今週のメインdeパツイチ2002
第5回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 富士ステークス 中山・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2002年10月19日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タマルファイター 京王杯SC 12着 最近は芝でも2桁着順ばかり。うーん。 - ×
2 2 トウカイポイント 中山記念 1着 中山記念レコード勝ち有。前走2着で復調? ×
3 グラスワールド 安田記念 4着 中山1600mで重賞勝ち有。仕上がっていれば。 -
3 4 エイシンコジーン 京洛S 1着 前走でこの距離にメド立つ。ただ同型が問題。 -
5 シンコウスプレンダ マリーンC 1着 最近負けが込んできているのが不安。年か。 - -
4 6 メイショウラムセス 大阪スポーツ 1着 ここ2戦の内容濃い。重賞でも通用しそう。 -
7 テレグノシス NHKマイルC 1着 実力認めるが、展開に左右されそうで。 × -
5 8 ダンツジャッジ 葵S 1着 春は強敵相手に好走。仕上がり次第で。 -
9 キングザファクト ダイヤモンド 1着 何故この距離を使うのか不明。ショック療法? - -
6 10 クラフトマンシップ 巴賞 2着 早い時計なし。スピード勝負は分が悪そうで。 - -
11 トッププロテクター 北九州記念 1着 中山マイルでは2勝。悪い条件ではなく。 - -
7 12 タイキブライドル ニューイヤー 3着 大負けはしていないが以前の勢いはないか。 ×
13 トレジャー ダービー卿CT 2着 最近イマイチの内容続く。得意の中山で。 - -
8 14 ザカリヤ ダービー卿CT 3着 中山はほどほどに走る。3着ならあるかも。 - ×
15 ミデオンビット 京成杯AH 2着 この相手なら単騎逃げ可能。粘り注意。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第5回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第5回富士ステークスの展望と予想とヨタ話
「今年の3歳馬」の巻

 次はマイルCS。そのステップレース第5回富士ステークス。
 重要な一戦だけあってなかなかのメンバーが揃いました。

 で、今回の富士ステークス。マイルCSに向けて有力馬が出走してきた訳ですが、ポイントは「3歳馬」でしょう。 どういう形であれ「タニノギムレットを破った」NHKマイルC馬テレグノシスが出走。ダービー卿CT勝ち・安田記念4着のグラスワールドに代表される古馬相手にどこまで通用するか、 どこまで力の差を見せるか、今年の3歳馬のレベルを量る上で重要な一戦。

 ただ1つ問題が。それは今年の富士ステークスは「中山のマイル」だということ。おにぎり型のコース形態になるため1コーナーのカーブが急。 当然、逃げ馬にとっては内枠が有利。逃げ馬がすんなり内枠を引けば難なく収まりそうだが、外枠を引いた場合にはなんらかの波乱要素を生み出してしまう恐れも。 まだ馬場状態がいいだけに逃げた馬がそう簡単に止まらないのが今の中山。それだけにハナ争いが激しくなりハイペース→先行馬総崩れというパターンもあるのでは? 逆に内枠を生かして楽にハナに立った逃げ馬がそのまんま押し切ってしまうということもありそうだが。

<第5回富士ステークス予想>

◎メイショウラムセス
○ミデオンビット
▲グラスワールド
△タイキブライドル
△ダンツジャッジ
△トウカイポイント

 ミデオンビット大外かよ!エイシンコジーンとの兼ね合いが問題だなぁ...

結果

1着メイショウラムセス
2着ミデオンビット
3着グラスワールド
4着テレグノシス
5着トウカイポイント

タイム:1分32秒3 3F:34.3
メイショウラムセス 牡4歳
騎手:柴田善臣 厩舎:栗東・伊藤雄厩舎
生産牧場:稲原牧場
単勝:6番490円
複勝:6番170円、15番330円、3番190円
枠連:4-8 1340円 馬連:6-15 2350円
馬単:6-15 3710円
3連複:3-6-15 3840円
ワイド:6-15 840円
    3-6 420円 3-15 1060円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。本紙、きれいに3連複的中ですな。
 おまけに4着5着にもきっちり印打ってるし。久々のヒットですな。

 で、レース結果はというとメイショウラムセスがきっちり差し切りました。ここにきて一気に充実してきました。 やはりラムタラ産駒は長い目でみないとダメなようで。インパクトはないもののじわじわ勝ち上がっていくタイプのようですな、ラムタラ産駒って。 ホント、値段高いんだから頑張ってくれよ。ラムタラ。

 レース自体はというと内枠を生かしてエイシンコジーンが逃げる展開。ミデオンビットは外枠だっただけに無理して行かなかったのが正解。 時計はやや早めだったが中山の馬場状態を考えればこんなもの。最後までしっかりと脚を使えました。だけど、最後は瞬発力勝負でメイショウラムセスに競り落とされてしまいました。

 惜しかったのは5着のトウカイポイント。直線入ったところで窮屈になってしまい末脚発揮できず。一時期いいところナシの競馬が続いたが、スランプは脱出できたとみていいでしょう。 ここの5着で人気を落とすようなら次走妙味ありそうですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。