今週のメインdeパツイチ2002
第54回阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 阪神ジュベナイルフィリーズ 阪神・芝1600m  2歳牝オープン(GI) 2002年12月1日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ソルティビッド すずらん賞 1着 粘れなかった前走不満。前残りには注意だが。 -
2 アドマイヤテレサ 芝千二1:10.6 1着 新馬勝ち時の末脚強烈。前崩れなら一発も。 × -
2 3 ワナ 新潟2歳S 1着 前走は入れ込みが原因?一変もあり得るが。 -
4 オースミハルカ りんどう賞 1着 勝ち時計は評価できる。流れ次第で連も。 -
3 5 ピースオブワールド ファンタジー 1着 無傷の3連勝でここへ。強敵不在で連勝も。 -
6 ユキノスイトピー 赤松賞 1着 切れる脚ない。先行してなだれ込みなら。 - -
4 7 マイネラベンダー サフラン賞 1着 ムラ駆けするタイプか?一発ありそうだが。 -
8 シーイズトウショウ ファンタジー 2着 あと一押しが足りない。勝つまではどうか... - -
5 9 ブランピュール コスモス賞 1着 単騎逃げ可能。開幕週だけに前残り注意。 ×
10 テイエムトキメキ 芝千二1:10.1 1着 どうもパンチ不足。時計かからないと。 - -
6 11 リリーキャスケード 500万下 1着 ここ2戦の内容悪くない。一発には警戒。 -
12 プラントパラダイス ファンタジー 6着 そこそこは伸びるもジリっぽい。3着まで。 - ×
7 13 ヤマカツリリー 抽500万下 3着 休み明けの前走悪くない。叩き2戦目で。 - ×
14 トーセンリリー エーデル賞 1着 前走は出遅れ。すんなり先手なら一変も。 - ×
15 メイプルロード 小倉2歳S 1着 久々に不安残る。嵌ったときの末脚怖いが。 - -
8 16 グランドサファイヤ ダ千四1:27.4 1着 芝でも走る。だがいきなりのGIでは... - -
17 トーホウアスカ ファンタジー 3着 末脚強烈。瞬発力勝負の競馬なら逆転も。 -
18 ホワイトカーニバル エーデル賞 2着 前走ブリンカーで一変も、スピード勝負は? - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回阪神ジュベナイルF枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第54回阪神ジュベナイルフィリーズの展望と予想とヨタ話
「ワナにハマる?」の巻

 2歳GIシリーズ開幕。第54回阪神ジュベナイルフィリーズ。
 今年の秋のGIは荒れっぱなし。元々荒れやすいこのレースも波乱の予感。

 でも、荒れるかどうかはこの馬次第でしょう。ピースオブワールド。今回の阪神ジュベナイルフィリーズ、 ファンタジーステークス組以外はこれといって目立った馬がいない。新馬戦を楽勝したアドマイヤグルーヴが出走していればちょっとは話が違ったんだろうけど、 抽選で外れてしまったからね。この組み合わせなら順当にピースオブワールドが勝っても仕方がなさそうだが。

 だけど、そううまくいかないのが阪神ジュベナイルフィリーズ。そして今年の秋のGI。思わぬワナが仕掛けてある可能性も。 というのもファンタジーステークス勝ち馬がなぜか走らないのがこの阪神ジュベナイルフィリーズ。今年のピースオブワールド、 去年のキタサンヒボタンに似ているんだが、どうなんでしょうかね?

<第54回阪神ジュベナイルフィリーズ予想>

◎ピースオブワールド
○ブランピュール
▲オースミハルカ
△マイネラベンダー
△リリーキャスケード
△ワナ
△トーホウアスカ

 ソルティビッドが最内枠か...これじゃ行くしかないだろうな。

結果

1着ピースオブワールド
2着ヤマカツリリー
3着ブランピュール
4着シーイズトウショウ
5着プラントパラダイス

タイム:1分34秒7 3F:35.9
ピースオブワールド 牝2歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・坂口大厩舎
生産牧場:千代田牧場
単勝:5番150円
複勝:5番120円、13番710円、9番380円
枠連:3-7 1520円 馬連:5-13 4880円
馬単:5-13 5570円
3連複:5-9-13 19720円
ワイド:5-13 1790円
    5-9 790円 9-13 6270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。本紙、穴予想ともに微妙にハズレ。
 抜けてるんだよなあ、ヤマカツリリリーが。

 ま、1着は順当な結果。ピースオブワールドがきっちり勝ちました。これは仕方がないでしょう。そういうもんだったんだから。 今回ピースオブワールドを逆転するような馬がいなかったのが勝因でしょうな。

 問題は2着以下。1000m通過が58.8秒、全体ではレコードに0.1秒差の1:34.7というようにやや速めの流れ。 だけど、開幕週の馬場ということもあるんでしょうか、前残りも多数。2着・3着には2〜3番手から競馬したヤマカツリリー、ブランピュールがそのまんま残ってしまいました。 逃げた17番人気のホワイトカーニバルが0.7秒差の9着に踏ん張っていることを考えると、タイム的には速めでも先行有利の結果だったんじゃないでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。