今週のメインdeパツイチ2003
第49回東京大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 東京大賞典 大井・ダ2000m  3歳上オープン(GI) 2003年12月29日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ネームヴァリュー 帝王賞 1着 秋2戦がイマイチも相手関係多少楽になり。
2 カネツフルーヴ 川崎記念 1着 競りかけてくる馬不在。単騎逃げで一変も。 -
2 3 ビワシンセイキ 帝王賞 2着 秋の成績がイマイチ。前走一応重賞勝ったが... - -
4 ケリーライト オータムC 1着 末脚評価できる。相手強いが前崩れなら。 -
3 5 シャイニングボス サマーナイト 1着 自己条件で入着程度。交流重賞では荷が重い。 - -
6 ウエノマルクン 大井記念 2着 秋2戦がいづれも大敗。ここでは... - -
4 7 アオバコリン Tレディー 2着 牡馬相手ではちょっと辛そう。入着あれば。 - -
8 ナチュラルライン AR共和国杯 2着 ダートでは成績案外。中央重賞好走あっても。 - -
5 9 サイレントディール 武蔵野S 1着 武蔵野S快勝は評価も大井の重いダートでは... -
10 オンユアマーク 勝島賞 2着 JBCクラシックでは見所ナシ。足りない。 - -
6 11 ビッグウルフ JDダービー 1着 前走芝だったにしても負けすぎ。もう終わった? - -
12 コアレスハンター JBCクラ 3着 秋の成績評価。相手も多少楽だし連対圏内か。
7 13 カイジンクン 東京記念 2着 最近粘り欠く内容続く。多くは期待できず。 - -
14 スターキングマン JBCクラ 2着 秋のGIでの好走評価。あとは展開さえハマれば...
8 15 デンゲキヒーロー 北上川大賞典 1着 連勝は評価も相手強化が問題。ちょっと辛い? -
16 トーシンブリザート 京成盃GM 3着 長期休養明け2戦目。一変あれば即通用か。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第49回東京大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2003年版
第49回東京大賞典の展望と予想とヨタ話
「リベンジ?」の巻

 有馬記念ハズしてもこのレースがあるから大丈夫。
 中山の仇を大井で討つ?第49回東京大賞典。

 ま、そんなこんなで前日の有馬記念で軽くヤラれちゃった人たちがリベンジを果すべく集うのがこの東京大賞典(ん?こんな説明でいいのか?)。 一発逆転を狙うにはもってこいの「3連単」もありますし。ガッチリ当てて正月のモチ代にしたいもんですな。

 閑話休題。本題に入りましょう。東京大賞典の予想。JCダートでは惜しくもハナ差の2着に破れたものの、南部杯・JBCクラシックで圧倒的な力を見せつけたアドマイヤドンは今回お休み。 一強状態にあったアドマイヤドンの回避によって一転して混戦模様になってしまいました。

 とりあえずは武蔵野ステークスを圧勝したサイレントディール、フェブラリーステークス・帝王賞、そして去年の東京大賞典で2着に入っているビワシンセイキ、 帝王賞を楽勝したネームヴァリュー、そして秋のダートGIで堅実に走ったスターキングマン辺りから手堅く入るのが正解でしょう。

 ただし、注意したいのがどの馬も一長一短を抱えてますからね。サイレントディールは大井の深いダートが合わないかもしれないし、ビワシンセイキは秋の成績が今一つだし、 ネームヴァリューはJCダートが負けすぎ、スターキングマンは堅実に走っているも詰めが甘いし。この4頭で3連単ガッチリという訳にはいかないでしょう。 穴馬が紛れ込んでJBCクラシックのように荒れそうな気がするが。

<第49回東京大賞典予想>

◎スターキングマン
○カネツフルーヴ
▲ネームヴァリュー
△コアレスハンター
△トーシンブリザード
△サイレントディール

 ま、ここで負けても次の日ケイリングランプリがありますし(笑)

結果

1着スターキングマン
2着コアレスハンター
3着ビワシンセイキ
4着デンゲキヒーロー
5着アオバコリン

タイム:2分03秒7 3F:39.0
スターキングマン 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・森厩舎
生産牧場:(外国産馬)
単勝:14番380円
複勝:14番160円、12番290円、3番190円
枠連:6-7 1350円 馬連:12-14 1620円
枠単:7-6 2150円 馬単:14-12 2650円
3連複:3-12-14 1990円
3連単:14-12-3 7140円
ワイド:12-14 470円
    3-14 370円 3-12 810円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!最後の最後で一矢報いたって感じですな。
 でも、思ったより安いなぁ。馬単で40-50倍ぐらいあると踏んでいたんだが。

 で、東京大賞典の結果。結局、有馬記念もこの東京大賞典も締める人がきっちり締めたレースでした。 O.ペリエが有馬記念を勝ち、武豊がこの東京大賞典を勝つ。ま、少々出来すぎているといえばその通りですけど(笑)

 レース自体は、カネツフルーヴが逃げるもののこれまで通りの思い切った逃げにはならず。 カイジンクンやサイレントディールがこれをつつくような展開。結局、控え目逃げたにも関わらず3コーナーで「お役御免」となってしまいました。

 で、変わって先頭に立ったのが人気のサイレントディール。だが、好位から駒を進めたビワシンセイキ、そして向こう正面からマクり気味に進出してきたスターキングマンに並ばれると、 これを振り切る余力もなくズルズルと後退。ここでサイレントディールはお役御免。

 結局、ロングスパートを見事に決めたスターキングマンが後続に3馬身差をつけて完勝。 アドマイヤドンに初GI制覇を阻まれづつけていた今秋でしたが、アドマイヤドン不在のここでようやく念願のGI制覇となりました。 やはり現4歳世代、層が厚いですな。結局今年のダートGIのほとんどはゴールドアリュール・アドマイヤドン・スターキングマンに持っていかれたことになりますし。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。