今週のメインdeパツイチ2004
第118回目黒記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第118回 目黒記念 東京・芝2500m  3歳上オープン(GII) 2004年5月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フサイチランハート 日経賞 9着 着順は冴えないも徐々に良化。そろそろ? -
2 ダイタクバートラム 阪神大賞典 1着 実績はダントツ。叩き2戦目で一変も。 -
2 3 ニシノサブライム サンシャイン 1着 逃げるのはこの馬?単騎逃げだと怖い。 -
4 ダービーレグノ 日経賞 3着 前走の天皇賞意外と好走。ハンデ重でも。 - -
3 5 エルカミーノ 中山金杯 4着 重賞では頭打ち気味。ハンデも据置きで。 - -
6 ラヴァリージェニオ 湾岸S 1着 重賞だとちと足りない?この距離得意だが。 - -
4 7 ファストタテヤマ 阪神大賞典 3着 展開さえハマれば走る。前が止まれば。 - -
8 ヴィータローザ 大阪ハンC 1着 前々走ぐらい走ればいいが前走が... - -
5 9 アクティブバイオ AR共和国杯 1着 一昨年の2着馬。東京2500m好走多く。 -
10 トレジャー 東風S 2着 目先を変えて長距離へ。でもやはり長い。 - -
6 11 ゴールデンメイン 御堂筋S 1着 前走よりは楽。巻き返しあっていい。
12 サクラセンチュリー オリオンS 1着 叩き2戦目。あとは展開さえハマれば。
7 13 エアセレソン 難波S 1着 54kgは有利。昇級していきなりの重賞でも。 -
14 アイポッパー 烏丸S 1着 ハンデ見込まれた感あるも準OP勝ち評価。 -
15 チャクラ 天皇賞春 4着 強敵相手でも好走あり。そろそろ出番か。 -
8 16 ホットシークレット AR共和国杯 7着 3年前の勝ち馬。叩き2戦目で一変あれば。 -
17 シャドウビンテージ メトロS 1着 ハンデ増が微妙。さらに重賞では。 - -
18 タニノエタニティ ダイヤモンド 3着 気難しい馬。ハンデ手頃だがムラ駆けで。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第118回目黒記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第118回目黒記念の展望と予想とヨタ話
「人気の盲点」の巻

 最近荒れっぱなし。伝統の一戦・第118回目黒記念。
 いや〜、やっぱりハンデ戦はこうじゃないとね。これが本来の姿?

 さて、そんな目黒記念ですが、今年も荒れそうな雰囲気。まあ、ハンデの差ということもあるが、 むしろ「抜けた馬がいない」ことが波乱の要因になりそう。ダイタクバートラム、チャクラ、ファストタテヤマ、 ホットシークレットのようにGIで好走した馬はそれなりに背負わされてるけど、この程度なら克服できていい筈。 だけど、頻繁に重賞で取りこぼしているように、元々こういう条件がお似合いの馬。GIで好走しているとはいっても鵜呑みにはできませんな。

 じゃあ、「それほど背負わされてない新興勢力で」という展開になるが、これもちょっと問題。 過去を振り返ってみても意外と好走例が少ない。97年のアグネスカミカゼ、98年のゴーイングスズカと準オープン勝ち馬がこの目黒記念を連覇したが、 その後は一昨年のセイコーサンデー(3着)や、98年のアイシャルテイオー・フサイチシンイチ(2・3着)程度だし。 重賞でそこそこ走ってるのに人気にならない馬を手広く狙ってみるのが正解かもなぁ。

<第118回目黒記念予想>

◎ダイタクバートラム
○ゴールデンメイン
▲サクラセンチュリー
△ホットシークレット
△アイポッパー
△ニシノサブライム

 意外と印の付きが悪いんでダイタクバートラムからいってみますか。

結果

1着チャクラ
2着トレジャー
3着ダービーレグノ
4着タニノエタニティ
5着アイポッパー

タイム:2分30秒5 3F:36.4秒
チャクラ 牡4歳
騎手:柴田善臣 厩舎:栗東・安達厩舎
生産牧場:天羽牧場
単勝:15番620円
複勝:15番260円、10番1170円、4番310円
枠連:5-7 2310円 馬連:10-15 21970円
馬単:15-10 41200円
3連複:4-10-15 57920円
ワイド:10-15 5300円
    4-15 970円 4-10 6990円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。トレジャーは無理っす。
 気が向けば時々一発カマす馬なんだが距離が距離だったからなぁ...

 で、目黒記念の結果。ホットシークレットがそれほど行かなくなった今、楽にニシノサブライムがハナを奪って逃げる展開。 しかし、楽にハナを奪ったにも関わらず一人でピッチを上げたためペースは速め。そんなこともあってか、道中後続を大きく引き離して逃げていたにも関わらず4コーナーで早々に失速してしまいここまで。

 そんな中抜けてきたのはチャクラとトレジャー。横一線の叩き合いから内を突いて抜けてきたのが勝ったチャクラ。 そして外から馬体を合わせてきたのがトレジャー。ただ、トレジャーが一旦並びかけたものの、そこからチャクラがグイッと一伸び。 結局、その一伸びでトレジャーをクビ差振り切って1着に。

 ま、この勝利でチャクラは「それなりに能力があった」ということは証明できたんでしょうけど、 負けた馬の中にもちょっと注意が必要な馬が。それはダイタクバートラム。勝負どころで前が壁になったりチャクラに前に入られてしまったりと踏んだり蹴ったり。 最後、チャクラの後を追っかけるように伸びているだけに「まともだったら」という感はある。 あと、ハンデも重かったし。次走、マークは必要かな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。