今週のメインdeパツイチ2002
第42回きさらぎ賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第42回 きさらぎ賞 京都・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2002年2月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メジロマイヤー 白梅賞 1着 前走内容悪くない。展開嵌れば押し切りも。 ×
2 2 メガスターダム ラジオたんぱ 1着 すんなり先行できる組み合わせ。実績は上位。 × -
3 3 メンタルシャウト 金剛山 1着 未勝利戦で勝ちきれず。重賞では荷が重い。 - -
4 4 メジロアービン きんせんか 1着 重賞ではイマイチ。特別勝ちの内容濃いが... -
5 5 セイウンマグマラシ かささぎ賞 1着 ややパンチ力不足。ここは少々辛い? - -
6 6 アグネスソニック 京王杯2歳S 2着 朝日杯5着とはいえ僅差。ここなら実力上位。 -
7 オースミエルスト シンザン記念 3着 前走の相手を考えればここも好走しそうだが。 - -
7 8 マイネルアンブル 若駒S 3着 前走は不利有。まともなら2着はあったはず。
9 フィールドラッキー 若駒S 2着 前走は相手が悪かった。そこそこは走れる筈。 - ×
8 10 カゼニフカレテ 京成杯 4着 末脚堅実。問題は流れが向くかどうか。 ×
11 テイエムマズルカ 京王杯2歳S 4着 末脚はそこそこ。上がりがかかるなら一発も。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第42回きさらぎ賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第42回きさらぎ賞の展望と予想とヨタ話
「敗者復活戦2」の巻

 毎年なかなかの逸材を輩出するレース。きさらぎ賞。
 でも、今年はどうなんでしょうか?ちょっと地味っす。

 しかし、今年はちょっとヘンですね。例年通りなら京成杯・シンザン記念が手薄で、 共同通信杯・きさらぎ賞に有力馬が集まるってパターンなんだけど、今年は逆みたいですね。 「京成杯・シンザン記念に有力馬が集まり、そこで負けた馬が敗者復活狙いで共同通信杯・きさらぎ賞に出走する」 というのが今年のパターン。

 で、先週の共同通信杯は、シンザン記念2着馬のチアズシュタルクが見事に敗者復活。 さて、このきさらぎ賞は誰が敗者復活するんでしょうか?ま、メガスターダムに勝たれたら元も子もないんですけどね。



<第42回きさらぎ賞予想>
◎アグネスソニック
○メジロアービン
▲マイネルアンブル
△テイエムマズルカ
△メジロマイヤー
△カゼニフカレテ
 ここの結果如何でモノポライザーのレベルも分かりそうな感じだが...

結果

1着メジロマイヤー
2着アグネスソニック
3着カゼニフカレテ
4着オースミエルスト
5着マイネルアンブル

タイム:1分47秒6 3F:35.6
メジロマイヤー 牡3歳
騎手:飯田祐史 厩舎:栗東・田島厩舎
生産牧場:メジロ牧場
単勝:1番950円
複勝:1番300円、6番160円、10番270円
枠連:1-6 1130円 馬連:1-6 2050円
ワイド:1-6 770円
    1-10 1300円 6-10 830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結局前に行ったもん勝ちでした。
 差し・追込勢では直線勝負に賭けたカゼニフカレテが3着に入るのが精一杯。

 で、きさらぎ賞の結果。人気のメガスターダムは出遅れが響いて競馬にならず。 アグネスソニックは早め早めの競馬も、先に抜け出したメジロマイヤーを交わすまでには至らずそのまま2着。 結局、メジロマイヤーがそのまま押し切ってしまいました。

 しかし、どうなんだろうね?モノポライザー。
 若駒ステークス2、3着馬のマイネルアンブル、フィールドラッキーが5着、6着とあまりぱっとしない成績。 この内容を考えると若駒ステークスって大したことないのかも。



  • インデックストップへ

    注意!
    このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
    予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
    ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
    ないよーん、ということになりますのであしからず。

    Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
    画像・文章その他の無断転載を禁ず。