今週のメインdeパツイチ2003
第48回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2003年12月28日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ツルマルボーイ 天皇賞秋 2着 末脚切れるが中山コースが鍵。差し届く? - -
2 2 ゼンノロブロイ 日本ダービー 2着 菊花賞では前が壁になる不利有。巻き返し期待。
3 3 リンカーン 菊花賞 2着 秋2戦、ともに負けてはいるが内容は悪くなく。 -
4 4 ダービーレグノ 新潟記念 1着 距離自体はさほど問題ない。道悪なら一発ある? -
5 5 ウインブレイズ 鳴尾記念 1着 トップハンデでの好走評価。今回GIだが要警戒。
6 タップダンスシチー ジャパンC 1着 JC圧勝。だがさすがにマーク厳しくなりそうで。 -
6 7 チャクラ ステイヤーズ 1着 GIでもそこそこ走っている。あとは展開次第か。 -
8 ザッツザプレンティ 菊花賞 1着 多少上がりのかかる中山合いそう。前残り注意。
7 9 ファストタテヤマ オールカマー 2着 前走の負け方問題。展開ハマらないと出番ナシ。 - -
10 アクティブバイオ AR共和国杯 1着 2500mに実績あるも上がりかからないと... -
8 11 アグネスデジタル 安田記念 1着 秋の成績イマイチ。この距離も長そうだし。 - -
12 シンボリクリスエス 天皇賞秋 1着 前走は馬場と展開が敗因。良績ある中山で。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※今回は特集:第48回有馬記念もあるよ。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第48回有馬記念の展望と予想とヨタ話
「最後のサプライズ?」の巻

 さ、今年もこのレースがやってきました。
 暮れの大一番、第48回有馬記念(グランプリ)

 ってなわけで早速有馬記念の予想...といきたいんだが、その前に今年の競馬をちょっと振り返って見ましょうか? 春は天皇賞・春と宝塚記念をヒシミラクルが連覇、そして3歳勢ではネオユニヴァース・スティルインラブがそれぞれ2冠を達成。 秋はスティルインラブが牝馬三冠を達成したのに対し、ネオユニヴァースは菊花賞でザッツザプレンティに破れ三冠ならず。 そして、天皇賞秋はぶっつけ本番でもシンボリクリスエス、ジャパンカップはタップダンスシチーが逃げて圧勝。

 で、これを踏まえた上で今回の有馬記念。それなりにメンバーは揃っているも、実は今年の活躍馬が不在だったりするんだよな。 ヒシミラクルは戦線離脱、3歳クラシック戦線を賑わしたネオユニヴァース・スティルインラブは早々に有馬記念を回避。 ここを勝てば「年度代表馬は確定」だったんだが、この3頭が有馬記念に出走しなかったことによって年度代表馬争いは混沌状態に。

 裏を返せば「それほど抜けた馬がいない」ということ。そうじゃなければ、春もそれなりの成績残せてたって。 (春ほとんど休んでた馬もいますが...)。実績だナンだとかいっても、意外と「展開一つ」でコロコロ着順が変わってしまいそうなメンバー構成だったりするんじゃないでしょうか?

<第48回有馬記念予想>

◎ゼンノロブロイ
○チャクラ
▲ザッツザプレンティ
△ウインブレイズ
△シンボリクリスエス
△タップダンスシチー

 中山の馬場不安だが神戸新聞杯圧勝を再評価してみた。ゼンノロブロイで。

結果

1着シンボリクリスエス
2着リンカーン
3着ゼンノロブロイ
4着ツルマルボーイ
5着ウインブレイズ

タイム:2分30秒5(R) 3F:35.6
シンボリクリスエス 牡5歳
騎手:O.ペリエ 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
生産牧場:(外国産馬)
単勝:12番260円
複勝:12番120円、3番230円、2番170円
枠連:3-8 1060円 馬連:3-12 1290円
馬単:12-3 1980円
3連複:2-3-12 1720円
ワイド:3-12 490円
    2-12 300円 2-3 680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あーあ、ゼンノロブロイ3着ですか。
 直線では「もらった!」という勢いだったんだが。差せず終い。

 そんなこんなで有馬記念の結果。ジャパンカップではタップダンスシチーが9馬身差をつけ圧勝したが、 この有馬記念ではシンボリクリスエスが9馬身差をつけ圧勝。引退の花道を見事に飾りました。 まあ、この有馬記念後に引退式があったから負けられなかったんでしょうけど。 タイキシャトルみたいに負けちゃうと惨憺たる引退式になっちゃうからね。「金返せ!」的なノリになっちゃって(笑)

 さて、それはさておき。レースの詳細。ある意味今回の有馬記念の鍵を握っていたタップダンスシチー。 前走ヘンに圧勝してしまったが為に他馬から執拗にマークされる苦しい展開。 1周目の直線でザッツザプレンティ・アクティブバイオを先に行かせ離れた3番手から競馬するも時すでに遅し。 前半余計な脚を使った上に、向こう正面で後続の有力馬に差を詰められてしまい万事休す。結局自分の競馬が出来ず終いで敗北してしまいました。

 で、こういう展開だからペースは速め。1000m通過が58.5秒。この流れなら前崩れになりそうなもんだが、 タップダンスシチーの後ろを離れて追走していた集団が丸ごと入着。ぶっちぎったシンボリクリスエスは別として、 他の3頭はうまく雪崩れ込んだといったところでしょうか?このペースに巻き込まれ全馬失速気味。 坂を登ってからは脚色が一緒になってしまいました。結局、差を詰めてきたのはドンジリから直線勝負に賭けたツルマルボーイのみという状態。 バテてしまった馬は除いて「前にいったもん勝ち」といった感じですかね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。