今週のメインdeパツイチ2003
第44回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2003年6月29日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サイレントディール シンザン記念 1着 斤量は有利だが春のGI成績がイマイチで... - -
2 アグネスデジタル 安田記念 1着 やはり格が違う?距離こなせれば十分通用。 -
2 3 アサカディフィート 大阪城S 1着 重賞で入着が精一杯。展開恵まれても辛い。 - -
4 マイソールサウンド 京都記念 1着 京都記念評価できるが若干力不足の感も... - -
3 5 シンボリクリスエス 有馬記念 1着 実績ダントツ。あとは仕上がってさえいれば。 -
6 ネオユニヴァース 日本ダービー 1着 斤量53kgは有利。あとは古馬の壁を破れるか... - -
4 7 サンライズジェガー 天皇賞春 2着 前走は斤量と展開が×。巻き返しあっていい。
8 イーグルカフェ JCダート 1着 安田記念4着もよく差を詰めている。注意。 -
5 9 ツルマルボーイ 宝塚記念 2着 最近詰め甘いもその末脚には警戒必要。
10 ヒシミラクル 天皇賞春 1着 今回は阪神。京都コースのようにうまくいく? - -
6 11 ファストタテヤマ 菊花賞 2着 展開に左右されるが前が止まれば一発も。 - -
12 バランスオブゲーム 日経賞 2着 春はここ目標。良馬場なら前残りあっていい。
7 13 ダンツフレーム 宝塚記念 1着 去年の勝ち馬。ただ相手が去年よりも強力で。 - -
14 メジロランバート 目黒記念 3着 GIでもそこそこ走った馬。スランプ脱出で注意。 -
8 15 ストップザワールド 烏丸S 1着 重賞ならほどほどにはやれそうだがGIでは辛い。 - -
16 タップダンスシチー 金鯱賞 1着 早め先頭の競馬に活路。展開嵌れば連対可能。 -
17 ダイタクバートラム 天皇賞春 3着 天皇賞では直線不利有。巻き返しあっていい。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第44回宝塚記念の展望と予想とヨタ話
「あっぱれ "サン馬" 大先生」の巻

 春のGIシリーズ(中央)はこれが最後。第44回宝塚記念。
(中央)としたのは、3歳ダートGI「JDダービー」が一応残ってますからね。

 さて、今回の宝塚記念。例年にないくらい面子が揃った一戦に。去年の年度代表馬シンボリクリスエスに天皇賞春を制したヒシミラクル、 安田記念を制したアグネスデジタル、去年の宝塚記念1・2着のダンツフレーム、ツルマルボーイが出走。さらに、これまで地味な馬しか出走してこなかった3歳馬勢からも有力視される馬が出てきました。 皐月賞・日本ダービーの2冠を制したネオユニヴァースと、きさらぎ賞でそのネオユニヴァースに肉薄したサイレントディールがそれそれこの宝塚記念に出走してきました。

 で、今回の宝塚記念。3歳馬の中で最有力視されているネオユニヴァースをどうするかがポイントでしょう。 3歳馬ということで古馬に比べ斤量が5kg減されているメリットと古馬との能力差の比較が難解。去年の宝塚記念では3歳馬ローエングリンが3着に入っているけど、この時はメンバーが「GII級」の馬ばかり。 単純に「ローエングリンよりも実績のある3歳馬が出走してきた」ということだけではうかつに飛びつけないでしょう。今回は古馬勢も揃っていることだし。

 ま、そんなこんなで難解な今回の宝塚記念。しかし、今年の春のGIシリーズを振り返ってみると1つテーマがあったわけで。 それは「さんま」。簡単に振り返ったっだけでも、

桜花賞 13番シーイズトウショウ 2着
皐月賞 3番ネオユニヴァース 1着
天皇賞春 サンライズジェガー 2着
NHKマイルC 3番エイシンツルギザン 2着
オークス 3番スティルインラブ 1着
日本ダービー 13番ネオユニヴァーズ 1着
  3番ゼンノロブロイ 2着
安田記念 3番アグネスデジタル 1着

といった感じで、「サン」絡みの馬が今年春のGIを席捲。さらにおまけをつけるならば、天皇賞春と安田記念以外のGIをサンデーサイレンス産駒が制していますし。 となれば今回の宝塚記念は「3番・13番」辺りが連に絡むとか。でもダンツフレームは分かるとしてもアサカディフィートは辛いよなぁ。まぁ、ここは拡大解釈して「3枠」も含めてしまえばほぼ楽勝ですけどね(笑) シンボリクリスエスとネオユニヴァースだもんなぁ。3枠。それとも最後だけに「3枠ゾロ目」で締めるのか?

<第44回宝塚記念予想>

◎アグネスデジタル
○バランスオブゲーム
▲シンボリクリスエス
△タップダンスシチー
△ダイタクバートラム
△ツルマルボーイ
△サンライズジェガー

 とか言っておきながら、買わない〜。(by マイナスターズ)

結果

1着ヒシミラクル
2着ツルマルボーイ
3着タップダンスシチー
4着ネオユニヴァース
5着シンボリクリスエス

タイム:2分12秒0 3F:36.9
ヒシミラクル 牡4歳
騎手:角田晃一 厩舎:栗東・佐山厩舎
生産牧場:大塚牧場
単勝:10番1630円
複勝:10番640円、9番610円、16番270円
枠連:5-5 13250円 馬連:9-10 14080円
馬単:10-9 27990円
3連複:9-10-16 30290円
ワイド:9-10 3810円
    10-16 2020円 9-16 1830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ヒシミラクルはちょっとなぁ。
 ま、単勝に1220万突っ込んだ人おめでとうといった感じですな。

 そんなわけで、宝塚記念の結果。勝ったのはヒシミラクル。別に天皇賞春のようにロングスパートを仕掛けた訳でもないが、 他の馬が早め早めに動いたんで残り1000m辺りからペースが一気に上がる展開。結果的には全馬ロングスパートをした形になってしまいました。 となればこの馬のペース。早めに抜け出したシンボリクリスエスのように、最後の直線で失速していく馬が多い中最後までしっかりと脚を使って1着に。

 そして2着には直線勝負に賭けたツルマルボーイ。抜け出したヒシミラクルも最後失速気味の中、一気に差を詰めてきたがクビ差届かず。 3着にはタップダンスシチー。元々「3コーナーで仕掛け早め先頭→そのまま押し切る」という競馬で結果を残している馬。こういう流れはもってこいだったんでしょう。 ただし、ちょっと相手が強かったといったところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。