今週のメインdeパツイチ2004
第54回安田記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 安田記念 東京・芝1600m  3歳上オープン(GI) 2004年6月6日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ファインモーション マイルCS 2着 問題は休み明けだけ。牡馬相手でも注意。 -
2 マイソールサウンド マイラーズC 1着 最近の充実っぷり侮れぬ。チャンス有。 -
2 3 オーゴンサンデー 京王杯SC 6着 末脚はある。ただGIとなるとさすがに... - -
4 ミデオンビット 七夕賞 1着 去年の8着は評価できるが同型が課題で。 - -
3 5 ウインラディウス 京王杯SC 1着 今期東京で重賞2勝。勢いあるだけに。 -
6 アイランドファッション ラブレアS 1着 米GI勝ち評価。外国馬でも侮れぬ。
4 7 ローエングリン マイラーズC 2着 Aコースは歓迎だが問題は同型。去年並み? -
8 イーグルカフェ マイルCS 6着 GIだと妙に走る。だが連対は厳しい。 - -
5 9 テレグノシス 京王杯SC 2着 東京ならやはり走る。あとは展開次第で。 - -
10 メイショウボーラー NHKマイルC 3着 同型が強力。斤量は有利だがさすがに... - -
6 11 ジョウテンブレーヴ ダービー卿CT 4着 ようやく立ち直る。展開次第でチャンスも。 -
12 ユートピア 京都金杯 3着 ちょっと足りない。展開に恵まれないと。 - -
7 13 メジロマイヤー オーストT 1着 単騎逃げは厳しそう。さらにGIだし。 - -
14 ツルマルボーイ 天皇賞秋 2着 叩き2戦目。前止まれば今度こそGI制覇? - -
15 ダンツジャッジ AJC杯 1着 堅実に走る。GIでも通用して良さそう。 -
8 16 バランスオブゲーム 毎日王冠 1着 Aコース替わり歓迎。先手なら押し切りも。
17 マイネルモルゲン ダービー卿CT 1着 ほぼ復活?一応NHKマイルC3着馬だし。 -
18 セルフフリット 香港カップ 5着 マイルだとそこそこ。流れに乗れれば。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回安田記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第54回安田記念の展望と予想とヨタ話
「馬場が荒れれば馬券も荒れる?」の巻

 春のGIシリーズも残すは宝塚記念とこのレースのみ。第54回安田記念
 あ、でも、あくまで中央での話ですけどね。帝王賞・JDダービーがあるし。

 ま、それはともかく安田記念。ここ近年ず〜っとそうだが、今年も相変わらず混戦を断つような馬は現れず。 デュランダルがいれば、その名の通りこの混戦を「一刀両断」となる筈だったんだが、故障で回避。 混戦模様でここ数年荒れっぱなしの安田記念、今年も波乱の予感が...

 別に闇雲に「荒れる荒れる」言ってるわけではありません。一応、荒れるだけのそれっぽい理由ってのがあるんですわ。 去年も同じことを書いてるが、今週からAコースに変更されてます。特に今年はこれまで使用していた部分の馬場状態が芳しくない。 実際、先週のダービーを見ても分かるように、皆が挙って馬場のいい外へ外へと行ってますし。ところが、今週の「Aコース変更」で、 内から数m分だけ全く使い込まれていない"高速レーン"が登場する訳でして。ここを「走れる・走れない」で、かなり結果が変わってくるんじゃないでしょうか。

 ってな要因を踏まえて安田記念の予想。とりあえず、高速レーンを悠々走れる先行馬は買い、馬群を裁けなかったり前が壁になってしまう不安がある差し・追込馬は減点、 という割と妥当な結論で予想してみました。だったら「高速レーンを終始走れる逃げ馬でしょう。ローエングリンとか」いう話になるんだが、それもどうだか。 去年の安田記念で見事に失敗してますからね。

 まぁ、この辺りの状況は騎手も分かってるわけでして、好ポジションを獲ろうと激しい競り合いが繰り広げられるのは目に見えてます。 そこで競ってしまうと、去年みたいにハイペースになってしまい終いが甘くなってしまうことも。その競り合いをちょっと離れた位置で見ている馬が正解だったりするんじゃないでしょうか? 「逃げ」ではなく「先行」馬中心で勝負してみましょう。

<第54回安田記念予想>

◎バランスオブゲーム
○マイソールサウンド
▲ファインモーション
△ウインラディウス
△アイランドファッション
△マイネルモルゲン

 あとは枠順。去年は内枠に入った3番アグネスデジタルが勝っていることだし。

結果

1着ツルマルボーイ
2着テレグノシス
3着バランスオブゲーム
4着ユートピア
5着ローエングリン

タイム:1分32秒6 3F:35.1秒
ツルマルボーイ 牡6歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・橋口厩舎
生産牧場:浜本牧場
単勝:14番1130円
複勝:14番360円、9番280円、16番290円
枠連:5-7 1770円 馬連:9-14 3120円
馬単:14-9 6470円
3連複:9-14-16 10630円
ワイド:9-14 1390円
    14-16 1860円 9-16 1390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。これじゃ全くダメダメですわ。
 バランスオブゲームは3着に頑張ってくれたんだが、他がなぁ。

 というわけで、安田記念の結果。ローエングリンがすんなりとハナへ...とはいかなかったようで。 外からメジロマイヤー、セルフフリットがハナを奪いに行き、ローエングリンよりも前へ。 ま、この辺りは予想で述べた通りになりましたな。でもって、ポジション争いが激しくなってしまいハイペースに。 稍重にも関らず前半3ハロン通過が33.7秒、その後は若干落ち着いて1000m通過が57.5秒という流れに。

 ってな感じでしたから、結末も去年の安田記念とよく似た感じに。ただ、最後突っ込んできた馬が少し多かったですけど。 ローエングリンが先頭に立つも後続を振り切るまでは至らず、ローエングリンの直後につけていたユートピア、バランスオブゲームと叩き合い。 しかし、残り100m過ぎで馬群を割って伸びてきたツルマルボーイにまとめて交わされてそこまで。 オーバーペースだったのが最後に響いたって感じでしたな。おまけに外を回ったテレグノシスにまで交わされてしまうし。

 結局、終わってみれば「馬場が悪い」といっておきながら、それほど極端に差が出なかったようで。 まあ、高速レーンを走った馬はそれなりに粘ってはいたんだけど、外を回った馬も思った以上に伸びてましたからね。 テレグノシスなんて、ちょうど荒れている部分を走っていてこの成績ですからねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。