今週のメインdeパツイチ2002
第25回帝王賞登録馬一覧&わしの勝手な寸評(穴予想つき)

第25回 帝王賞 大井・ダ2000m 4歳上オープン(GI) 2002年6月19日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミラクルオペラ JCダート 3着 久々が問題。仕上がっていればいい勝負に。 -
2 2 マキバスナイパー 帝王賞 1着 去年の勝ち馬。だけど久々が気掛かりで... - ×
3 リマンドマッハ オータムC 1着 去年秋以降まるで走らなくなり。厳しい。 - ×
3 4 セクシーディナー Fレディ賞 1着 牡馬相手ではいいところなし。ここでは... - -
5 ワンモアマイライン 東海S 2着 前走内容評価できるがここ相手強化され。 × -
4 6 マンボツイスト マーチS 1着 前2走パッとしない内容。GIIIあたりが壁? - -
7 インテリパワー ダイオライト 1着 多少詰めが甘いところあり。そこそこまで。 - -
5 8 サプライズパワー 東京シティ盃 2着 最近重賞で掲示板が精一杯。さすがに年か。 - -
9 トーホウエンペラー 東京大賞典 1着 この相手でも見劣りしない。好勝負できる。
6 10 ドラールアラビアン 東京大賞典 4着 一昨年の2着馬。展開嵌ればワイド圏内も。 -
11 カネツフルーヴ 丹沢S 1着 前走単騎で逃げるも粘れず。重賞の壁厚い? - -
7 12 トーシンブリザード フェブラリS 2着 実績素直に評価。この相手なら楽勝か? ×
13 ゴールドマイニング 大井記念 1着 末脚強烈。前崩れの流れなら一発ある。 ×
8 14 リージェントブラフ 川崎記念 1着 大井のダートは合う。ここなら巻き返し有。
15 オンユアマーク 大井記念 2着 そこそこ走るがここ相手強い。掲示板まで。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第25回帝王賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第25回帝王賞の展望と予想とヨタ話
「ドリームレース」の巻

 今週のGIは宝塚記念だけじゃない。ダートのGI、第25回帝王賞。
 さらに付け加えるならば「初めて三連単が買えるGI」といったところでしょうか。

 中央では「馬単」「三連複」が発売されて話題になっているようですが、高配当ならやはりこの「三連単」には敵わないでしょう。 なにせ配当のケタが1つ違うからね。万馬券は当たり前。2桁人気馬が1着になった日には100万馬券も夢じゃないし。

 とはいえ、今回の帝王賞。トーシンブリザード、トーホウエンペラーがそう簡単にコケるとは思えない。 でも、裏を返せば両方ともコケるとエラいことになるでしょう。それこそ1000万馬券が飛び出してもおかしくないのでは? 特に今回の帝王賞、前述の2頭以外は比較的力が拮抗しているし、展開次第では「えっ?」という馬が突っ込んでくることもあるでしょう。一昨年の帝王賞みたいに。

 で、帝王賞の予想。
 なんだかんだいってもトーシンブリザード、トーホウエンペラーは外せないでしょう。ただ「三連複・三連単で勝負!」となるともう1頭何が入るか考えないといけない。 ここ最近イマイチも深いダートなら走るリージェントブラフや大井で末脚生きそうなゴールドマイニング、仕上がりが心配だが実績あるミラクルオペラ、この辺りが有力候補でしょう。



<第25回帝王賞予想>

◎トーシンブリザード
○リージェントブラフ
▲ゴールドマイニング
△トーホウエンペラー
△ドラールアラビアン
△ミラクルオペラ

 三連単なら着順も大切だけど、それはオッズみて考えましょう。

結果

1着カネツフルーヴ
2着ミラクルオペラ
3着インテリパワー
4着リージェントブラフ
5着トーホウエンペラー

タイム:2分03秒7 3F:37.8
カネツフルーヴ 牡5歳
騎手:松永幹夫 厩舎:栗東・山本厩舎
生産牧場:高瀬牧場
単勝:11番1440円
複勝:11番460円、1番280円、7番180円
枠連:1-6 7000円 馬連:1-11 6550円
枠単:6-1 16040円 馬単:11-1 17290円
三連複:1-7-11 12000円
三連単:11-1-7 105840円
ワイド:1-11 1980円
    7-11 1520円 1-7 830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。カネツはちょっとなぁ。
 しかも、予想に反して2番手からの競馬で勝っているし。

 しかし、頼むよ...吉田豊。こっちは3連単で1着・2着・4着やっちゅ〜ねん! 3着に来てれば20万馬券だったのに...あほぉ〜。ともかく、この流れじゃ動くの遅いですわ。 向こう正面でペースが落ち着いたときにある程度前との差を詰めておかないとダメですわ。 結局、メンバー中最速の上がり3F:37.3秒の脚を使うも、前が止まらない流れではこれが精一杯。

 愚痴っても仕方がないので、レース結果。カネツフルーヴが逃げなかった(逃げられなかった?)お陰で、サプライズパワーが淡々としたペースで逃げる展開に。 これが幸いして直線に入っても先行勢余力たっぷり。結局、直線入り口で先頭に立ったカネツフルーヴが後続を2馬身1/2突き放し完勝。

 で、2着にはJCダート3着のときのようにこっそり伸びたミラクルオペラ。 ま、きっちり仕上がっていたんでこれくらいは走っていい筈でしょう。3着には終始3番手のインテリパワーがそのまんま居残り。 4着には「前述の通り」3着に届かずのリージェントブラフ。人気のトーシンブリザードはいい感じで上がっていくも直線でパッタリ。 ケツ人気のセクシーディナーまでにも交わされ8着に敗北。うーん、どうしたんでしょうか。



インデックストップへ

注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。