今週のメインdeパツイチ2003
第3回名古屋グランプリ登録馬一覧&わしの勝手な寸評(穴予想つき)

第3回 名古屋グランプリ 名古屋・ダ2500m 3歳上オープン(GII) 2003年12月23日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ハギノハイグレイド JCダート 3着 GI3着は評価も展開が鍵。差しきれる? -
2 2 ブラウンシャトレー 浦和記念 3着 元地元のコース。うまく流れに乗れば。 -
3 3 サンエムエックス せきれい賞 4着 ここ数戦負けすぎ。さすがに無理か。 - -
4 4 イングランディーレ ブリーダーズ 1着 ダートだし相手手頃。押し切っていい。
5 5 マルカセンリョウ 名古屋大賞典 1着 交流重賞勝ちしたころの勢い戻るなら注意。 -
6 ストロングライフ ゴールド争覇 2着 堅実なのは認めるが交流重賞となると... - -
6 7 プリエミネンス 浦和記念 1着 浦和記念勝利で復活?展開次第で連勝も。 -
8 コマノブリザード スターサファ 2着 展開ハマればほどほどには走りそうだが... -
7 9 リージェントブラフ 帝王賞 3着 直線短い名古屋どう?仕掛け所如何で。
10 エムエフファルコン さざんか特別 1着 交流重賞で散々な成績ばかり。ここでは。 - -
8 11 チェリーラスタ 東海クラウン 2着 自己条件で勝ちきれず。力不足。 - -
12 ミツアキサイレンス オグリ記念 4着 今年の成績サッパリ。実績はあるが... -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第3回名古屋グランプリ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第3回名古屋グランプリの展望と予想とヨタ話
「断念東京大賞典」の巻

 グランプリはグランプリでもこっちはダート。
 名古屋で行われる長距離の交流重賞、第3回名古屋グランプリ。

 さて、この名古屋グランプリ。暮れの大一番・東京大賞典に出たかったんだが、除外対象になってるんであきらめてこっちに出走してきた馬が多数。 というより、中央馬ほぼ全馬そうでしょう。そんな馬達の「憂さ晴らし」的一戦になりそうな今回の名古屋グランプリ。

 で、そんな名古屋グランプリの予想。問題となるのは名古屋競馬場の直線距離。この短い直線で差し切れるかが問題でしょう。 特にハギノハイグレイド・リージェントブラフ辺りをどうするかが問題。ハギノハイグレイドの白山大賞典やリージェントブラフのオグリキャップ記念のように早め早めに動かないとちと辛いでしょう。 そうじゃなければ、イングランディーレが押し切ってしまいそうですな。

<第3回名古屋グランプリ予想>

◎イングランディーレ
○ブラウンシャトレー
▲プリエミネンス
△マルカセンリョウ
△リージェントブラフ

 あとはプリエミネンス。前走意外と好走してくれたんで...

結果

1着リージェントブラフ
2着プリエミネンス
3着ストロングライフ
4着ハギノハイグレイド
5着イングランディーレ

タイム:2分41秒3
リージェントブラフ 牡7歳
騎手:吉田豊 厩舎:美浦・大久保洋厩舎
生産牧場:吉田隆
単勝:9番920円
複勝:9番220円、7番210円、6番2040円
枠連:6-7 4500円 馬連:7-9 4100円
枠連:7-6 10120円 馬単:9-7 9630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。イングランディーレはコケちゃいましたけど、▲○できっちり。
 しかし、これで枠単万馬券というのも「なんだかなぁ」という感じなんだが。

 という訳で名古屋グランプリの結果。とりあえず予想は当たったけど誤算続きだったなぁ。 誤算その1。行くと思われたイングランディーレが行かずプリエミネンスが逃げる展開。 前走控える競馬をしているだけにハナにはこだわらなかったんでしょうか? 先行して押し切ってもらいたかっただが、その役割はプリエミネンスのものになってしまいました。

 そしてもう一つの誤算。直線短い名古屋だけに「前に行かないとキツい」という前提があっけなく覆されてしまったこと。 1・3着馬って道中は後方を追走していた馬ですからね。勝ったリージェントブラフはマクっていったのが大正解。 ちょっと我慢してたらプリエミネンスに押し切られていたでしょうな。ま、元々マクりも使える馬だし、 その辺りを主戦ジョッキーである吉田豊騎手がきちんと把握していたことが今回の勝因でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。