今週のメインdeパツイチ2004
第40回七夕賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 七夕賞 福島・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2004年7月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 チアズブライトリー 京阪杯 1着 再びスランプ状態に。ここで立ち直る? -
2 2 メジロマントル 稲村ヶ崎特別 1着 条件戦4連勝もここは重賞。ちと辛い。 - -
3 3 ストロングブラッド 群馬記念 1着 前走散々。だが、一変あれば怖いかも。
4 4 カゼニフカレテ 日経新春杯 5着 どこ行っても詰め甘い。連対は十分あるが... -
5 5 メイショウキオウ 中京記念 1着 斤量増が微妙だが単騎逃げなら粘り注意。
6 6 オークファイヤー エメラルドS 11着 最軽量だがこのハンデでも辛い。見送り。 - -
7 7 マーベラスダンス 吾妻小富士賞 1着 福島では3勝と鬼。ハンデも手頃だし。 -
8 トーセンダンディ 古都S 1着 徐々に良化。今回丁度良い条件で一変も。 -
8 9 ヤマノブリザード エイプリルS 1着 ハマれば走るが取りこぼしも多く。過信は。 -
10 ロードフラッグ 福島TVOP 3着 準オープンで勝ちきれず。相手手頃だが。 -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回七夕賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第40回七夕賞の展望と予想とヨタ話
「連敗ストップ?」の巻

 夏の福島開催もあっという間に閉幕。
 ラストは「荒れること」で有名な重賞、第40回七夕賞。

 でもって、七夕賞。もう毎年毎年言っていることでアレですが、「1番人気が勝てない」のがこの七夕賞。 去年は1番人気のウインブレイズがいいところまでいくも、結局、伸びきれず終いで見事25連敗達成。 ついに1四半世紀負けつづけてしまった訳でして...

 しかしだ。今年の七夕賞でこの不名誉(?)な記録もいよいよ潰えそうな雰囲気。頭数は10頭しかいないし、ハンデ戦の割には極端なハンデ差はないし。 「ちょっとしたオープン戦」みたいな感じで、すんなり決まってしまうんじゃないでしょうか? ただ、ハンデ差をあまりつけられないくらい能力が拮抗しているともいえますからね。「確固たる中心馬がいてその馬が能力通り勝つ」というよりも、 「勝った馬が1番人気だった」みたいな偶発的な理由で連敗ストップとかしちゃいそう。

<第40回七夕賞予想>

◎ヤマノブリザード
○ストロングブラッド
▲メイショウキオウ
△カゼニフカレテ
△トーセンダンディ

 しかしなぁ...誰が1番人気になるんだろ?

結果

1着チアズブライトリー
2着ストロングブラッド
3着マーベラスダンス
4着メイショウキオウ
5着メジロマントル

タイム:2分01秒7 3F:36.4秒
チアズブライトリー 牡6歳
騎手:柴田善臣 厩舎:栗東・山内厩舎
生産牧場:今牧場
単勝:1番1320円
複勝:1番440円、3番660円、7番340円
枠連:1-3 12000円 馬連:1-3 11080円
馬単:1-3 22990円
3連複:1-3-7 28230円
ワイド:1-3 2660円
    1-7 1740円 3-7 2140円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。いや〜、今週も来ましたねぇ。
 先週ほどズバッと来たわけでもないけど2着ストロングブラッドで万馬券。

 ま、そんなことで今年も負けちゃいました1番人気。二転三転あったが、結局1番人気になったのはメジロマントル。 果敢に逃げてはみたものの、やはり重賞では荷が重かったか。直線であと一踏ん張りがきかず僅差の5着。

 で、抜けてきたのはトップハンデのチアズブライトリー。外からじわりじわりと伸び、内で争っていた4頭をまとめて差しきって1着。 最近スランプ気味でしたが元々重賞勝ってる馬ですからね。調子さえもどればこれくらいはやれていいでしょう。にしても、人気なかったなぁ。8番人気でしたか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。