今週のメインdeパツイチ2003
第26回名古屋大賞典登録馬一覧&わしの勝手な寸評(穴予想つき)

第26回 名古屋大賞典 名古屋・ダ1900m 4歳上オープン(GIII) 2003年3月12日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クーリンガー 佐賀記念 2着 重賞連続2着ですっかり安定。先手なら。
2 2 マルカセンリョウ 梅見月杯 1着 連勝で地元重賞制覇。ただしここ相手強化で。 - -
3 3 エイシンコービン 梅見月杯 5着 地元でようやく入着する程度。ここでは... - -
4 4 インタータイヨウ JDダービー 2着 好位からの競馬もできる馬。能力は上の筈。
5 5 ビッグビクトリー 織姫賞 2着 地元でもイマイチ足りない。恵まれないと。 - -
6 ホウザンテンユウ 新春盃 1着 掲示板外さない堅実味評価。3着はある? -
6 7 エアピエール 佐賀記念 1着 前走楽勝。好位からの競馬なら重賞連勝も。 -
8 カシノオウサマ 中島記念 1着 単騎逃げできる組み合わせ。展開嵌れば... -
7 9 キーニシキ ガーネットOP 2着 交流重賞で大敗ばかり。しかも距離長い? - -
10 コスモクロス 園田金盃 1着 パンチ不足。しかも直線短い名古屋では。 - -
8 11 マイネルブライアン 武蔵野S 2着 実力認めるが問題は展開。早めに動くなら。 -
12 イッコーオー 梅見月杯 2着 交流重賞ではあまりパッとしない。入着まで。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第26回名古屋大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第26回名古屋大賞典の展望と予想とヨタ話
「イマイチ」の巻

 帝王賞に向けてもう始動?第26回名古屋大賞典。
 去年はトーホウエンペラーが勝ったが今年はどうでしょう?

 といっても、今年はメンバーがイマイチ。JRA勢はそこそこ揃っているが地元勢が手薄すぎ。 ここはJRA勢中心で仕方がないでしょう。近走の成績を重視するなら佐賀記念組で順当に決まりそうなもんだが、 ここはインタータイヨウを狙ってみてもいいのでは?JDダービーでは出遅れもゴールドアリュールの2着まで突っ込んできているし。 元々好位から競馬をする馬。休み明けだが流れ次第でいきなり好走していいと思うが。

<第26回名古屋大賞典予想>

◎インタータイヨウ
○エアピエール
▲クーリンガー
△マイネルブライアン
△カシノオウサマ

 問題はオッズ。案外どの馬が人気になるか読めないんだよなぁ。

結果

1着マルカセンリョウ
2着マイネルブライアン
3着エアピエール
4着クーリンガー
5着エイシンコービン

タイム:2分01秒2
マルカセンリョウ 牡5歳
騎手:上松瀬竜一 厩舎:愛知・瀬戸口厩舎
生産牧場:杵臼牧場
単勝:2番1070円
複勝:2番220円、11番120円、7番140円
枠連:2-8 1250円 馬連:2-11 1560円
枠単:2-8 3920円 馬単:2-11 5070円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、マルカセンリョウはちょっとなぁ。
 それよりもインタータイヨウ負けすぎですわ。この相手なのに9着とは。

 というわけで結果。好位を追走したマルカセンリョウが迫るマイネルブライアンを振り切って1着に。 中央所属時ではまるでいいところなく愛知に転厩。だが、その後は一変して連勝。その勢いで今回の名古屋大賞典も制覇してしまいました。 やっぱり「ラムタラ産駒」は長い目で見ないとダメですな。古馬になってからが勝負でしょう。

 で、2着にはマイネルブライアン。内容は悪くはなかったんだが、4コーナーでマルカセンリョウの外を回る形になったのが痛かった。 「このロスがなければ...」という結果でした。あと、インタータイヨウ。逃げるクーリンガーをマークする形で追走も4コーナーで息切れ。 やはり久々が堪えたんでしょうか?馬体重プラス21kgだったし...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。