今週のメインdeパツイチ2004
第54回東京新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 東京新聞杯 東京・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2004年2月1日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッドタウン 東風S 1着 伸びきれなかった前走不満。このクラスが壁? - -
2 2 キスミーテンダー 京王杯SC 2着 マイルの一線級相手に好走。あとは仕上がり次第。 -
3 マイネルモルゲン ポートS 1着 NHKマイルC3着と同じ舞台。そろそろ出番?
3 4 ハレルヤサンデー 福島テレビOP 1着 休養前2戦がイマイチもマイル実績は一応評価。
5 センターフレッシュ 吾妻小富士OP 1着 ブランク長すぎ。ここは様子見しかないか。 - -
4 6 ダイワジアン 中山記念 3着 スピード不足。馬場渋って時計かからないと。 - -
7 スプリングシオン 富士S 5着 富士S5着は評価。うまくやれば3着ぐらいは... -
5 8 グラスワールド ダービー卿CT 3着 昨年秋以降の成績冴えず。ただ多少はマシになり。 -
9 シベリアンホーク キャピタルS 1着 逃げればしぶとい。ただ瞬発力勝負になると... -
6 10 クラフトワーク TV静岡賞 1着 末脚生かせる東京コースは歓迎も、マイルは? - -
11 トラストファイヤー 中山記念 2着 休養後3戦するも良化する気配伺えず。厳しい。 - -
7 12 サイドワインダー 京都金杯 2着 末脚強烈。ただ東京開幕週なだけに展開が課題。 -
13 ジョウテンブレーヴ エプソムC 1着 復帰以降の成績散々。だが多少は良化ありそう。 -
8 14 ゴールドメーカー 鳴門S 1着 今回久々だし芝だしマイルだし。さすがにムリか。 - -
15 ウインラディウス 白秋S 1着 それなりには走る。ただ今回相手揃った感あって。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回東京新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第54回東京新聞杯の展望と予想とヨタ話
「マイルだけど...」の巻

 ダートGIの次には短距離のGI・高松宮記念が待ち構えています。
 その高松宮記念に向けてそろそろ有力馬始動?第54回東京新聞杯。

 で、この東京新聞杯。高松宮記念へのステップといってみたものの、この東京新聞杯はマイル戦。 でも、アドマイヤコジーンとかディヴァインライト、スティンガー、ダイワカーリアン、キングヘイローと本番できっちり走っている馬を出してるからなぁ。 「マイルだから関係ねぇよ」ってことはない訳でして。

 ま、それはそれとして東京新聞杯の予想。濃くもなく薄くもなくGIIIでは妥当なメンバー構成といった感じ。 実績馬にしても、最近頭打ちの馬とか詰めが甘い馬だったりして抜けている馬が不在。準OP・OP勝ちの馬が即通用してもいいメンバーなんじゃないっすかね。 個人的には、オープン戦の割にはメンバー揃っていたニューイヤーS組で2着に入ったマイネルモルゲンとかどうなんですかね? 東京マイルではNHKマイルカップで3着に入ったこともある馬だし。

<第54回東京新聞杯予想>

◎マイネルモルゲン
○スプリングシオン
▲キスミーテンダー
△シベリアンホーク
△ハレルヤサンデー

 あとキスミーテンダーにも注目。距離的にも高松宮記念OKな馬だし。

結果

1着ウインラディウス
2着クラフトワーク
3着キスミーテンダー
4着サイドワインダー
5着ハレルヤサンデー

タイム:1分33秒0 3F:34.0
ウインラディウス 牡6歳
騎手:田中勝春 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
生産牧場:三城牧場
単勝:15番1370円
複勝:15番370円、10番340円、2番350円
枠連:6-8 4900円 馬連:10-15 4600円
馬単:15-10 11590円
3連複:2-10-15 16070円
ワイド:10-15 1550円
    2-15 1690円 2-10 1560円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マイネルモルゲン13着じゃなぁ...
 代わりにキスミーテンダーが頑張ってくれたけど3着止まりだし。

 ま、そんなウダウダ言ってられんので早速東京新聞杯のレース回顧。下馬評では「シベリアンホークの単騎逃げ濃厚」だったんだが、実際逃げたのはゴールドメーカー。 シベリアンホークもどうしてもハナという訳でもなかったようで、無理にハナを奪いにいくということもせず位置取りが決まった後は淡々とした流れに。1000m通過が0:59.0と開幕週ということを考えれば「若干遅いかな?」という程度。

 そんな中、逃げた2頭を見る形で好位追走していたウインラディウスが4コーナー辺りで徐々に進出。 ペースがペースだっただけにシベリアンホークに食い下がれたが、残り200mで一気に突き放しそのままゴール。 さすがにレースの上がりが34.0秒じゃ後続も思ったように差を詰められませんわな。 クラフトワーク・サイドワインダーが伸びてくるも、なんとか2着争いに加わるのがやっとでした。

 しかしなぁ。よく見れば、掲示板に入っている馬5頭中4頭が休み明けの馬。 唯一割って入ったのが1番人気のサイドワインダー。これって、どうなんでしょ? 春のGIシリーズまでに勢力図が二転三転しそうだなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。