今週のメインdeパツイチ2004
第4回サマーチャンピオン出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第4回 サマーチャンピオン 佐賀・ダ1400m  3歳上オープン(GIII) 2004年8月16日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エイシンコーバリス みちのく大賞 3着 この条件ではさすがに格下。辛い。 - -
2 2 シンドバッド 兵庫大賞典 4着 プロキオンSではビリ。交流重賞となると... - -
3 3 ニホンピロサート プロキオンS 1着 前走重賞制覇で完全復活。ここは楽勝? -
4 4 ロードウエスト 大阿蘇賞 1着 中央所属時には時々一発かます馬だったが。 -
5 5 パープルモンク 名港盃 1着 船橋所属時の勢い戻るなら怖い。要警戒。 -
6 ニューベリー すばるS 1着 重賞勝てていい馬。そろそろ出番か?
6 7 リンデンリバティー 吉野ヶ里特別 3着 去年このレース10着。力不足は否めない。 - -
8 ロングカイソウ サマーCh 1着 去年このレースを圧勝。前残りならば。
7 9 ユウキュウ パールOP 1着 交流重賞では出番ナシ。入着あれば。 - -
10 カシノオウサマ 九州王冠 1着 佐賀記念では奮闘するも今回相手手強く。 - -
8 11 インタータイヨウ KBC杯 1着 先行策で復活。今回も展開次第で注意。 -
12 ピュアルネッサンス クチナシ特別 1着 連勝は評価も交流重賞では荷が重そうで。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第4回サマーチャンピオン枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第4回サマーチャンピオンの展望と予想とヨタ話
「再戦」の巻

 サマードリームシリーズもこれでラストです。
 最後は佐賀で行われる短距離重賞・第4回サマーチャンピオン。

 しかし、クラスターカップと条件的に被ることもあって例年低調なメンバー構成となるのがこのサマーチャンピオン。 「中央勢がダメなら地元勢に期待」したいところだが、そんな九州勢も交流重賞ではパッとしませんからね。 でも、今年はマトモなメンバー構成。

 で、注目はニホンピロサート、インタータイヨウ、ニューベリーのプロキオンステークス上位組。 今回再戦と相成りましたが、元々プロキオンステークス自体が混戦模様だったんで今回「プロキオンSの着順そのまんま」とはいかないでしょう。 展開次第で着順の逆転もあったりするのでは?その辺りの選択が鍵でしょうな。

<第4回サマーチャンピオン予想>

◎ニホンピロサート
○ロングカイソウ
▲ニューベリー
△パープルモンク
△インタータイヨウ

 ニューベリーもうちょいやれていいと思うが...

結果

1着ニホンピロサート
2着インタータイヨウ
3着カシノオウサマ
4着エイシンコーバリス
5着ニューベリー

タイム:1分26秒9
ニホンピロサート 牡6歳
騎手:小牧太 厩舎:栗東・目野厩舎
生産牧場:橋爪松夫
単勝:3番140円
複勝:3番100円、11番110円、10番260円
枠連:3-8 270円 馬連:3-11 230円
馬単:3-11 340円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、あまりにも安くねぇ?
 もう少しオッズが割れると思っていたんだが...あーあ、馬連230円かよ。

 で、佐賀記念の結果。結論から言えば早々と勝敗が決してしまいましたなぁ。向こう正面でニホンピロサートが仕掛け一気に先頭に。 そして、つれてインタータイヨウも上がっていく展開。で、この2頭が4コーナーの段階ですでに後続を大きく突き放してしまい馬連確定。

 でもって「どちらが勝つか」に焦点が移ったものの、それもアッサリ決着。直線に入るとニホンピロサートが楽にインタータイヨウを突き放し、そのまんま5馬身差をつけ楽勝。 終わってみれば「プロキオンステークスの着順そのまんま」という無難な決着に。まぁ、こんなもんでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。