今週のメインdeパツイチ2004
第40回札幌記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 札幌記念 札幌・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2004年8月22日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 モノポール 巴賞 2着 そこそこは走るがこの相手となると。 - -
2 2 ハッピールック みなみ北海道 1着 重賞では詰め甘い。3着までか。 - -
3 3 バランスオブゲーム 毎日王冠 1着 GIIなら十分勝てる馬。得意の中距離で。
4 4 ダービーレグノ 日経賞 3着 どうでもいい所で爆走有。一発警戒。
5 5 ウインクロワール みなみ北海道 2着 格下。GIIだしこの相手ではさすがに... - -
6 6 ファインモーション マイルCS 2着 前走微妙な結果。上積みさえあれば... -
7 タマモヒビキ 金鯱賞 11着 復帰して以降2桁着順ばかりでは... - -
7 8 タイムトゥチェンジ 大沼S 6着 最近冴えないがハマった時の末脚は怖い。 -
9 タイガーカフェ 函館記念 4着 相手なりに走る馬。3着穴なら可能性も。 -
8 10 マイネルアムンゼン エプソムC 1着 少々時計のかかる今の札幌合いそうで。
11 ローエングリン 安田記念 5着 単騎逃げなら注意必要。前残りあれば。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回札幌記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第40回札幌記念の展望と予想とヨタ話
「苦戦?」の巻

 夏の大一番はこのレース、第40回札幌記念。
 割と手堅くおさまる重賞だが、今年はどうかな?3連単もあるし。

 さて、今回の札幌記念。例年、秋のGIに向けて古馬の有力所が始動するのがこの札幌記念。 頭数自体は揃わないこともあるが、少数頭であっても濃い面子になりがち。 過去にはエアグルーヴ、セイウンスカイ、ジャングルポケットとか出走しているし。

 で、今年はというと...やはり注目はファインモーションでしょうな。前走の函館記念はハンデ戦。 牡馬相手に57kg背負って2着ですからね。今回の札幌記念も函館記念と同じ57kgだけど、別定戦なので他が背負っている分楽になるでしょう。

 ただし、問題は相手強化。函館記念はそれほど強力な相手がいなかったにも関わらず2着止まり。 バランスオブゲーム、ローエングリン、マイネルアムンゼンが相手となると、前走の函館記念のような内容では今回の札幌記念、ちょいと苦しいかもね。

<第40回札幌記念予想>

◎バランスオブゲーム
○ダービーレグノ
▲マイネルアムンゼン
△ローエングリン
△タイガーカフェ
△ファインモーション

 てな訳でファインモーション薄め。中心は中距離得意なバランスオブゲームで。

結果

1着ファインモーション
2着バランスオブゲーム
3着ローエングリン
4着モノポール
5着マイネルアムンゼン

タイム:2分00秒4 3F:36.1秒
ファインモーション 牝4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・伊藤雄厩舎
生産牧場:(外国産馬)
単勝:6番220円
複勝:6番110円、3番110円、11番140円
枠連:3-6 360円 馬連:3-6 360円
馬単:6-3 670円
3連複:3-6-11 540円
3連単:6-3-11 2270円
ワイド:3-6 160円
    6-11 230円 3-11 240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。あーあ、ガチガチですなぁ。
 3連単も1・2・3番人気と人気通りの順で決着して波乱ナシですし。

 で、札幌記念の結果。道中は最後方につけていたファインモーション。前につけていたローエングリン、バランスオブゲームが快調に飛ばしていただけにこのまま押し切られてしまいそうな雰囲気があったが、 4コーナーではいつの間にか5番手に進出。直線ではまだ前との差はあったが、最後でバランスオブゲームが止まったところを一気に強襲。 ゴール直前で計ったかのように1/2馬身前に出て1着に。

 そんなこんなで、勝ったのはファインモーション。叩き3戦目できっちり復活してきました。 前走の負け方から変わってくるかどうか不安があった今回の札幌記念でしたが、まだ上積みがありました。 というより、上積みないと困りますからね。秋がありますから。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。