今週のメインdeパツイチ2002
第4回京都ハイジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第4回 京都ハイジャンプ 京都・芝3930m  3歳上オープン(GII) 2002年11月9日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マルブツエルハーブ 障・未勝利 1着 未勝利圧勝は評価。昇級だが通用しそうで。 ×
2 2 カネトシガバナー 東京HJ 1着 今年の成績が散々。一変は望み薄か? × ×
3 3 メジロライデン 阿寒湖特別 2着 障害向きそうだが入障緒戦大敗。一変は? -
4 4 ユウフヨウホウ 中山大障害 1着 実績ダントツだが久々すぎなのが問題で。 -
5 5 ガンショットシチー 障・オープン 7着 じりじり伸びる。前崩れの流れなら一発も。 -
6 6 マンボノリズム 阪神JS 3着 京都では2勝。あとは流れさえ向けば...
7 7 トウカイロッキー 障・オープン 1着 前走負けすぎの感あるが巻き返せる実績有。 ×
8 8 ビコーグッドマン 阪神JS 4着 重賞ではいまいち。展開嵌らないと辛い。 - -

以上登録8頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第4回京都ハイジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第4回京都ハイジャンプの展望と予想とヨタ話
「絞込み」の巻

 中山大障害の代表決定戦・関西編。第4回京都ハイジャンプ。
 でも、頭数は少ないし、なんかぱっとしないなぁ...

 とはいえ、去年の中山大障害馬ユウフヨウホウが出走。今回はほぼ半年振りで過度の期待は出来ないが、 次の中山大障害に向けてそれなりの結果は残しておきたいところ。そうじゃないと、去年の中山大障害は 「フロック」として片付けられてしまっても仕方がないんじゃないのかな。

 しかし、重要な一戦になるはずだった東京オータムジャンプがああいったぐだぐだな結果に。 結局、現段階でもこれといった主役が登場せず。このまま本番を迎えると、馬券的には妙味あるレースになりそうだが当てづらい。 ここら辺りである程度有力馬の絞込みをしてもらいたいんだが...

<第4回京都ハイジャンプ予想>

◎トウカイロッキー
○マルブツエルハーブ
▲マンボノリズム
△メジロライデン
△カネトシガバナー

 でも、このレース自体は馬券的に微妙。妙味はあまりないかも。

結果

1着メジロライデン
2着マンボノリズム
3着マルブルエルハーブ
4着ビコーグッドマン
5着ガンショットシチー

タイム:4分31秒0 3F:42.1
メジロライデン セン5歳
騎手:嘉堂信雄 厩舎:栗東・大久保正厩舎
生産牧場:メジロ牧場
単勝:3番1710円
複勝:3番320円、6番130円、1番170円
枠連:3-6 2980円
馬単:3-6 7820円
3連複:1-3-6 3680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。いや〜、メジロライデンですか。
 さすがにファインモーションの2着がある馬ですな。差は大きいけれど。

 というわけで、メジロライデンがあっさり勝ってしまいました。しかも、最後は余裕残しで5馬身差をつけてしまうし。 しばらく芝を使って再び入障。しかし、初戦はいいところなく大敗。今回叩き2戦目で見事に一変しました。

 しかし、中山大障害。これで余計に難しくなってしまったなぁ。本来有力視される馬が今回ことごとく大敗。 ユウフヨウホウは落馬しちゃうし、トウカイロッキーもカネトシガバナーも逃げて大バテ。 素直に上位を信用すれば楽なんだろうけど、3着のマルブツエルハーブも飛越が低くて中山大障害は向かなそうだし。 とりあえず、今回の1着2着馬は評価するが、本番で「そのまんま上位独占」とまではいかないよなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。