今週のメインdeパツイチ2002
第37回京都牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第37回 京都牝馬ステークス 京都・芝1600m  4歳上牝オープン(GIII) 2002年1月27日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タイキポーラ 阪神牝馬S 4着 前々走ぐらい走れば好勝負になりそうだが... - -
2 2 クルーピアスター 飛騨S 1着 マイルでもそこそこ走る。牝馬同士なら。
3 3 ピンクプルメリア ファイナルS 5着 このクラス壁?大きくは負けていないが... - ×
4 4 ビハインドザマスク スワンS 1着 牡馬相手に好走ある。だが前走の内容不満。 - -
5 5 ジェミードレス 市川S 1着 重賞でもそこそこ通用。この相手なら。 ×
6 エイシンルーデンス ターコイズS 3着 単騎逃げ可能も斤量57kg微妙。どこまで... × ×
6 7 ネームヴァリュー アネモネS 4着 マイルはそこそこ走るが、この相手手強い。 - -
8 フューチャサンデー 府中牝馬S 6着 徐々にだが末脚の切れが戻りつつあって。 -
7 9 タイキトゥインクル ターコイズS 1着 前走は斤量に恵まれたか。ここでは辛い。 - -
10 エアトゥーレ 阪神牝馬S 1着 連勝で一気に重賞制覇。ここも好走できそう。 -
8 11 ダイヤモンドビコー ローズS 1着 前走やや太め残り。叩き2戦目で変われば。 ×
12 フサイチユーキャン 新春S 1着 末脚切れる。展開嵌れば重賞でも好走可能。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第37回京都牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第37回京都牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話
「阪神牝馬ステークスってどうなん?」の巻

 毎度お馴染みの牝馬限定戦。第37回京都牝馬ステークス。
 高松宮記念のステップに最適なレースだけに、短距離で実績ある馬もちらほら。

 しかし、このレース。ちょいと難しい。というのも、阪神牝馬ステークスからここへという馬が多いんだけど、 その阪神牝馬ステークスってのがいまいちアテにならない。例年荒れる傾向にあるし、そこを好走したからといって、 次(つまりこのレース)に結びつくことってあまりないし。

 ま、エアトゥーレ、ビハインドザマスクあたりが人気になるだろうけど、狙いは別路線組でしょうな。 特に条件戦卒業組の一発に期待。ヘタな牝馬限定重賞よりも、 牡馬相手に準オープンを勝った馬のほうがレベル高いってことも十分有り得るんで...



<第37回京都牝馬ステークス予想>
◎ダイヤモンドビコー
○クルーピアスター
▲フサイチユーキャン
△エアトゥーレ
△ジェミードレス
△エイシンルーデンス
 ってなわけで、昇級組からフサイチとジェミードレスを入れてみました。

結果

1着ビハインドザマスク
2着ダイヤモンドビコー
3着フサイチユーキャン
4着エアトゥーレ
5着タイキポーラ

タイム:1分36秒0 3F:35.3
ビハインドザマスク 牝6歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・北橋厩舎
生産牧場:社台ファーム
単勝:4番910円
複勝:4番300円、11番170円、12番270円
枠連:4-8 1810円 馬連:4-11 2830円
ワイド:4-11 950円
    4-12 1630円 11-12 720円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ちょっとビハインドザマスクはなぁ。
 オッズ的には、思ったほど人気がなくて狙い目ではあったんだけどね...

 結局上位はほぼ順当。ただ、順番がちょっと違いましたね。 人気のエアトゥーレは、好スタートからエイシンルーデンスをおさえて逃げる展開に。 だけど「いい目標」になってしまい、直線ではあっさり交わされてしまう始末。 ちょっと流れが合いませんでした。

 でも、勝ったビハインドザマスク。これはかなりの好内容なんじゃないの。 馬場は悪いし、58kg背負わされているにも関わらず、上がり3ハロン34.5秒の脚を使ってこの結果ですからね。 ハマれば牡馬相手にGIでも好走できそうですな。手薄なスプリント路線だったら十分勝負になるでしょう。 高松宮記念あたり狙い目かも。



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。