今週のメインdeパツイチ2002
第48回東京大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 東京大賞典 大井・ダ2000m  3歳上オープン(GI) 2002年12月29日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カイジンクン 勝島賞 1着 相手強化が問題。GIではちょっと辛いか。 -
2 プリンシパルリバー 羽田盃 1着 秋の成績散々。叩き3戦目だが巻き返しは? - -
2 3 ジェネスアリダー 戸塚特別 1着 武蔵野Sでは10着。能力差ありそうで... - ×
4 ゴールドアリュール ダービーGP 1着 JCダートの負け方に不満。深いダートは×? × -
3 5 キングセイバー 東京ダービー 1着 前走久々のせいか息切れ。上積みあるが... - -
6 ビワシンセイキ ギャラクシー 1着 準OPで足踏みした過去有。相手強化だし。 -
4 7 トーホウエンペラー マイル南部杯 1着 去年の勝ち馬。大井のダートなら巻き返しも。 ×
8 バンケーティング マイル南部杯 2着 南部杯フロック視できぬ。展開次第で一発。 -
5 9 ムガムチュウ 東京大賞典 5着 叩き2戦目。去年頃の末脚戻るなら注意。 ×
10 ネームヴァリュー 京成盃GM 1着 転厩して一変。ただしムラっぽい面あるが... - -
6 11 リージェントブラフ 川崎記念 1着 確実にいい末脚を使う馬。要は展開次第。 ×
12 カスミドリーム 東京記念 3着 地元重賞で恵まれて入着級の馬。GIでは。 - -
7 13 カネツフルーヴ 帝王賞 1着 JCダート負けすぎ。揉まれ弱いタイプ? - -
14 ベルモントアクター 浦和記念 2着 前走の2着は展開の差。重賞でも通用する。
8 15 ゴールデンカバリエ かちどき賞 2着 末脚あるがパンチ不足。捲り嵌っても... - -
16 コアレスハンター かちどき賞 1着 交流重賞では力不足。ハナも無理そうで。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回東京大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2002年度版
第48回東京大賞典の展望と予想とヨタ話
「現3歳世代」の巻

 締めはやはりこのレースでしょう。第48回東京大賞典。
 完全とはいかないまでもなかなかのメンバーが揃いました。

 しかし、ダントツと思われたあの2頭が負けてしまったジャパンカップダート。お陰でダート戦線は再び混戦模様に。 それでも、アドマイヤドン・ゴールドアリュールは強いと思うんだが、少なくとも「ダントツ」ではないでしょう。「それなりに強い」止まりかな?

 で、今回の東京大賞典。ゴールドアリュールが巻き返しを計ってここに出走してきたんだが、気になるのはやはりJCダートの敗因。 一応5着に踏ん張ったものの、最後はプリエミネンスにまで交わされてしまう始末。ひょっとすると現3歳世代(ダート路線)のレベルに問題があるもかも。

 というのも、南関東の3歳三冠で好走した馬が古馬と対戦するようになった秋以降急に振るわなくなっているんだよな。それを考えるとあまりレベル高くないのかも。 ダービーGP圧勝したといっても2着がスターキングマンだもんなぁ。タイムは昨年の勝ち馬ムガムチュウよりも1.1秒も遅いし。

 ま、そんなこんなでゴールドアリュール、ちょっと危ないのでは?あと、逃げそうな馬が揃って内枠に入っちゃうし。 絡まれると辛いんじゃないでしょうか?こうなれば予想は順当に古馬の実績馬中心。 JCダートでも極端に負けていないトーホウエンペラーが大井コースで巻き返してもいいと思うんだが。

<第48回東京大賞典予想>

◎トーホウエンペラー
○ムガムチュウ
▲ベルモントアクター
△リージェントブラフ
△バンケーティング
△ビワシンセイキ

 リージェントブラフのオッズが気になるなぁ。あまり人気だと...

結果

1着ゴールドアリュール
2着ビワシンセイキ
3着リージェントブラフ
4着ネームヴァリュー
5着ベルモントアクター

タイム:2分05秒6 3F:38.3
ゴールドアリュール 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・池江厩舎
生産牧場:追分ファーム
単勝:4番150円
複勝:4番110円、6番180円、11番140円
枠連:2-3 710円 馬連:4-6 740円
枠単:2-3 830円 馬単:4-6 960円
3連複:4-6-11 1390円
3連単:4-6-11 4090円
ワイド:4-6 350円
    4-11 230円 6-11 680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あーあ、結局こういう結果かよ。
 でも人気どおりに決まったにしては3連単ついてるんだよなぁ...

 なんか思ったよりペース速くならなかった感じですな。勝ちタイムは2000mで行われるようになった東京大賞典のなかでもっとも遅い勝ち時計。 このペースだったら前残りになってしまうのも仕方ないでしょう。結局前にいった2頭がそのまんま居残り。

 しかし、この結果じゃどうとも判断つかないよなぁ。ゴールドアリュール。能力的にはそれなりなんだけど、 揉まれたりするとどうなんでしょうか。今回快勝したけれど、依然として不安は残りますな。とりあえず、 フェブラリーステークスに注目でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。