今週のメインdeパツイチ2003
第35回函館2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第35回 函館2歳ステークス 函館・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2003年8月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ハイパーバトル ダ千1:01.2 1着 圧勝したがタイムは平凡。芝では? - -
2 2 エンジェルクルー 芝千二1:12.3 1着 タイム平凡。ここではちと荷が重いか。 -
3 3 スピードデステニー ダ千0:59.7 1着 地味。芝自体はこなせて良さそうだが... - -
4 カフェヴィンセント 芝千二1:12.6 1着 直線での伸び評価できる。前が止まれば。 -
4 5 セトノヒット ダ千1:00.7 1着 スピードはあるが血統的にダート向きで。 -
6 マイネルゼスト ラベンダー賞 4着 前走で決着済み?恵まれて3着までか。 - -
5 7 ミュージックホーク 芝千二1:12.0 1着 中途半端。強いんだか弱いんだが... - -
8 ナムラビッグタイム ラベンダー賞 1着 2戦ともに楽勝。時計も優秀だし順当なら。 -
6 9 マイネルスペリオル ダ千1:01.2 1着 前走まずまず。前が止まれば一発も。 -
10 リガードシチー 芝千0:58.8 1着 前走悪くない。人気薄なら妙味ありそうだが。 -
7 11 フラワーサークル ラベンダー賞 2着 中央馬相手でも通用。連なら可能性有。 -
12 フィーユドゥレーヴ 芝千二1:10.9 1着 前走の末脚なかなかのもの。展開次第で。 -
8 13 ルナルナ フレッシュC 1着 今回中央転厩緒戦。ただ前走が強い内容で。
14 プリモスター 芝千二1:11.7 1着 ハナに立つ速力ある。展開次第で浮上も。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第35回函館2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第35回函館2歳ステークスの展望と予想とヨタ話
「ドキッ!サクラバクシンオー産駒だらけの...」の巻

 夏競馬といえばこれも見どころ。そう、2歳馬戦。
 そんな2歳馬にとって初めての重賞、第35回函館2歳ステークス。

 さて、今回の函館2歳ステークス。今年はどうしたことかサクラバクシンオー産駒が驀進中。 今回この函館2歳ステークスに4頭も産駒を送り込んできました。サンデーサイレンス以外でこれだけ多頭出ししてきたのは珍しいんじゃないでしょうか? といっても、この話は重賞に限りますけどね。限らなきゃ「マークオブディスティンクション産駒だらけのひまわり賞(98,99年)」とか「シンウルフ産駒だらけのたんぽぽ賞(96年)」みたいなのがあるからね(笑)

 ま、そんなこんなで函館2歳ステークスの予想。早い話が「仕上がりが早くてスピードがある馬」が勝つのがこのレース。 もっとも「早熟で一本調子の馬」ともいいますけどね。そういう馬ばかり出す種牡馬の産駒を選んでみるのも手ですが。

 とはいえ、今年はその手の馬があまりいないんだよなぁ。サクラバクシンオー産駒もそういう傾向があるけど、古馬になっても走る馬結構いるからね。 他はサンデーサイレンス系統の馬ばかりだし。エンドスウィープ産駒のセトノヒット、トワイニング産駒のマイネルゼスト辺りはそういう意味ではいい感じだが、 今回ばかりは無難に決着するんじゃないでしょうか?

<第35回函館2歳ステークス予想>

◎ナムラビッグタイム
○リガードシチー
▲フラワーサークル
△ルナルナ
△フィーユドゥレーヴ
△セトノヒット

 今年は波乱ナシかな?3連複まで手を広げれば分からんが...

結果

1着フィーユドゥレーヴ
2着フラワーサークル
3着ミュージックホーク
4着マイネルゼスト
5着ナムラビッグタイム

タイム:1分12秒2 3F:37.3
フィーユドゥレーヴ 牝2歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・山内厩舎
生産牧場:高瀬牧場
単勝:12番530円
複勝:12番200円、11番250円、7番350円
枠連:7-7 2190円 馬連:11-12 2040円
馬単:12-11 3650円
3連複:7-11-12 7530円
ワイド:11-12 700円
    7-12 1100円 7-11 1280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。人気の組み合わせだけどそこそこの配当。
 ナムラビッグタイムが極端に人気被った訳じゃないんだけどねぇ...

 そういう訳で勝ったのはフィーユドゥレーヴ。父サンデーサイレンス・母ランフォーザドリームといった感じでこの時期の勝ち馬にしては珍しく良血馬。 しかも父はサンデーサイレンスだけに過去の勝ち馬のように「あっという間に燃え尽きてしまう」こともないでしょう。使い出しが早いのは山内厩舎だからね(笑)ま、これはご愛嬌ということで。

 さて、サクラバクシンオー産駒。ハナ差で2着に破れてしまったフラワーサークルはいいとしても他がちょっとだらしがなかったですね。 人気のナムラビッグタイム、カフェヴィンセントは追ってからがイマイチ。それぞれ5着・8着。たまたまなのか、器用さを欠くのか、気性なのか、ちと判断つきかねる内容。 もうちょっと様子見しないとダメかな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。