今週のメインdeパツイチ2003
第34回マイラーズカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第34回 マイラーズカップ 阪神・芝1600m  4歳上オープン(GII) 2003年4月19日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レギュラーメンバー 平安S 7着 芝では良績ナシ。しかもマイルでは。 - -
2 2 ダンツフレーム 宝塚記念 1着 去年秋のGIで大敗続いたのが問題。様子見。 - -
3 3 サンキンヘイロー コーラルS 1着 今回芝だし距離も長い。ちょっと無理か。 - -
4 4 テンザンセイザ 京都大賞典 4着 マイルでもそこそこ走る。叩き2戦目で。 -
5 キスミーテンダー 道頓堀S 1着 重賞初挑戦だが悪くない。通用してもいい。
5 6 タイキリオン NZトロフィー 1着 今回叩き3戦目だが一変は厳しそうで。 - -
7 ローズバド 阪神牝馬S 3着 牡馬相手でも好走。そろそろ一発あるか?
6 8 ローエングリン 中山記念 1着 ここでも単騎逃げ。前走同様押し切りか。 -
9 リキアイタイカン 高松宮記念 3着 マイルでも通用。ただ阪神の成績案外だが... -
7 10 テイエムオーシャン 札幌記念 1着 相手やや楽になる。巻き返しあっていい。 -
11 サダムブルースカイ ファルコンS 2着 マイルの実績ナシ。休み明けだし相手も強い。 - -
8 12 タイキトレジャー マイルCS 3着 それなりに走る。あとは仕上がっていれば。 -
13 スカイアンドリュウ 京王杯SC 2着 久々すぎなのが問題。能力は文句ナシだが... -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第34回マイラーズカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第34回マイラーズカップの展望と予想とヨタ話
「有力馬登場?」の巻

 すでに春のGIシリーズが開幕していますが、マイル戦線にも注目。
 安田記念に向けてのステップ、第34回マイラーズカップ。

 しかし、マイル戦線は相変わらず混戦模様。先々週のダービー卿CTもなんか微妙な結果に終わってしまったし。 主要な残りのステップといえばこのマイラーズカップと京王杯SCぐらい。さて、この中から安田記念の主役になれそうな馬が誕生するんでしょうか?

 で、今回のマイラーズカップ。ここなら有力馬が出てくるでしょう。中山記念勝ちのローエングリンに、GIでも好走あるリキアイタイカン、札幌記念で後のマイルCS馬を破っているテイエムオーシャン、 去年の安田記念2着馬ダンツフレームといった面々が出走。休み明けという減点材料ある馬もいるけれど、次に繋がる競馬ができれば面白いんじゃないでしょうか?

<第34回マイラーズカップ予想>

◎ローエングリン
○キスミーテンダー
▲ローズバド
△テンザンセイザ
△リキアイタイカン
△タイキトレジャー

 一発狙うならキスミーテンダーも悪くはないと思うが。

結果

1着ローエングリン
2着キスミーテンダー
3着テイエムオーシャン
4着ダンツフレーム
5着ローズバド

タイム:1分31秒9(R) 3F:36.0
ローエングリン 牡4歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:美浦・伊藤正厩舎
生産牧場:社台ファーム
単勝:8番200円
複勝:8番110円、5番190円、10番130円
枠連:4-6 520円 馬連:5-8 920円
馬単:8-5 1310円
3連複:5-8-10 1120円
ワイド:5-8 330円
    8-10 180円 5-10 630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょう。
 個人的にはもう少しキスミーテンダーが人気ないと踏んでいたんだが...

 しかし、ローエングリン快勝。レギュラーメンバーの無謀(?)な逃げのため2番手からの競馬も問題なし。 結局、前に1頭余計な馬がいただけでいつも通りの競馬。直線でバテたレギュラーメンバーを交わすとそのまま押し切り勝ち。 しかもレコードのおまけつき。

 ただ、2着〜4着に敗れた3頭も悪くはない。今回昇級戦だったがしっかり走ったキスミーテンダーも先々期待できそうだし、 3着テイエムオーシャン、4着ダンツフレームも今回は休み明け、叩けば変わりそうだし。次に繋がる競馬ができたんじゃないんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。