安田記念登録馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 安田記念 東京・芝1600m 4歳上オープン(GI)
登録馬 主な成績 寸評
アドマイヤカイザー京都金杯 2着相当に切れる脚ある。展開ハマれば。-×
イーグルカフェNHKマイル 1着4歳だがそれなりに。調教動く。×-
ウメノファイバーオークス 1着前走久々も好走。東京はやはり走る。
エイシンルーデンス阪神牝馬特 1着同型強力で逃げ打てるかが鍵。--
エイシンルバーン都大路S 1着パンチ不足。時計かからない限りは。--
オースミジェット平安S 1着ここをつかって帝王賞か?見送り。--
キングヘイロー高松宮記念 1着前走大敗。能力あるがあてにできず。--
シンボリインディNHKマイル 1着前走それなり。だが、少し差がある?--
スティンガー京王杯SC 1着前走圧巻。東京&マイルならもう一度。-
ダイワカーリアン東京新聞杯 1着すんなりハナなら、Hペース逃げで。
ディクタットモーリス賞 1着滞在競馬。が、距離延長が少し問題。×-
トロットスターシルクS 2着能力見劣る。ドロドロ馬場望む。--
フェアリーキングプローン香港スプC 1着スプリント戦中心。1600mは?--
フサイチエアデールダ卿CT 1着前走敗北疑問も、ダ卿CT評価して。×
ブラックホークスプリンS 1着後方牽制しあえば好位粘り込み可能。
マイネルマックスマイラーC 1着マイルは意外にしぶとい。時計次第。-×
レッドチリペッパー中山牝馬S 1着東京はそれなりに走る。相手関係は?-×
ロサード京阪杯 1着ちとスランプ気味。東京替わり期待。--

以上登録18頭(出走馬、五十音順)


競馬鹿「メインでパツイチ」
安田記念の展望
「今年も参戦!香港馬」の巻

 国際競走もいい感じでなじんてきた安田記念。
 ほかのやっつけ国際競走とちがって、きちんと外国馬が来るし。
 宝塚記念とは大違い。カイタノ登録してたけど回避だし。

 で、外国馬の面々はというと、京王杯SCをつかった欧州最強短距離馬ディクタットがどこまで巻き返せるか、 そして、オリエンタルエキスプレスに続く長い名前の香港馬、フェアリーキングプローンが混戦に乗じて、一昨年のオリエンタルエキスプレス(←だから長いって)のようにこっそり紛れ込むか、いづれも注目である。

 さて、予想はというと、ダイワカーリアン、エイシンルーデンスが速いペースで逃げ、追込み有利っぽいが、 こういう場合、体勢が決まってしまうと淡々とした流れになることがしばしば。

 しかも、今回は追込馬勢揃い。先週のダービーを意識して、追込馬が仕掛けをギリギリまで我慢すると、 結局届かずってことも考えられる。追込馬過信は禁物なんじゃないの。

 あと、アテにならないが天気も良くないらしいし。



◎ブラックホーク
○スティンガー
▲ウメノファイバー
△ダイワカーリアン
△フサイチエアデール


結果

1着フェアリーキングプローン
2着ディクタット
3着キングヘイロー
4着スティンガー
5着トロットスター

タイム:1分33秒9 3F:35.3
フェアリーキングプローン 騙6歳
騎手:R.フラッド 厩舎:香港・I.アラン厩舎
生産者:(オーストラリア産)
単勝:12番3990円
複勝:12番830円、10番320円、9番370円
枠連:5-6 6850円 馬連:10-12 14700円
ワイド:10-12 3780円
    9-12 4270円 9-10 1790円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。
 さすがになぁ、これはちょっと。でも単勝だけとってたりする。

 しかし、盛り下がりましたねぇ。よりによって外国馬のワンツー。しかも、香港馬のほうが1着。で、万馬券。 フラッドコールなんて全くありませんでした。有力どころは全く奮わずでした。

 で、こんな感じで盛り下がってしまったんだけど、いろいろネタになることはあります。 5着トロットスターってなんでやねん!しかも、最後はスティンガーを交す勢い。 いったい他の有力馬はなにをやっていたんでしょうか?ま、6着もエイシンルバーンだから、 相当紛れの多いレースであったことがいえそうなんですけどね。

 あと、よりによって、
 吉本芸人→130Rの蔵野→「ホンコン」→香港馬
 ってサインはないだろ(笑)



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。