今週のメインdeパツイチ2002
第47回京成杯オータムハンデ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 京成杯オータムハンデ 新潟・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2002年9月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビッグフリート 関屋記念 3着 前走前残りの流れでよく差を詰めた。注意。 ×
2 2 ダービーレグノ 新潟記念 3着 前走まずまずの内容。ハンデもそこそこで。 ×
3 3 クラレットパンチ 新潟日報賞 1着 前走の大敗2走ボケなら今回巻き返しある? -
4 4 トッププロテクター 北九州記念 1着 切れる脚案外ない。上がりかからないと。 - -
5 5 ブラザータイクーン 朱鷺S 1着 前走長期休養明けにも関わらず勝利。復活?
6 6 トレジャー ダービー卿CT 2着 安田記念7着は評価できるが今回久々で。 - -
7 サンライズタイガー オーロC 1着 たまに走るからタチが悪い。一発には警戒。 - ×
7 8 インターサクセス アイビスSD 4着 ハンデ軽いがこの距離に実績あまりなくて。 - -
9 キクカグロリアス 朱鷺S 2着 関屋記念の末脚評価。マイルでも注意。
8 10 ミデオンビット 関屋記念 2着 今回も単騎逃げ可能。楽に行かせすぎると... ×
11 ブレイクタイム アイビスSD 2着 前走は体重増が堪えた?叩き3戦目で。 × -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回京成杯オータムハンデ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第47回京成杯オータムハンデの展望と予想とヨタ話
「○○オータムハンデ」の巻

 秋競馬開幕。東の重賞第一弾は第47回京成杯オータムハンデ。
 でも、今年は変則開催のため中山じゃなくて新潟。なんか秋競馬感がないっす。

 しかし、新潟開催なだけに「京成杯」というのもなんかアレですな。今年だけ「新潟交通杯オータムハンデ」にでもしておいたほうがいいんじゃないっすか。 もっとも、「越後交通杯オータムハンデ」では誰かさんに賞金ピンハネされそうでダメですけどね(笑)

 ま、そんなことばかり言ってもいられないので京成杯AHの予想。
 今週、スプリント・中距離でも重賞があるため各重賞にメンバーが分散されてしまった模様。頭数は少なめで11頭。 とはいえメンバー濃いめ。その上ハンデ戦。頭数の割には妙味たっぷりのレース。一応、長期休養明けの一戦を勝ったブラザータイクーンを中心にしてみたけど、 展開に恵まれず敗れてしまったキクカグロリアス(関屋記念5着)、ダービーレグノ(新潟記念3着)も巻き返せるんじゃないでしょうか?

<第47回京成杯オータムハンデ予想>

◎ブラザータイクーン
○キクカグロリアス
▲ダービーレグノ
△クラレットパンチ
△ビッグフリート
△ミデオンビット

 しかし、誰が人気になるかよく分からんよなぁ...

結果

1着ブレイクタイム
2着ミデオンビット
3着トッププロテクター
4着ビッグフリート
5着ブラザータイクーン

タイム:1分31秒9 3F:34.3
ブレイクタイム 牡5歳
騎手:松永幹夫 厩舎:栗東・山本厩舎
生産牧場:谷口牧場
単勝:11番220円
複勝:11番120円、10番220円、4番280円
枠連:8-8 850円 馬連:10-11 910円
馬単:11-10 1370円
3連複:4-10-11 3730円
ワイド:10-11 360円
    4-11 650円 4-10 1410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。結果から言えばほぼ前残りですね。
 そろそろ大外一気の差し・追込が決まりやすい状態になっていると思ったんだが。

 で、結果。ブレイクタイムが圧勝してしまいました。叩き2戦目で絞れてきたこともあったんだろうけど、 トップハンデにも関わらず4馬身差をつけて完勝。やはりこの差は能力の差でしょう。安田記念2着の力は伊達じゃないですな。

 あと気になるのはトッププロテクター。こちらもトップハンデにもかかわらずハナ差で3着。 特に最後の末脚はなかなかのもの。一時期まるで勝てない時期が続いたが最近はすっかり安定。 スランプ脱出したと見ていいでしょう。秋、それなりに期待できそうな雰囲気。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。