今週のメインdeパツイチ2004
第45回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2004年6月27日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シルクフェイマス 天皇賞春 3着 GIでも好走。相手も手頃だしここなら。 -
2 2 トレジャー 目黒記念 2着 前走好走もアテにならない面アリ。微妙。 - -
3 ゼンノロブロイ 天皇賞春 2着 ここ強敵不在。そろそろGI勝ちたい処。
3 4 ローエングリン 安田記念 5着 一昨年3着。楽に単騎逃げなら注意。 - -
5 ザッツザプレンティ 菊花賞 1着 ちょっと頭打ち。巻き返してはいるが... - -
4 6 サイレントディール フェブラリS 2着 去年は大敗。ただ古馬となった今なら。 -
7 ダイタクバートラム 天皇賞春 3着 前走は前が壁。GIで好走あるだけに注意。
5 8 リンカーン 阪神大賞典 1着 相手関係楽だが天皇賞春が負けすぎで... - -
9 チャクラ 目黒記念 1着 GIだとややパンチ不足。入着までか。 -
6 10 メイショウドメニカ 福島記念 1着 叩き2戦目。だがさすがにGIとなると。 - -
11 スティルインラブ 秋華賞 1着 牡馬相手だと辛いのか?叩き2戦目だが。 -
7 12 ホットシークレット ステイヤーズ 1着 3年前の3着馬。ただ前走が負けすぎで。 - -
13 ツルマルボーイ 安田記念 1着 去年は僅差の2着。今年こそ勝てる? -
8 14 ダービーレグノ 目黒記念 3着 こそっと好走する。3着ならチャンスも。 -
15 タップダンスシチー ジャパンC 1着 順調。展開が多少鍵だがそこは実力で。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第45回宝塚記念の展望と予想とヨタ話
「魅惑のスウィーツ特集」の巻

 いや〜、暑いですなぁ。すっかり梅雨を通り越して夏ですよ。
 でも、忘れちゃいかんよ。春競馬の締めくくり、第45回宝塚記念。

 そんなこんなで宝塚記念。ぼちぼち勢力図も固まりつつある古馬戦線だが、天皇賞春がああいう結果だっただけに油断は禁物。 展開次第で結果がガラリと一転するくらい、極端に抜けた馬がいないのが現状でしょう。去年は天皇賞春を制したにも関わらず人気薄だったヒシミラクルが爆走、 そして2着に8番人気のツルマルボーイが入り馬単は27990円と波乱の決着に。ま、こういう組み合わせですから、今年も波乱になっても仕方がないんじゃないでしょうか。天皇賞春も荒れてることだし。

 さてさて。宝塚記念の予想と参りましょうか。前述の通り極端に抜けた馬は不在といっていいでしょう。 とりあえずジャパンカップを圧勝したタップダンスシチーや、菊花賞馬ザッツザプレンティ、紅一点の牝馬三冠馬スティルインラブや、 前走の安田記念でようやくGI制覇となったツルマルボーイといった辺りはいるんだが、「圧倒的な強さ」とまではいかないんだよなぁ。 スティルインラブは牡馬相手となるとちょっと足りないし、他の3頭はGIで勝ちきれない面あるし。

 というよりも今回の宝塚記念、どいつもこいつもそういう馬ばっかりなんだよな(笑)。前述の馬以外でも、日本ダービー・天皇賞春2着のゼンノロブロイに、菊花賞・有馬記念2着のリンカーン、 フェブラリーステークス2着のサイレントディール、今年の天皇賞春3着のシルクフェイマスに一昨年の天皇賞春3着馬ダイタクバートラム、そして一昨年の宝塚記念3着馬ローエングリンに3年前の宝塚記念3着馬ホットシークレットと、もうどいうもこいつもホントに大アマ。 お前らはアレだな!"UFJ銀行の検査"ぐらい大アマだな(←くりぃむしちゅ〜、上田風に)

 ま、そんなことばっかりも言ってられんので、とっとと宝塚記念の予想。そんな素敵なスウィーツ達からお好みのものを頂戴しましょう。 個人的にはゼンノロブロイで。振り返ってみれば、去年の菊花賞以来ずーっとハードプッシュしていますからね。いいかげん勝てよ(笑)。とりあえず、天皇賞春の万馬券はゲットさせて頂きましたが、やはり勝たないとね。 それはともかく。去年の秋、神戸新聞杯を強い勝ち方しているだけに中距離になるのはむしろ歓迎なのでは?

<第45回宝塚記念予想>

◎ゼンノロブロイ
○ダイタクバートラム
▲タップダンスシチー
△シルクフェイマス
△サイレントディール
△ツルマルボーイ

 ま、あとは手堅くGI好走馬で。穴ならダイタクバートラムとかどうですかね?

結果

1着タップダンスシチー
2着シルクフェイマス
3着リンカーン
4着ゼンノロブロイ
5着ザッツザプレンティ

タイム:2分11秒1 3F:36.1秒
タップダンスシチー 牡7歳
騎手:佐藤哲三 厩舎:栗東・佐々木晶厩舎
生産牧場:(外国産馬)
単勝:15番350円
複勝:15番150円、1番300円、8番180円
枠連:1-8 1870円 馬連:1-15 1930円
馬単:15-1 3190円
3連複:1-8-15 4140円
ワイド:1-15 750円
    8-15 510円 1-8 1100円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。まあ、こんなもんでしょうかね。
 しかし、前日売ではそうでもなかったんだが意外と配当ついてますなぁ。

 で、宝塚記念の結果。下馬評どおり、ローエングリンが前半3ハロン34.3秒、1000m通過が58.5秒と速めのペースで逃げる展開。 まあ、これは「相変わらず」なのでそう気にしなくてもいいんだが、問題はその後。ローエングリンからやや離れた3番手を追走していた1番人気のタップダンスシチーが、 ちょっとペースが落ち着いた向正面付近で早々にスパート。あっという間にローエングリンを捕え先頭に踊り出てしまいました。

 大抵の馬なら、早仕掛けが堪えて直線半ばで失速してしまうのが常ですが、そこはタップダンスシチー。 1600m通過が1:35.0と10Rのテイエムオペラオーメモリアル(3歳上1000万下・芝1600m)よりも速い上に、2000m通過までも1:58.4と同じ阪神2000mで行われた大阪杯(GII・芝2000m)よりも速いペースだったにも関わらず、 最後まで踏ん張り通してしまうんですからね。「来るなら来やがれ!全馬叩き切ってやる!」と言わんばかりの競馬でした。実際、ついていった後続各馬が追走だけで手一杯になってしまい、ことごとくタップダンスシチーの作り出したペースに潰されてしまってますからね。 今回はタップダンスシチーの完勝といったところでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。