今週のメインdeパツイチ2004
第38回シンザン記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第38回 シンザン記念 京都・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2004年1月12日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テイエムサンタオー ダ千四1:26.7 1着 血統的には芝大丈夫の筈。マークは必要。 -
2 2 ジョージサクラ 500万下 3着 先行すればほどほどに走る。だが重賞では。 - -
3 3 ナムラシーザー 500万下 1着 前走いいところナシ。重賞では荷が重いか。 - -
4 4 カリスマサンキセキ ダ千二1:13.4 1着 ダートの未勝利勝ちも芝こなせる。一発注意。 -
5 5 タニノアレグロ 芝千二1:10.8 1着 やや一本調子っぽく。あとこの距離長いかも。 -
6 シゲルドントイケ つわぶき賞 1着 堅実に走る。ただ多少ジリっぽそうなのが難点。
6 7 グレイトジャーニー デ杯2歳S 2着 重賞2着は評価も前走イマイチなのが... -
8 マコトキンギン 500万下 4着 阪神JF着順の割にはタイム差ない。3着穴で。 -
7 9 シルヴァーゼット 500万下 1着 勝ちっぷり地味だが内容悪くない。3連勝も。
10 タマモホットプレイ 千両賞 1着 前走好時計勝ち。先行馬不在で押し切りも。 -
8 11 ヌチグスイ たんぱ杯2歳S 11着 前走後方をついていっただけ。上積みは... - -
12 アーバンエスケープ 黄菊賞 2着 そこそこは走るがパンチ不足。入着まで。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第38回シンザン記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第38回シンザン記念の展望と予想とヨタ話
「気になる」の巻

 最近、急にハイレベルになりつつある重賞、第38回シンザン記念。
 一昨年はタニノギムレット、去年はサイレントディールが勝っているし。

 さて、そんな「気になる馬達」が今年も出てくるんでしょうか?注目の一戦。 実績的にはデイリー杯2歳ステークス2着のグレートジャーニー辺りが気になりそうだもんだが、 前走の朝日杯FSでイマイチでしたからね。ま、巻き返しあればそれはそれでいいんでしょうけど...

 となれば、期待したくなるのが新興勢力。一昨年のタニノギムレットだって去年の2着馬マッキーマックスだって 新馬・未勝利勝ちのみでこのシンザン記念に挑んできてますからね。この辺りの馬が快勝してくれれば今年の3歳牡馬クラシック戦線、面白くなりそうですな。

<第38回シンザン記念予想>

◎タマモホットプレイ
○マコトキンギン
▲シルヴァーゼット
△シゲルドントイケ
△カリスマサンキセキ
△グレイトジャーニー

 とりあえずタマモホットプレイに期待してみますか。

結果

1着グレイトジャーニー
2着タマモホットプレイ
3着ナムラシーザー
4着シルヴァーゼット
5着アーバンエスケープ

タイム:1分35秒4 3F:34.7
グレイトジャーニー 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・池江厩舎
生産牧場:ノースヒルズマネジメント
単勝:7番210円
複勝:7番110円、10番110円、3番280円
枠連:6-7 170円 馬連:7-10 220円
馬単:7-10 430円
3連複:3-7-10 940円
ワイド:7-10 130円
    3-7 450円 3-10 610円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。だけど激安ですな。
 しかし、ここまで一本被りになるか?結局その通りになったけどさぁ...

 ま、それはともかくとしてシンザン記念の結果。これといって行く馬がいない中で、逃げたのはグレイトジャーニー。 これまでは好位〜中団での競馬が多かったんだが、今回は打って変わって積極策。結果的にはこれが正解でしたね。 積極的に行こうとする馬がいなかったこともあって前半3ハロンが36.1秒、1000m通過が1:00.7とペースは遅め。 こんな流れだから結局前残り。2着にもグレイトジャーニーをみる形で追走していたタマモホットプレイがそのまんま居残りという結果に。

 とりあえず勝ったことに違いはないんだが、レース自体がヌルいからなぁ(笑)。 でも、なんだかんだいっても毎年こんな調子だからね。一応マークしておくか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。