今週のメインdeパツイチ2003
第40回弥生賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 弥生賞 中山・芝2000m  3歳オープン(GII) 2003年3月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イルデパン 京成杯 4着 前走悪くはない。だが今回相手が強いか。 -
2 2 ザッツザプレンティ ラ杯2歳S 1着 前走は展開と馬場に恵まれた?ここ正念場で。 -
3 3 マジックボーイ 寒竹賞 1着 大敗多い。走る・走らないは気性次第か。 -
4 4 スズノマーチ こぶし賞 1着 そこそこは走る。ここでも十分連対圏内。 -
5 5 リーディングエッジ 500万下 1着 芝こなせていい血統。だが詰めが甘くて。 - -
6 6 エイシンチャンプ 朝日杯FS 1着 どうであれ2歳チャンプ。軽くは扱えない。 -
7 センリツ 500万下 1着 前走・前々走が負けすぎ。一変は望み薄か? - -
7 8 テイエムリキサン 京成杯 2着 末脚強烈。ただし、今の中山コースでは微妙。 -
9 コスモインペリアル いちょうS 1着 末脚ある。馬場状態と展開次第では一発も。
8 10 タイガーモーション 朝日杯FS 4着 重賞で勝ちきれず。この辺りが壁っぽくて。 - -
11 マイネルモルゲン 百日草特別 1着 今の中山コース、楽に逃げられるなら注意。

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回弥生賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第40回弥生賞の展望と予想とヨタ話
「微妙な評価」の巻

 皐月賞トライアル第一弾。第40回弥生賞。
 朝日杯FS上位組がいよいよ登場。果たしてどういう結果を残すのか?

 とはいえ、その朝日杯FS勝ちのエイシンチャンプ、評価が微妙なんだよなぁ。朝日杯FSでは勝ったエイシンチャンプよりも、 休み明け&出遅れにも関わらず最後きわどい所まで突っ込んできたサクラプレジデントに評価が集中。さらに今回の弥生賞には、 ラジオたんぱ2歳Sを圧勝したザッツザプレンティが出走。こちらが人気の中心になりそうな雰囲気。

 しかし、こんな時だからこそエイシンチャンプを狙ってみるのも手でしょう。 朝日杯FSではペースが速かったにも関わらず、先行策で粘りきったのは評価。 先週に引き続き最内を通れる馬が有利なことは違いない筈。楽に好位追走なら、 これまでの評価を覆すような快勝もあるとは思うが。

<第40回弥生賞予想>

◎エイシンチャンプ
○マイネルモルゲン
▲ザッツザプレンティ
△スズノマーチ
△コスモインペリアル
△テイエムリキサン

 だけど、本番でどうなるかは知らんが...

結果

1着エイシンチャンプ
2着スズノマーチ
3着コスモインペリアル
4着テイエムリキサン
5着マイネルモルゲン

タイム:2分02秒3 3F:37.9
エイシンチャンプ 牡3歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・瀬戸口厩舎
生産牧場:コロンビアナファーム
単勝:6番440円
複勝:6番180円、4番290円、9番520円
枠連:4-6 3820円 馬連:4-6 3100円
馬単:6-4 5910円
3連複:4-6-9 19620円
ワイド:4-6 870円
    6-9 1810円 4-9 2800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結構いい配当になりました。
 今回はザッツザプレンティがちょっと人気になりすぎだったかな?

 で、弥生賞の結果。妙なレース展開になってしまいました。逃げると思われた馬が逃げない中、 一気にハナを奪ったのはタイガーモーション。そのまま後続を引き離して逃げる展開。 そして人気のザッツザプレンティはスタート直後折り合いを欠きずるずる後退。さらに、内で包まれる形になってしまい最後方からの競馬に。

 結局、やや速めペースの中、好位追走のエイシンチャンプが直線で抜け出し、 迫るスズノマーチ・コスモインペリアル・テイエムリキサンを振り切って1着。 ザッツザプレンティはそこそこ差を詰めるも伸びがイマイチ。落鉄があったというがどうなんでしょう?この結果。微妙。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。