今週のメインdeパツイチ2001
第42回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
あーあ、12頭しかいないよ。宝塚記念。ま、メンバーが粒ぞろいなのが救いだけど。
でも、ステイゴールド&メイショウドトウ。あんたら本当に勝てるの?


第42回 宝塚記念 阪神・芝2200m 3歳上オープン(GI)
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッキーダンス 金鯱賞 1着 ようやくスランプ脱出。去年の勢いあるなら。 -
2 2 ダービーレグノ シンザン記念 1着 さすがに3歳馬では買いづらい。見送り。 - -
3 3 メイショウドトウ 天皇賞春 2着 どうしてもオペラオーに勝てない。今回も? -
4 4 テイエムオペラオー 天皇賞春 1着 実績ダントツ。さらに馬場渋るなら楽勝? ×
5 5 トーホウドリーム 大阪杯 1着 大阪杯の内容素直に評価。良馬場なら。 - ×
6 ホットシークレット 目黒記念 1着 誰も行かず単騎逃げ可能。スタートが課題。 -
6 7 ダイワテキサス 有馬記念 3着 夏場はよく走る。この相手なら連対あるかも。 ×
8 エアシャカール 菊花賞 1着 この距離ぐらいがベスト。あとは気性次第か。 -
7 9 ステイゴールド ドバイクラ 1着 直線よーいドンの瞬発力勝負は...展開が鍵。 × -
10 アドマイヤカイザー エプソムC 1着 前走好枠の助けあるも末脚復活。嵌れば。
8 11 アドマイヤボス 大阪杯 3着 詰めが今一つ。重なら注意したいが。 - -
12 マックロウ 京都記念 1着 詰め甘い面有。京都記念の再現したいが... - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第42回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第42回宝塚記念の展望と予想とヨタ話
「宝塚だけに勝つのはスター?」の巻

 春のGIシリーズもとりあえず最終戦。宝塚記念。
 「とりあえず」というのは、来週に帝王賞、7月にジャパンダートダービーと交流重賞とはいえ、この宝塚記念が終わってもまだGI2つ残っているからね。 でも、時期的には夏のGIですけど。

 で、宝塚記念の予想。今回の宝塚記念、テイエムオペラオーがダントツでしょう...といいたいんだけど、ちょっと様子が違うかも。特に人気面で。 思ったほどダントツ人気にならないんじゃないの?テイエムオペラオー。

 じゃ、この宝塚記念、誰が人気になりそうかといえば「ドバイ遠征で勝つ。さらに去年のエミレーツシリーズの覇者ファンタスティックライト相手に勝つ。だけどGIIでした。依然GI未勝利のステイゴールド」や、 前走の天皇賞春で「古馬GIすべて2着」という記録を達成したメイショウドトウ。この2頭に「どうしても勝ってくれ!」という単勝が結構ありそうなんだけど。

 あと「テイエムオペラオーにスター性がない」という根本的な問題もあるけどね。

 ...閑話休題。宝塚記念の予想。
 このレース、1番人気に逆らわないのが吉。ただし、過去の宝塚記念を降りかえると4桁配当が多い。 ほぼ順当に決まったのは、第38回宝塚記念の440円、第40回宝塚記念の200円ぐらい。つまり、ヒモがちょっと狂うのが宝塚記念。

 ここ数年の傾向として、金鯱賞とかステップにきっちり使っているのに人気にならない馬には要注意かな。去年の第41回宝塚記念では金鯱賞勝ちのメイショウドトウが2着、同じく金鯱賞2着のジョービッグバンが3着。 さらに第39回宝塚記念では、目黒記念3着のステイゴールドが2着、第37回宝塚記念では金鯱賞2着のサンデーブランチが2着と結構好走例が多い。

 今回の宝塚記念、天皇賞直行組が人気の上位を占めそう。 その反面、金鯱賞、目黒記念、エプソムC組は人気の盲点なりそう。テイエムからここに流すのが正解かも。



<第42回宝塚記念予想>
◎テイエムオペラオー
○ホットシークレット
▲ダイワテキサス
△アドマイヤカイザー
△エアシャカール
△メイショウドトウ
 で、勝ったら何をするんでしょうか?和田騎手。

結果

1着メイショウドトウ
2着テイエムオペラオー
3着ホットシークレット
4着ステイゴールド
5着エアシャカール

タイム:2分11秒7 3F:35.2
メイショウドトウ 牡5歳
騎手:安田康彦 厩舎:栗東・安田伊厩舎
生産者:(外国産馬)
単勝:3番340円
複勝:3番120円、4番110円、6番410円
枠連:3-4 200円 馬連:3-4 210円
ワイド:3-4 150円
    3-6 1020円 4-6 940円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても210円じゃなぁ。
 ホットシークレット残ってくれればよかったんだけど、ハナ差で3着か。

 で、結果。これまでの1着2着逆という結果。メイショウドトウが「すべての古馬GIでオペラオーの2着」という記録を天皇賞春で達成、 「今回は何をやってもこれといった記録にならないんで、勝ちました」のかどうかは知らんが、6戦目にしてようやく雪辱。

 オペラオーは4コーナーで行き場を失ったのが敗因。しかし、それでも最後無茶苦茶な脚を使ってホットシークレットをハナ差捕らえ、穴党を粉砕(私も粉砕されたうちの一人) 終わってみればや「やっぱり」の組み合わせ。馬連210円。去年に比べ配当1/6。

 あと、ステイゴールド。
 4コーナーでメイショウドトウに並ぶような位置にいれば面白かったんだけど、ヘンに末脚勝負して失敗。 前につけた2頭がそのまま残るような展開じゃ、ジリ脚のステイゴールドでは届きません。 相変わらずの「伸びずバテず」で4着キープ。5着だと98年宝塚記念2着、99年宝塚記念3着、2000年宝塚記念4着に続く2001年宝塚記念5着という 記録達成だったんだけどな。うぅ〜ん、ざんね〜〜ん(みの風)。

 で、結局は離れた4着。この結果をみて、ふと思ったこと。
 「結局、誰が乗っても同じやん。ステイゴールド」



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。