今週のメインdeパツイチ2002
第16回セントウルステークス登録馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 セントウルステークス 阪神・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2002年9月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビリーヴ 北九州短距離 1着 ここ勝たないと本番出走微妙になるだけに。 -
2 2 ナムラマイカ オーシャンS 2着 叩き2戦目で粘り強化するようなら注意。 ×
3 3 ゲイリーフラッシュ シルクロード 1着 詰め切れないレース続く。あくまで展開次第。 - -
4 4 サイキョウサンデー シルクロード 2着 久々が問題。春の実績考えれば好勝負できる。 ×
5 5 テンシノキセキ 小倉日経OP 1着 前走内容評価。好位から競馬できるなら。
6 パイアン 耶馬渓特別 1着 ここ相手が一気に強化され。さすがに辛いか。 - -
6 7 スターエルドラード 小倉日経OP 2着 前走内容悪くないがムラ駆けするタイプで... -
8 キーンランドスワン 驀進特別 1着 能力そこそこだがムラっぽい。嵌れば走るが... - ×
7 9 キーニシキ スプ争覇 1着 距離短縮は歓迎だが元々条件戦で精一杯の馬で。 - -
10 カルストンライトオ アイビスSD 1着 開幕週なら押し切りも。ただ、ここ相手強い。 ×
8 11 ネイティヴハート TV愛知杯 1着 末脚強烈も前残り多い開幕週では微妙で。 × -
12 テンザンデザート 北九州短距離 3着 展開嵌れば一発有。3着穴で一考も。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回セントウルステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第16回セントウルステークスの展望と予想とヨタ話
「出走権」の巻

 スプリンターズSへの最終ステップ。第16回セントウルステークス。
 本賞金が足りない馬が賞金を上積みして出走権を獲得できるのか、見所ですな。

 で、今回のセントウルステークス。大勢的には「春の実績馬」VS「自己条件勝ち上がり」といった図式でしょう。 能力的には両者とも互角なだけに個々気になる馬をピックアップすればいいんだろうけど、気になる点が1つ。

 最初に少し書いたことだが、準オープン勝ちやオープン戦1勝クラスの馬では賞金的にスプリンターズステークスを除外になってしまう可能性が高い。 ここで本賞金を上積みして本番への出走を確かなものにしたい馬が多数。本賞金的に足りているんで「ここを叩いて本番へ」というビジョンが明白な馬にとっては、 ここは明らかに叩き台。「どうしても勝たないとダメ」VS「ここは叩き台」ではどう考えても前者が有利でしょう。本番ではどうなるか知らんが。

<第16回セントウルステークス予想>

◎ビリーヴ
○ナムラマイカ
▲サイキョウサンデー
△テンザンデザート
△カルストンライトオ
△スターエルドラード

 ようやく準OPを勝ち上がったビリーヴ。ここ勝たないと出走はムリでしょうな。

結果

1着ビリーヴ
2着パイアン
3着カルストンライトオ
4着テンシノキセキ
5着テンザンデザート

タイム:1分07秒1(R) 3F:34.0
ビリーヴ 牝4歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・松元茂厩舎
生産牧場:上水牧場
単勝:1番200円
複勝:1番120円、6番270円、10番170円
枠連:1-5 400円 馬連:1-6 1330円
馬単:1-6 1880円
3連複:1-6-10 2640円
ワイド:1-6 520円
    1-10 290円 6-10 1100円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。よりによってヌケ目のパイアンですか。
 カルストンライトオ・テンシノキセキ両方とも印はつけていたんだけどなぁ...

 ま、これで大手を振ってスプリンターズステークスに出走できますな、ビリーヴ。 元々、準オープンでショウナンカンプの2着があったり、京王杯スプリングカップで3着に入ったりしていた馬。 これくらいはやれていいでしょう。ま、本番でどうなるか分からんが。

 個人的にはナムラマイカがちょっとなぁ。いい位置につけていたんだが、直線、カルストンライトオ・テンザンデザートに包まれてどうにもならず。 まともなら2着はあったと思うんだが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。