今週のメインdeパツイチ2004
第11回平安ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 平安ステークス 京都・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2004年1月25日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イサオヒート 師走S 2着 前走は多少展開不向きな面有。重賞でも注意。
2 2 オースミステイヤー 摩耶S 1着 京都では妙に詰め甘い。展開の助け欲しい。 - -
3 トライワンズラック フェアウェル 1着 前走トップハンデで楽勝。勢いあるだけに注意。 -
3 4 ビワシンセイキ 東京大賞典 3着 徐々に良化するも物足りぬ。人気ほどには。 - -
5 スマートボーイ 平安S 1着 この条件は鬼。行ききれれば平安S3連覇も。 -
4 6 タガノフォーティ ペルセウスS 1着 前走が負けすぎ。まだまだ本調子にないようで。 - -
7 タイムパラドックス トパーズS 1着 京都コース得意だが重賞ではやや力不足かも。 - -
5 8 ブイロッキー ベテルギウス 3着 ようやく復調してきた。3着なら可能性有。 -
9 マルタカサイレンス 師走S 1着 長期休養明け2戦目もまだ時間かかりそうで。 - -
6 10 ミツアキタービン JBCクラ 5着 GIでもそこそこ走っている。軽視は禁物。 -
11 クーリンガー ペルセウスS 1着 去年の2着馬。重賞でもそこそこ走るだけに。
7 12 マイネルブライアン 群馬記念 1着 秋の成績サッパリだが実績侮れぬ。一変警戒。
13 インターレジェンダ 園田金杯 2着 地元重賞でやや頭打ち。ここ相手手強くて。 - -
8 14 テンリットル 高崎大賞典 1着 去年このレースで8着。中央の重賞では足りぬ。 - -
15 シロキタゴッドラン ベテルギウス 1着 充実っぷり評価。ここで初重賞制覇なるか? -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回平安ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第11回平安ステークスの展望と予想とヨタ話
「四位ビスケット」の巻

 まだ1月ですが、ダート戦線はそろそろ大詰め。
 フェブラリーSへのステップ、第11回平安ステークス。

 で、この平安ステークス。前述の通りフェブラリーSへのステップとなる訳なんですが、 ここで好走しても本番でイマイチなんだよな。というよりも、スマートボーイが2連覇している状態じゃ、 どうにもこうにもならんでしょ。しかも、荒れっぱなしだし。ステップとして役に立ってるのかなぁ。コレ。

 さて、そんな平安ステークス。今年もスマートボーイが出走。勝てば平安ステークス3連覇となるが、さすがに今年は厳しいでしょう。 「どうしてもハナ」という馬はさすがにこの馬しかいないけれど、その後ろに有力馬が控えてますからね。直線でうまく突き放せれば勝機アリだが、 去年のアンタレスSのように早々にプレッシャーをかけられてしまうと辛いでしょう。ま、最近だらしがないから「3コーナーで失速」が濃厚だったりするけど。

 あと連覇で思い出したが、この平安ステークス、四位騎手がオースミジェット・マンボツイストで3連覇してるんだよな。 そして今年。平安ステークスが行われるこの週(1/24)、奇しくも「シービスケット」が封切られる訳でして。「四位・ビスケット」(笑) ちなみに、ビスケット(biscuit)にはイギリスの俗語で「一等賞をとる(take the biscuit)」という使い方もあるんですわな。ってことは、勝つのは「四位」ということですか。 ...って、そういう安直な決め方はよろしくないですよね。そういうのを世間では「恣意的」って言うんですよ(笑)

<第11回平安ステークス予想>

◎トライワンズラック
○ブイロッキー
▲シロキタゴッドラン
△クーリンガー
△マイネルブライアン
△ミツアキタービン
△イサオヒート

 でも、ビスケットはビスケットでも「cracker」では困りますけどね。

結果

1着タイムパラドックス
2着クーリンガー
3着ビワシンセイキ
4着イサオヒート
5着スマートボーイ

タイム:1分51秒3 3F:37.3
タイムパラドックス 牡6歳
騎手:安藤光彰 厩舎:栗東・松田博厩舎
生産牧場:白老ファーム
単勝:7番1120円
複勝:7番270円、11番760円、4番140円
枠連:4-6 2370円 馬連:7-11 15990円
馬単:7-11 28640円
3連複:4-7-11 13430円
ワイド:7-11 4320円
    4-7 670円 4-11 1340円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、タイムパラドックスですか。
 京都のOPで完勝あるからこれくらいは走っていいのかもしれないけど...

 ってな訳で、平安ステークスの結果。ま、やはりというかなんというか予定通り(?)スマートボーイが逃げる展開。 だけど1000m通過が1:01.7と今年は控え目な逃げ。ま、そういうこともあってか結局前に行ったもん勝ちでした。 逃げたスマートボーイは粘りはしたものの他馬に早めに来られてしまい5着まで。

 そんな中、勝ったのは3番手から駒を進めたタイムパラドックス。これまでは差し・追込の競馬が主だったが今回は積極策。これがズバりでした。 スマートボーイを交わし先頭に立ったクーリンガーに迫り最後は一騎打ち。そしてアタマ差競り落として1着に。 まともに走っていたならば、これ位はやれて良かった馬だったんでしょうな。結果的には。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。