今週のメインdeパツイチ2004
第22回ニュージーランドトロフィー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第22回 ニュージーランドトロフィー 中山・芝1600m  3歳牡牝オープン(GII) 2004年4月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナイストップボーイ 500万下 1着 勝ち鞍がいづれもダート。スピード不足。 - -
2 ヨイチサウス 500万下 1着 時々爆走あるが、さすがに重賞では。 - -
2 3 シーキングザダイヤ アーリントン 1着 重賞制覇もレベル疑問。ここ正念場か。 - -
4 ビッグファルコン クリスタルC 2着 前走一発カマしたがここではさすがに... - -
3 5 ナムラビッグタイム もみじS 1着 距離に不安残るが叩き2戦目で一変警戒。
6 エイシンマルカム れんげ賞 1着 能力はあるがマイルはちょっと長そう。 -
4 7 マイネルゼスト ジュニアC 1着 前2走不利続き。まともならもう少しは。 -
8 ムーンシャイン 500万下 1着 新馬・500万下と連勝も地味。ちと辛い? - -
5 9 ダイワバンディット 新潟2歳S 1着 徐々に良化。そろそろ変わっていい頃?
10 フリーダムホーク ジュニアC 3着 まずまずの相手に好走有。3着なら。 -
6 11 サクラエキスプレス 500万下 1着 ハイアーゲーム相手に好走有。一発注意。 -
12 インセンティブガイ 500万下 2着 芝でも大丈夫。が、ここ強敵揃いで。 - -
7 13 ホリーゴースト 雪割草特別 1着 特別戦好時計勝ち。重賞でも注意。 -
14 ゴールドクラウン 500万下 1着 前走の内容評価。距離さえ克服できれば。
8 15 コンドルクエスト きんもくせい 1着 前走意外に伸びず。ジリ脚っぽいかも。 - -
16 シュウザンコンドル 白梅賞 1着 ややパンチ不足。重賞では足りないか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回ニュージーランドトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第22回ニュージーランドトロフィーの展望と予想とヨタ話
「手薄」の巻

 NHKマイルカップへのステップ、第22回ニュージーランドトロフィー。
 3歳クラシック戦線が賑わってきていますがこれも忘れちゃいかんよ。

 しかし、盛り上がりをみせるクラシック戦線とは異なり、こっちのマイル路線はいささか手薄気味。 当然、桜花賞・皐月賞経由でNHKマイルカップに出走してくる馬もいるでしょうけど、如何せ本筋のマイル路線組自体が手薄だからなぁ。 ここまでの主要な重賞勝ち・好走馬はほとんど桜花賞・皐月賞に行っちゃってるし。

 さて、そんなマイル路線。とりあえずはアーリントンカップを勝ったシーキングザダイヤの動向に注目したいところ。 重賞制覇したとはいえ微妙な相手に微妙な勝ち方でしたからね。今回が正念場でしょう。あとはスプリント路線からの距離延長組。 ナムラビッグタイム、ビッグファルコンなどスプリント戦の重賞・オープンで結果を残している馬もちらほら。この辺りが「+400mの壁」を克服してNHKマイルカップ戦線に殴りこめるか、 そこにも注目ですな。

<第22回ニュージーランドトロフィー予想>

◎ゴールドクラウン
○マイネルゼスト
▲サクラエキスプレス
△ダイワバンディット
△ナムラビッグタイム
△ホリーゴースト

 ここの結果がショボかったら、本番はクラシック組で勝負だな。

結果

1着シーキングザダイヤ
2着ナイストップボーイ
3着ナムラビッグタイム
4着エイシンマルカム
5着フリーダムホーク

タイム:1分33秒5 3F:35.6秒
シーキングザダイヤ 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・森厩舎
生産牧場:(外国産馬)
単勝:3番140円
複勝:3番110円、1番2550円、5番280円
枠連:1-2 3960円 馬連:1-3 17580円
馬単:3-1 21160円
3連複:1-3-5 43520円
ワイド:1-3 4070円
    3-5 490円 1-5 13720円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あーあ、全くダメでした。
 それにしてもナイストップボーイはないよなぁ。ケツ人気だったし...

 ま、それはそれとして。勝ったのはシーキングザダイヤ。今回は控える競馬。直線入り口で「ちょっとキビしいかな」という差をつけられるも、坂を登ってから抜群の伸び。 終わってみれば3/4馬身差をつけ完勝。これで大手を振ってNHKマイルカップに出走できますな。

 とはいえ、多少の「?」は残りますが。気になるのは2着のナイストップボーイと4着のエイシンマルカム。芝適正だとか人気だとか能力だとかいうのではなく、展開。 後方集団にいたこの2頭がシーキングザダイヤと共に坂上で一気に強襲。「この3頭が強烈な末脚を発揮した」というよりも「早めに動いた馬が坂上で止まってしまった」と考えるのが妥当なのかも...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。