今週のメインdeパツイチ2003
第55回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 朝日杯フューチュリティステークス 中山・芝1600m  2歳牡・センオープン(GI) 2003年12月14日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモサンビーム 京王杯2歳S 1着 小倉2歳でMボーラーに完敗しているのが... - -
2 アポインテッドデイ 京王杯2歳S 2着 多少ペース速くても粘る。枠順と展開次第で。
2 3 メイショウムネノリ ダ千四1:27.2 1着 未勝利勝ち平凡。しかも今回初めての芝だし。 - -
4 マイネルパナシュ アイビーS 1着 オープン勝ちあるも前走あたりが壁っぽく。 - -
3 5 ダイワバンディット 新潟2歳S 1着 休み明け気になる。未知の魅力あるが... -
6 グレイトジャーニー デ杯2歳S 2着 前走Mボーラーに完敗。展開向かないと。 -
4 7 メテオバースト いちょうS 1着 連勝も時計は平凡。相手も揃ってるし... - -
8 フォーカルポイント 東スポ2歳S 2着 末脚強烈。瞬発力勝負なら一発ありそう。
5 9 キョウワスプレンダ 東スポ杯2歳 3着 切れそうで切れない。多少上がりかかるなら。 -
10 モエレエスポワール 札幌2歳S 1着 札幌2歳Sは展開に恵まれた?ちと厳しいか。 - -
6 11 フサイチホクトセイ 京王杯2歳S 3着 京王杯は馬体重増が堪えた?叩き2戦目で。
12 コスモステージ 芝二千2:02.6 1着 パンチ不足。しかもGIだし相手強いし。 - -
7 13 マイネルゼスト 500万下 1着 前走快勝もOP・重賞での成績がイマイチで。 - -
14 リガードシチー 千両賞 2着 夏場の成績がサッパリ。ここでは。 - -
8 15 メイショウボーラー デ杯2歳S 1着 無傷の4連勝。ここも勝って連勝伸ばすか? -
16 スズカマンボ 萩S 1着 末脚マズマズ。時々大敗あるが嵌れば。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回朝日杯フューチュリティS枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、新:新馬or未:未勝利、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第55回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話
「踏まえて」の巻

 牝馬が終われば次は牡馬(といってもセン馬も含みますが...)
 2歳GIシリーズ第ニ弾・第55回朝日杯フューチュリティステークス。

 さてさて。阪神ジュベナイルフィリーズでは堅いと思われたスイープトウショウがあっさりコケてしまいました。 やっぱり2歳の段階ではまだまだ未確定要素が多いっていうことやな。で、今週は牡馬・セン馬の出番なんですが、傾向は先週と一緒。「過信は禁物」って感じですわ。

 現状ではメイショウボーラーが無傷の4連勝、その上小倉2歳Sでは後に京王杯2歳Sを勝つコスモサンビームを軽く5馬身ちぎって勝っていますからね。 まぁ、これだけを見れば「ダントツ」といっていいんでしょうが...先週の一件がありますからね。まだまだどうなるか分からんでしょう。

 では、どの辺りの馬ならチャンスがあるんでしょうか?先週の阪神JFを踏まえて検討してみましょう。 まずは単純な相手比較。前述の通り、京王杯2歳Sを勝ったコスモサンビームが小倉2歳Sでメイショウボーラーに一蹴されていることを考えると、 京王杯2歳S組から逆転するような馬が出てくるかどうかは微妙。それならば、勝負付けが終わっていない東スポ杯2歳S組の方が魅力アリかな? 一発狙うなら札幌・新潟組なんだけど、モエレエスポワールもダイワバンディットもちょっとなぁ...

 あと注意したいのが展開。「前残り注意」ということで印を打った2頭が揃って出遅れたというハプニングはあったにしても着眼点は悪くなかった。 今回もそこそこ先行する馬はいるが「どうしてもハナ」という馬は不在。それほどペースは速くならないんじゃないでしょうか?「好位置につける馬」とか「瞬発力で勝る馬」 辺りで探ってみるのはどうでしょう?ただし「好位置につける馬」にメイショウボーラーが含まれてしまうのが難点ですが。

<第55回朝日杯フューチュリティステークス予想>

◎メイショウボーラー
○フサイチホクトセイ
▲フォーカルポイント
△アポインテッドデイ
△グレイトジャーニー
△スズカマンボ

 あと、もう少し上積みありそうな馬もいいかもね。フサイチとか。

結果

1着コスモサンビーム
2着メイショウボーラー
3着アポインテッドデイ
4着フォーカルポイント
5着フサイチホクトセイ

タイム:1分33秒7 3F:36.2
コスモサンビーム 牡2歳
騎手:D.バルジュー 厩舎:栗東・佐々木晶厩舎
生産牧場:ヤマオカ牧場
単勝:1番1130円
複勝:1番240円、15番130円、2番540円
枠連:1-8 710円 馬連:1-15 990円
馬単:1-15 2920円
3連複:1-2-15 6090円
ワイド:1-15 440円
    1-2 1850円 2-15 1370円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あーあ、またやっちゃったよ。
 これで今秋何回目だろう?2・3・4・5着って。ガッカリ。

 ま、それはそれとして朝日フューチュリティステークスの結果。内枠の利を生かしてスタート直後はアポインテッドデイがハナに立つも、 人気のメイショウボーラーが外から一気に上がっていき先頭へ。さすがにこれだけ強固にハナを主張されると誰も競りかけては行かず、そのまんまメイショウボーラーのペースに。

 だが、前半で無理したのがいけなかったのか1000m通過が57.5秒とペースは速め。直線では最後まで踏ん張ったものの、 好位から伸びてきたコスモサンビームにクビ差交わされてしまい2着に破れてしまいました。

 で、勝ったコスモサンビーム。好枠を生かして終始最内を追走。コースロスを最小限に抑えたのが最後の一伸びにつながったというところでしょうか? 同じように2番手につけていた1枠2番のアポインテッドデイや、コスモサンビームの後ろにつけていたフサイチホクトセイ、 直線に入るまでビッチリ最内を走っていたフォーカルポイントが上位に突っ込んできていることを考えると「コースロスを最小限におさえたもん勝ち」といっていいんじゃないんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。