップに戻る
10.仙台堆朱/仙台
工芸品の概要

【歴史】
 唐より伝来した堆朱の技術を明治時代川崎栄之亟氏により技術の普及。
 仙台堆朱は耐熱、耐水性に優れたものに確立。
 現代の名工として「卓越技能章」に輝いた南忠により一層質の良い製品に完成し、平成2年には、宮城県伝統的工芸品指定を受け現在に至る。
 
【現在とりくんでいること等】
 伝統の重厚作の中にデザインや色彩を中心に、生活にマッチした漆器作りに取り組んでいる。

  画像1
鉄仙花瓶
¥15000
生花を生けたりそのまま飾りにできる。
生産地   宮城県仙台市
原材料   桂、朴の木
主な商品  
画像2   画像3
寄彫 銘々皿
¥10,000
朱の色が意外性を生み、いかなる食物も引立て、季節をとわないで使用できる。
 
水芭蕉 小判盆
¥8,000
お盆に大皿に飾り皿にと用途は多用です。
     
メンテナンス方法   手入れ方法は乾いた柔らかい布で拭いて下さい。
より一層の光沢が増します。
【耐用年数】半永久的
商品購入のポイント   【原材料の原産国】国産の桂、朴の木を木地として使用
---
【樹脂製と木製の違いなど】
木粉樹脂加工品……手軽な価格で記念品等に
木製品……手彫り手塗りでぬくもり有り
修理対応の可否   木製品は修理可能
オーダーの可否   木製品は可能
産地見学の可否   工房見学は事前に連絡が必要
製作体験の可否   ---
工人(代表)の声   塗っては研き、塗っては研きの気の遠くなる様な手仕事……
出来あがった時の美しさや喜びは作者だけが味わえる醍醐味。
そんな一生ものを作ってます。
そんな気持を製品にして皆様に伝えたいです。
製造工程 桂の木地に花鳥・山水を彫刻、その上に朱塗を数十回以上塗り重ね仕上げる。
愛用者の声   ---
その他   ・同じ彫りの模様で、額や花瓶、文庫、菓子箱、お盆などシリーズでオーダーメイドできます。(木製品のみ)
・表千家の全国大会の記念品。(H12.10)
・国際ロータリー会長への記念品。(H15.5)
後継者の受け入れ等   ---

[お問い合わせ]
 (有)仙台堆朱製作所 ショールーム(仙台駅東口より徒歩3分)

〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡1丁目6番21号
TEL. 022-291-5414/FAX. 022-295-2034