トップに戻る
14.堤焼 乾馬窯/仙台市
工芸品の概要
【歴史】
 堤焼は、今から300年以上さかのぼった江戸時代17世紀末、仙台藩4代藩主綱村公の頃に当時の杉山台(最初、杉山焼といわれた)今の堤町にその姿を現しました。
 城下町仙台を通る奥州街道、その北の守りを兼ねて足軽侍達を住まわせ、その地より大量にとれる良質の粘土で彼らに甕や器などを作らせたのが始まりと伝えられております。
 
 その後仙台藩は、江戸の陶工「上村万衛門」を招き技術指導にあたらせました。
 

【乾馬窯】
 さらに仙台藩は、幕末安政時代に長崎で造船技術を学んだ江戸の陶工「六世乾山・三浦乾也」を仙台に招き、彼を洋式軍艦「開成丸」の造船棟梁とし寒風沢の地で見事完成させました。
 その時、代々堤焼の導的立場にあった源七郎義忠は師弟関係を結び「乾山秘伝書」と「乾」の一字を名乗る事を許され「乾馬」と名乗り、水甕・藍甕・塩・味噌を入れておいた器といった一般市民の雑器を主に作っていた当時の堤焼にの乾山流の技法を取り入れて茶器や花器なども作るようになりました。
   
 明治・大正・戦前・戦後と激動の時代を昔と変わらず器を作り続け、市街地化で手狭になった窯場を昭和39年に現在の泉区丸田沢湖畔に移し、唯一300年の伝統と乾山流の技を今に伝えています。
 

  画像1
---
生産地   宮城県仙台市
原材料   台原陶土その他
主な商品  

・湯呑
・マグカップ
・フリーカップ
・灰皿
・酒器
・ぐい呑み
・徳利
・皿
・壺
・花器
・茶器 等。

メンテナンス方法   ---
商品購入のポイント   ---
修理対応の可否   ---
オーダーの可否   ---
産地見学の可否   年中無休。
工房・窯場・展示場・常時見学可能です。販売もしております。
製作体験の可否   事前に予約して頂ければ、個人・団体ともに受け付けております。
●手作り教室参加費用●
(粘土代)  1kg3000円。
  500g1500円。
月謝・指導料等は一切いただいておりません。仕上げ・焼代も含まれております
午前10時頃から。午後1時頃から。説明・指導・製作で2時間程です。
12月〜3月までは冬季の為受け付けておりません。
最小数名から最大48名まで。それ以上の場合は2回に分けていただきます。 
〈ご予約・お問合せ先〉
堤焼乾馬窯/手作り教室  (TEL)022−372−3639
  (FAX)022−372−3533
工人(代表)の声   陶一生の手習い。
 
【4代目乾馬陶歴】
針生乾馬。
昭和2年9月6日生まれ。
3代乾馬長男。
昭和28年 8月より   仙台工芸青匠会展出品15回。
昭和35年 10月より   藤崎百貨店にて個展5回。
昭和38年 4月   新宿伊勢丹6階画廊にて個展。
昭和39年 5月より   仙台三越にて個展12回。
昭和44年 2月より   日本橋三越本店工芸サロンにて茶陶展7回。
昭和44年 3月   三軌展にて新人賞受賞。
昭和44年 4月   第9回伝統工芸新作展入選。以降17回まで毎回入選。
昭和48年 6月   日本陶芸展入選。
昭和48年 9月より   大阪三越にて茶陶展2回。
昭和49年 3月   宮城県芸術選奨受賞。
昭和50年 3月   京都淡交社ギャラリーに出品。
昭和50年 12月   浩宮様乾馬窯に御成り御茶碗・ハニワ御手造。
昭和51年 7月より   椿山荘美術館にて茶陶展2回。
昭和52年 2月   新宿柿伝ギャラリーて茶陶展。
昭和53年 1月   河北文化賞受賞。(3代乾馬乾翁)
昭和54年 10月   河北文化賞記念展。
昭和55年 7月   陶光会全国陶芸展陶光会賞受賞。
昭和55年 11月   作陶35年記念展。
昭和56年 4月   盛岡川徳美術館乾馬歴代展。
昭和57年 1月   国際アカデミー賞受賞。(乾翁)
昭和57年 8月   陶光会全国陶芸展会長賞受賞。
昭和58年 1月   宮城県伝統工芸品指定。
昭和58年 8月   全国陶芸展文部大臣賞受賞。
昭和60年 3月   三軌会展審査員(10回)出品。
昭和60年 8月   全国陶芸展内閣総理大臣賞受賞。
平成5年 11月   宮城県教育文化功労賞受賞。
平成9年 7月   仙台市教育文化功労賞受賞。
平成12年 11月   地域文化功労者文部大臣賞受賞。
平成12年 12月   東京日本橋三越にて、やきもの探訪展に出品。
平成13年 7月   仙台市特別市政功労者賞受賞。
平成14年 12月   せんだいメディアテークにて「伝承の堤 焼針生乾馬展」を開催。
製造工程
製造工程
愛用者の声   ---
その他   ---
後継者の受け入れ等   ---
[お問い合わせ]
 株式会社 堤焼乾馬窯
〒981-3121仙台市泉区上谷刈字赤坂8-4
TEL. 022-372-3639/FAX. 022-372-5829