今週のメインdeパツイチ2003
第17回ファルコンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 ファルコンステークス 中京・芝1200m  3歳オープン(GIII) 2003年6月15日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フルブラスト 500万下 1着 前走で芝にもメド。ただし同型が鍵で。
2 ナチュラルリーダー 朱竹賞 1着 芝でもそこそこは走る。仕上がっていれば。
2 3 ナリタフロンテアー 兵庫ジュニア 2着 最近いいところナシ。叩き2戦目だけど... - -
4 トーセンサニー フェアリーS 3着 今年入ってからの成績が散々。巻き返し微妙。 - -
3 5 ギャラントアロー NZトロフィー 2着 同型揃うがここでもハナ?中京なら押し切りも。 -
6 タガノラフレシア アイビーS 1着 叩き2戦目。2歳時の勢い戻れば要注意だが... - -
4 7 シゲルトリック 葵S 5着 そこそこは走りそう。ハマれば3着はある? -
8 ゴールデンキャスト ききょうS 1着 休み明けの成績物足りない。巻き返せるか? - -
5 9 ラブイズラッシュ 水芭蕉特別 1着 スピード不足。時計かからないと辛いか。 - -
10 ヒシフェアレディ 若鮎賞 1着 最近成績安定。悪くはなさそうだが... -
6 11 サチノグローリー シクラメンS 2着 芝で大敗。スピード勝負では分が悪そうで。 - -
12 セイウントライ 500万下 1着 芝の成績イマイチだし前2走もイマイチで。 - -
7 13 ニシノシタン ジュニアC 1着 重賞でもそこそこ好走。悪くはない。
14 ホーマンアピール マーガレット 1着 ローカル得意。差し有利の今の中京なら。 -
15 ベレノス はやぶさ賞 1着 芝でも十分通用するスピード有。注意必要。 -
8 16 ハツラツ ヒヤシンスS 2着 前走2着も差がある2着。さらに今回芝だし。 - -
17 サンキンバスター 橘S 2着 末脚なかなか。今の中京なら差し決まりそう。
18 モンパルナス 葵S 1着 逃げても粘りある。前残りに注意。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回ファルコンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第17回ファルコンステークスの展望と予想とヨタ話
「最終週」の巻

 果たして未来のスプリント界を担う馬が現れるのか?
 3歳スプリント重賞、第17回ファルコンステークス。

 とはいえ、この時期の勝ち馬って微妙なんだよな。それなりには走るんだけどパンチ不足なんだよな。 実は上位に食い込めなかった馬のほうがのちのち伸びてたりしているのが現状。一昨年にはビリーヴがこっそり出ていたりしているし。(ちなみに9着でした)

 そんなファルコンステークスだが勝ち馬が微妙なのには訳がある。というのもこのレース、やたらと荒れるんだよな。 1番人気はアテにならないし2ケタ人気馬が突っ込んできたりしているし。やはり最終週で馬場が荒れているから紛れが多いんでしょうな。 この辺りを踏まえて予想。

 で、最内の馬場が荒れてくると大外一気の差し・追込がハマりやすいのが特徴。馬場状態がよければローカル開催なだけに逃げ・先行馬が押し切ってしまうことも多々あるが、 馬場が荒れてくればそう易々と逃げ切りできない。今回強力な逃げ馬がいるけれど押し切りまでは微妙でしょう。やはりここは差し・追込馬で。

<第17回ファルコンステークス予想>

◎ホーマンアピール
○ナチュラルリーダー
▲ニシノシタン
△ベレロス
△サンキンバスター
△ギャラントアロー

 あと天気も注意。スピード勝負にならないならとんでもない馬が爆走も...

結果

1着ギャラントアロー
2着ホーマンアピール
3着モンパルナス
4着ゴールデンキャスト
5着ヒシフェアレディ

タイム:1分09秒7 3F:35.9
出走取消:1番
ギャラントアロー 牡3歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・崎山厩舎
生産牧場:藤本友則
単勝:5番860円
複勝:5番270円、14番190円、18番200円
枠連:3-7 1180円 馬連:5-14 2130円
馬単:5-14 5070円
3連複:5-14-18 3960円
ワイド:5-14 880円
    5-18 890円 14-18 630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ギャラントアロー結構人気なかったですね。
 だけど、ホーマンアピールが人気になってるんじゃなぁ...

 というわけで、ギャラントアローが押し切ってしまいました。スタートはそれほど好スタートでもなかったが押して先頭へ。 道中は終始最内を走行、そしてコーナーワークを生かして直線入り口で後続との差を広げるとそのまんま押し切ってしまいました。 確かに内側は荒れていたがこの日は重→稍重という馬場状態。外にしたってそれほど状態が良かったわけでもなかったんでしょうか? 外を回った差し・追込馬がイマイチ伸び切れず終い。

 あとは混戦の2番手集団から抜けてきたのはホーマンアピール。外に持ち出してからしっかり伸びてきました。 同じような位置に人気のゴールデンキャストがいたけれど残り100mでの伸びが違いました。ゴールデンキャストの方は抜け出してくる時になんかモタモタ。 今年春復帰して以降こんなレースばかり。4戦してこの結果ばかりだとやはりこの程度の馬だったのかもなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。