今週のメインdeパツイチ2002
第38回京王杯2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第38回 京王杯2歳ステークス 中山・芝1200m  2歳オープン(GII) 2002年11月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブルーコンコルド 小倉2歳S 2着 今回相手弱化。ここなら十分勝負になるはず。 × -
2 2 ロケットパンチ いちょうS 9着 前走は流れ向かず。展開嵌れば一発も。 -
3 3 マルブツタイクーン 500万下 1着 末脚切れる。展開の助けなくても自力で通用。
4 4 ナチュラルリーダー ダ千二1:13.7 1着 いかにもダートの短距離向きっぽく。芝は? - -
5 5 マイネラベンダー サフラン賞 1着 前走内容考えれば通用しそう。この距離も○。
6 6 キョクイチバンブー すずらん賞 2着 前走まずまず。展開向けば連対も可能。 - ×
7 7 カラメルアート 芝千二1:13.0 1着 新馬の内容悪くない。そこそこはやれそう。 ×
8 8 モンテオーシャン 芝千二1:10.0 1着 新馬勝ちは展開に恵まれたか。どうだろう? - -
9 タガノラフレシア アイビーS 1着 ここもこれといった強敵おらず。連勝も。 -

以上登録9頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第38回京王杯2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第38回京王杯2歳ステークスの展望と予想とヨタ話
「ものさし決定戦」の巻

 「京王杯」だけど中山開催です。第38回京王杯2歳ステークス。
 そろそろクラシックの主役候補が出てもいい頃なんだが...

 どうも今年は地味な馬ばかり。デイリー杯2歳ステークス組は評価できるんだが、他がちょっと。 函館2歳ステークス勝ちのアタゴタイショウはデイリー杯で大敗しちゃうし、札幌2歳ステークスはレベル的に疑問だし、 これ以外の重賞は牝馬が勝っちゃうし。これといった馬がいないんだよなぁ...

 それはともかくとして、今回の京王杯2歳ステークスの予想。オープン戦で連勝しているタガノラフレシアが順当に勝つか、 それとも他の馬が勝つか、次の朝日杯フューチュリティステークスを占う上で注目の一戦。というのも、 このタガノラフレシア、2歳牡馬の能力を計る上でいい「ものさし」になりそうなもんで。去年のアグネスソニックとそっくりなんだよなぁ、この馬。

<第38回京王杯2歳ステークス予想>

◎マイネラベンダー
○ロケットパンチ
▲マルブツタイクーン
△カラメルアート
△タガノラフレシア

 でも、去年アグネスソニックは2着。タガノラフレシアも2着っぽいなぁ...

結果

1着ブルーコンコルド
2着マルブツタイクーン
3着カラメルアート
4着ロケットパンチ
5着ナチュラルリーダー

タイム:1分09秒4 3F:35.8
ブルーコンコルド 牡2歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:栗東・服部厩舎
生産牧場:川上悦夫
単勝:1番350円
複勝:1番150円、3番160円、7番300円
枠連:1-3 960円 馬連:1-3 940円
馬単:1-3 1840円
3連複:1-3-7 3450円
ワイド:1-3 350円
    1-7 880円 3-7 880円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。ロケットパンチ4着か。惜しいなぁ。
 馬券的にはマイネラベンダーがコケちゃったのでダメ。

 で、結果。「ものさし」になるはずだったタガノラフレシアは6着に敗北。ペース自体はそれほど速くはなかったが粘りきれず。 代わりにやってきたのは内をこじ開けて伸びたブルーコンコルド。タガノラフレシアが壁になってなかなか抜け出せなかったが、 前が開いてからの伸びはなかなかのもの。スムースに競馬できていたならここは楽勝もあったでしょう。

 で、結局小倉2歳ステークスの上位馬で決着してしまいました。今年は案外小倉組がハイレベルなのかも。 あとデイリー杯2歳ステークスで5着に敗れたブルーコンコルドが今回勝ったということを考えると、デイリー杯は「それなりにハイレベルだった」ということでしょうな。 「それなり」とつけたのは、タガノラフレシアをものさしにすると評価が微妙。カンナステークスでシルクブラボー(デイリー杯勝ち馬)と0.3秒差の2着だったことを考えると、 「そうでもないのかな?」という気がするんだが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。