第5回クラスターカップ登録馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 クラスターカップ 盛岡・ダ1200m 4歳上オープン(GIII)地方交流競走
登録馬 主な成績 寸評
ビコーミニスター東京杯 2着重賞2着あるも、久々が問題で。--
ハセノデジュール栗駒賞 3着ちょっと差があるも、鞍上菅原勲で。-×
ショウリノオタケビ岩鷲賞 2着古馬相手に惨敗。もう少し様子見。--
マチカネランしゃくなげS 1着復帰後圧勝続き。4歳馬でも通用か。
サカモトデュラブ東京杯 1着東京杯勝ちも惨敗続き。距離少し長い?-×
カオリスマイルケンタウル特 1着北海道SCで惨敗をどう評価するか。--
ゴールデンチェリー札幌スプC 3着やや足りない。Hペースに乗じて。×
アブクマレディーエンプレス杯 2着前走暴走で大敗。距離短縮&逃げで。×-
カフェブラン長万部特別 1着500万、900万と連勝。それなりに。-
アイアムアブラザー栗駒賞 4着前走大敗。距離短い方がいい?-×
タイキインパルス盛岡A1 1着時計がちょっと足りないか。--
ボニートダンサー緑風賞 2着A1に昇級して頭打ち。この相手では。--
セカンドゲス栗駒賞 1着新潟に転厩して4連勝。通用するか?
ヤマサコンドル水沢A1 1着A1で善戦。でもパンチ不足では。×

以上登録14頭(出走馬、馬番順)


競馬鹿「メインでパツイチ」
第5回クラスターCの展望
「岡部当日輸送?」の巻

 意外に少ないスプリント戦の地方交流重賞、クラスターカップ。
 クラスターカップ以外では東京杯、あとは...なんだろう? 中山ではいやというほどダートの1200m戦があるっちゅーのに、意外にないんだよなぁ1200mって。

 ま、そんなことは置いておいて、クラスターカップの見解。
 人気はマチカネランでしょう。4歳馬とはいえ、前走、前々走同じ4歳馬相手ではあるが完勝。 初戦でアグネスデジタルをブッチぎったほど。デイリー杯後故障するも、復帰戦を楽勝。続くしゃくなげSも楽勝。 しいて弱点をあげるならば、破った相手がそんなに強くなかったということぐらいか。

 ほかはなぁ...難しい。順当に実力馬からといきたいいんだが、 前走スマートボーイともども撃沈したアブクマレディーとか、 この条件の常連だけど最近サッパリのサカモトデュラブとか。ちょっとキツイよなぁ。 中央馬のカフェブランとか、新潟に転出してから圧勝続きのセカンドゲスとかあたりか。

 しかし、カフェブランの鞍上は岡部ですか。ん?前日ブリーダーズGCに乗ってるやん。 しかも、旭川ってナイター競馬だし。どうやって移動するの?どう考えても当日輸送なんだけど。まさか、岡部が夜行列車に乗るとは思えないし。



◎マチカネラン
○ゴールデンチェリー
▲セカンドゲス
△ヤマサコンドル
△カフェブラン
 現実的に考えれば、次の日に飛行機で新千歳→花巻の移動やなぁ。


結果

1着ゴールデンチェリー
2着アブクマレディー
3着マチカネラン
4着ショウリノオタケビ
5着ヤマサコンドル

タイム:1分11秒2
ゴールデンチェリー 牝7歳
騎手:吉田稔 厩舎:名古屋・瀬戸口厩舎
生産者:(外国産馬)
単勝:7番2190円
複勝:7番240円、8番220円、4番100円
枠連:5-5 5930円 馬連:7-8 7210円
馬単:7-8 15000円
ワイド:7-8 1700円
    4-7 580円 4-8 440円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

 予想、ハズレ!
 くそー、穴予想ヒモ抜けですか。本紙予想では一応アブクマおさえてるのに。

 結局、前行ったもの勝ちでした。
 マチカネランも伸びてはいるんだが、アブクマレディーも交わせず3着まで。 個人的にはゴールデンチェリーが逃げたのは意外だったんだけど。 一応、逃げれないことはない馬なんで、そこそこ先行はできると思っていたんだが、 「2番手でレースして直線はアブクマレディーをアッサリ交わしてゴール」というレースになるとは。

 で、岡部。
 レースにはきちんと間に合ったけど、カフェブランは後方から行き過ぎて間に合いませんでした。 しかも、さらに後ろにいたヤマサコンドルに差されてるし。 くそー、ゴールデンチェリー=ヤマサコンドルだったらかなりアツかったのに。 ちなみに馬単裏表両方持ってました。



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。