今週のメインdeパツイチ2000
第34回ステイヤーズステークス登録馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第34回 ステイヤーズステークス 中山・芝3600m 4歳上オープン(GII)
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アクティブバイオ 西郷特別 1着 長距離ならそこそこ。だがスピードは? - -
2 2 ジョーヤマト ダイヤモンド 2着 距離延長は歓迎。流れ向けば。 - -
3 3 ナリタトップロード 天皇賞春 3着 このメンバーには負けられない。順当なら。 -
4 4 ユーセイトップラン ダイヤモンド 1着 この距離得意。スランプ抜けた感じ有。 × ×
5 5 インターフラッグ 札幌日経OP 1着 距離延長望むところ。ワイド圏十分可能。
6 6 ダンディラッシュ 兵庫特別 1着 前走は前が止まらず。そこそこには。 - -
7 ロードプラチナム 大阪杯 2着 この相手なら。距離は大丈夫そうだが。 -
7 8 サンエムエックス 比叡S 1着 2400mで2:22.6のレコード有。注意必要か。 ×
9 ホットシークレット 南武特別 1着 スタートが課題。いつもの形なら。 -
8 10 タガジョーノーブル ドンカスタS 1着 前走3000mレコード勝ち。展開向けば。 -
11 メジロロンザン アル共杯 2着 能力は通用しそうだが、問題は距離。 - ×

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、ステイヤーズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第34回ステイヤーズステークスの展望と予想とヨタ話
「ばかにげ」の巻

 平地競争のうち最も距離が長いレース。ステイヤーズステークス。
 今回のステイヤーズステークス、ナリタトップロードが勝てるかが焦点。

 ...というのが普通の人のステイヤーズステークス。
 個人的にはホットシークレットの大逃げに期待。どうも、 ロードブレイブとかホットシークレットとかラングラクィーンとかアストラルブレイズとかに ときめいてしまうタイプなので仕方が無いんだよなぁ。

 しかし、このホットシークレット。逃げ馬のくせにゲートの出が遅い。
 もっさりゲートを出て、100mすぎた辺りから押して押してようやくハナを奪いに行くという変なタイプ。 しかも、出が悪いくせにハナ行かないとダメなタイプだからね。

 でも、最近になって大逃げを打つ馬が増えてよかったですわ。
 スローペース症候群とかいわれた時代なんて、直線までちんたら走って 「よーいどん」の競馬だったからね。それに比べりゃエキサイティングになったもんよ。



<第34回ステイヤーズステークス予想>
◎ホットシークレット
○ナリタトップロード
▲ロードプラチナム
△タガジョーノーブル
△サンエムエックス
△インターフラッグ
 一頭だけ別のレースをすれば大丈夫なんだろうけど...


結果

1着ホットシークレット
2着タガジョーノーブル
3着サンエムエックス
4着ナリタトップロード
5着ロードプラチナム

タイム:3分45秒6 3F:36.4
ホットシークレット セン5歳
騎手:柴田善臣 厩舎:美浦・後藤厩舎
生産者:畠山牧場
単勝:9番7240円
複勝:9番1210円、10番360円、8番220円
枠連:7-8 1420円 馬連:9-10 24010円
ワイド:9-10 4050円
    8-9 2900円 8-10 680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!これで万馬券とは。ちょっと意外。
 さらに全日本サラブレッドCに引き続いて連続万馬券的中とは。すげー。

 しかし、ナリタトップロードは先行した馬にいいように翻弄されてしまいました。 4コーナーで前との差を詰めるも、そこで先行した3頭と脚色が一緒になってしまい4着。

 で、結局は、先行した4頭(うちメジロロンザンは脱落)が後続を離しての逃げ。 でもあんまりペース速くなかった分最後もしっかり脚を使えた。 逆にペースがさほど速くないのに控えた後続馬は、差を詰めるのに脚を使って伸びきれず、といったところか。

 さて、ホットシークレットの次走は有馬記念なんでしょうか?
 個人的には出てきてほしいんだが。一応、有馬記念のファン投票で一票入れてるけど、 とてもじゃないが有馬記念に出走できるほど票が集まらないでしょう。 今の雰囲気だと、今年の有馬記念逃げ馬不在になっちゃうんだよな。

 あ、ちなみに私、ロードブレイブにも一票入れてます。



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。