今週のメインdeパツイチ2004
第52回京都新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 京都新聞杯 京都・芝2200m  3歳オープン(GII) 2004年5月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アサクサムスタング 500万下 3着 ちょっとパンチ不足。芝の重賞では。 - -
2 2 エムティーダイオー アザレア賞 1着 ここでも逃げる?前残りあれば。 -
3 3 ヒシルーシッド ひめさゆり賞 1着 500万下特別楽勝も福島だっただけに... - -
4 4 マイネルマグナート 芝二千2:01.9 1着 そこそこ走る。流れにのれば連対ある? -
5 5 スズカマンボ 若葉S 2着 前走は度外視。若葉Sぐらい走れば注意。 -
6 6 ピュアブラウン フラワーC 4着 そこそこは走る。牡馬相手だが一発注意。 -
7 シンメイセレリティ フリージア賞 1着 詰め甘い。ただ相手なりには走りそうで。 -
7 8 ニホンピロキース 芝千六1:34.5 1着 勝ちきれないのが難点。ここ重賞だし... - -
9 ミスティックエイジ 皐月賞 5着 叩き2戦目で一変。順当なら勝ち負け。 -
8 10 フィレンツェ 毎日杯 4着 OP・重賞と2タテ。ちと力不足なのか? - -
11 ハーツクライ 若葉S 1着 ここ相手手薄。賞金上積みしたいところ。

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回京都新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第52回京都新聞杯の展望と予想とヨタ話
「新鮮組」の巻

 なんとか3歳牡馬クラシック戦線に残りたい馬達の敗者復活戦。
 優先出走権はないけれど賞金はありまっせ。第52回京都新聞杯。

 しかし、そうまともに決まりゃしないのがこの京都新聞杯。日本ダービーへのステップとしてこの時期に移転してから以降、すべて万馬券決着。 「なんとか賞金を上積みして再び3歳牡馬クラシック戦線へ」という馬達が「これでもか」と蹴散らされてしまうんだよな。しかも人気背負って。

 まあ、割とベタな理論なんでしょうけど、「皐月賞をピークに仕上げられた為、この京都新聞杯ではすでに調子落ちしており、 思ったような結果を残せなかった」といった感じですかねぇ。調子が下降気味の実績馬よりも「活きのいい」昇級・オープン好走馬を!といったところでしょう。 一発狙うなら、そんな「新鮮組」を狙うのが正解なのかもね。

<第52回京都新聞杯予想>

◎ミスティックエイジ
○ピュアブラウン
▲ハーツクライ
△シンメイセレリティ
△スズカマンボ

 といっても、結局順当に決まっちゃったりするんだろうなぁ...

結果

1着ハーツクライ
2着スズカマンボ
3着ミスティックエイジ
4着マイネルマグナート
5着シンメイセレリティ

タイム:2分11秒9 3F:34.5秒
ハーツクライ 牡3歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・橋口厩舎
生産牧場:社台ファーム
単勝:11番380円
複勝:11番120円、5番150円、9番110円
枠連:5-8 650円 馬連:5-11 900円
馬単:11-5 1610円
3連複:5-9-11 450円
ワイド:5-11 280円
    9-11 150円 5-9 240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。なんだ、結局若葉Sのワンツーかよ。
 にしても、馬単ちょっとついてんなぁ。これで1610円はオイシイでしょう。

 で、京都新聞杯の結果。エムティダイオー・ニホンピロキースが1000m通過が59.7秒とちょい早めのペースで後続を引き離して逃げるも、 1000m通過したあたりから徐々に後続馬が差を詰める展開。ま、この辺りは、先週の天皇賞・春の教訓(?)があったからなんでしょうかね(笑)。 3コーナーの坂の下りで馬群は一団に。

 そんな中、直線で抜けてきたのは外からスズカマンボ。一気に後続を突き放し楽勝かと思われたが...さらに後からハーツクライが抜群の伸び。 先に抜けたスズカマンボの脚色が残り100mを過ぎで鈍ったところを強襲。ゴール手前で差しきってしまいました。ま、終わってみればちょっと早仕掛けだったんでしょうかね、スズカマンボ。 結局は最後の最後に仕掛けたハーツクライが勝ってることだし。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。