第61回菊花賞登録馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 菊花賞 京都・芝3000m 4歳オープン(GI) →出走馬profileへ。
登録馬 主な成績 寸評
エリモブライアン 駒草賞 1着 ちょっと掛かるクセあり。気性次第。 - ×
ダイワバーミンガム 500万下 1着 ムラっぽく勝ちあぐねたがそれなりに。 ×
ヤマニンリスペクト 京都3歳S 1着 極端な大負けないが、差を詰められず。 - -
ケージージェット 行川特別 1着 前走900万下もなかなかの好時計で。 -
トップコマンダー 青葉賞 4着 前走は久々で大敗。距離に不安ありそうで。 - -
アグネスフライト 日本ダービー 1着 前走調整順調ではなく。叩けば変わる。 ×
ホワイトハピネス 神戸新聞杯 4着 前走久々だったがなかなかの内容で。 -
スプリームコート 500万下 1着 前走長い距離狙って使った意欲は買える。 -
ジョウテンブレーヴ セントライト 3着 それなりに走るが距離長いか。 - -
10 マッキーローレル セントライト 4着 中央に転厩してまで出走。前走伸び良く。 - -
11 ゴーステディ 未勝利 1着 未勝利勝ちのみでは通用しないか。 - -
12 ヒシマジェスティ 夕月特別 1着 Sウイークと同じような配合。注意必要。 × -
13 トーホウシデン 日本ダービー 4着 前走久々堪える。距離延長で食い込み可。 ×
14 マイネルビンテージ 京成杯 1着 今回逃げる気配。どこまで通用するか。 - ×
15 エアシャカール 皐月賞 1着 菊花賞得意の武豊で。課題は気性。 -
16 カリスマシルバー 500万下 1着 さすがにダート500万下勝ちでは... - -
17 フェリシタル 神戸新聞杯 6着 相手なりに駆けるが、前走で実力差でたか。 - -
18 クリノキングオー 若葉S 1着 春がいづれも惨敗。逆転難しい。 - -

以上登録18頭(出走馬、五十音順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第61回菊花賞の展望と予想とヨタ話
「ちょっとだけ荒れるよ〜ん、菊花賞」の巻

 4歳牡馬クラシック最後の一冠菊花賞。
 やはり、菊花賞の距離3000mが課題になるところ。当然(?)菊花賞の距離に関しては全馬未経験。 以前だったら、嵐山Sが菊花賞と同じ条件で、メジロマックイーンのような伏兵馬を菊花賞に送り込んできたのに、 今年菊花賞の日程が変更されたおかげで、どこかいってしまいました。

 これ以外でも菊花賞へのステップがかなり変更。
 例年、菊花賞でも好走例多い京都新聞杯が春に移動するし、近年ここをつかって菊花賞へ、という地位を築きつつあった京都大賞典も、菊花賞から中1週に変わったため使えなくなるし。 実質的に菊花賞へのステップは9月の2レースのみ。

 で、菊花賞の傾向としてステップレースを使おうと思ったんだけど、 菊花賞の日程変わったんで全く役に立ちませんがな。 去年の菊花賞から2週早まっただけなんだが、微妙に影響してくるでしょう。 前述のステップが使えないこともあるし。

 ちょっと困ったんで、菊花賞を人気面から降りかえってみる。
 菊花賞、特徴的なことは「極端に荒れない」ということ。ちなみに過去の単勝最高配当は、第37回菊花賞グリーングラスの5250円。 夏の上がり馬が走ることは走るんだが、それなりに人気になっていたり、ヒモが人気所ということが多い。 ちなみに馬連の最高配当は第56回菊花賞の6330円。混戦の場合、額面通りそれなりの配当がでると考えていいでしょう。

 あと、ヒモに「えっ?」という馬が入ってくる場合も。典型的な例は、第54回菊花賞、勝ったのは1番人気ビワハヤヒデだったが、2番人気ウイニングチケットは3着。 で、2着に入ったのが9番人気ステージチャンプ。他、翌々年の第56回菊花賞も2着に9番人気トウカイパレスや、 さらに翌々年の第58回菊花賞、2着に7番人気ダイワオーシュウ。古くは第48回菊花賞勝ち馬サクラスターオー(9番人気)や、 シンボリルドルフが三冠を達成した第45回菊花賞、2着に7番人気ゴールドウェイとかも。 降りかえってみると、7〜10番人気馬が菊花賞で突っ込んで来る場合が多いんですな。

 で、今回の菊花賞。ダービー1、2着馬が抜けてるしなぁ。
 馬連で買ってもそんなに面白くないし。でも今年の菊花賞はワイドがあるんで、 前述の傾向を踏まえて、アグネスフライトからワイド流しで遊んでみる?



<第61回菊花賞予想>
◎アグネスフライト
○スプリームコート
▲エアシャカール
△トーホウシデン
△ダイワバーミンガム
△ホワイトハピネス
 うむー、2強同士でどれだけ配当がつくかだよなぁ...


結果

1着エアシャカール
2着トーホウシデン
3着エリモブライアン
4着ケージージェット
5着アグネスフライト

タイム:3分04秒2 3F:36.1
エアシャカール 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・森厩舎
生産者:社台ファーム
単勝:15番280円
複勝:15番150円、13番280円、1番490円
枠連:7-7 1510円 馬連:13-15 1580円
ワイド:13-15 550円
    1-15 1100円 1-13 1930円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中?
 むー、飛んでしまったのはアグネスのほうでした。

 しかし、そこそこ人気所が入ってワイド思ったほどつきませんでした。 確かに2強のうち2番手からワイドで流すって作戦は合ってたんだけど、 比較的人気所でしたからあんまりなぁ。ケージージェットもうちょっと頑張ってくれればね。

 でも、いるでしょ。「ケージージェット差せ!」っていった人。 抜け出した2頭どちらかを軸にしていた場合、ワイド流しでケージージェット入れば結構大きいもんなぁ。

 で、菊花賞の内容。
 ちょっとエアシャカール最初掛かり気味だったんだけど、うまく馬群の中に入れて落ち着かせ、 さらに最後は定石どおり最後のコーナーで内から抜け出す。ここはやっぱり武豊の腕でしょうな。 でも、「内にササった」といういい方もできなくはない動きだったけど(笑)



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。