今週のメインdeパツイチ2004
第40回新潟記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 新潟記念 新潟・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2004年8月29日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レニングラード 佐渡特別 1着 前走完勝。復活したといっていいのでは? -
2 2 エイシンスペンサー エイプリルS 3着 ややパンチ不足も重賞好走ある馬だし。 -
3 3 トーセンダンディ 関屋記念 4着 ようやく立ち直る。前走フロック視できぬ。 -
4 4 マーベラスダンス 天の川S 1着 七夕賞では惜しい3着。54kgなら逆転も。 -
5 サンライズシャーク 中山金杯 5着 直線長い新潟なら注意。流れ向けば。 -
5 6 チアズブライトリー 七夕賞 1着 前走大敗で再びスランプ?一変は... - -
7 ニシノセレッソ 赤倉特別 1着 ハンデは歓迎も1000万下がお似合いで。 - -
6 8 スーパージーン 福島テレビOP 1着 時々大敗ある馬。前走は無視していい? -
9 トウカイオーザ 大阪ハンC 1着 GII馬だが今回長期休養明け。様子見。 -
7 10 サクラディンヒル 朱鷺S 2着 ハンデ51kgならチャンスある。一発注意。
11 マンノチャンピオン 天の川S 3着 今回長期休養明け。たまに一発あるが... - -
8 12 グラスエイコウオー AJC杯 4着 実績ある馬。休み明けだが56kgは有利。 -
13 エイシンハリマオー 関屋記念 2着 去年は12着だったが、一変あれば注意。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回新潟記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第40回新潟記念の展望と予想とヨタ話
「宿題やったか?」の巻

 気がつけば8月もこの週で終わりですなぁ。
 夏競馬も残すことあと2週。第40回新潟記念。

 ま、そんなこんなでね、世間的にはアテネオリンピックが閉会、そして夏休み最後の日曜ということもあって「去り行く夏を惜しむ」この日曜ですが、 夏競馬もこの新潟記念と来週の小倉・新潟2歳ステークスでついに終了。4月の皐月賞以来の「待ちに待った中山開催」になるのは歓迎なんだけど、ちょっと名残惜しいですなぁ。

 しかし、そんな名残惜しんでいられないのがこの新潟記念の出走馬。何せ、秋のGIに出走できるかどうかがかかってますからね。 重賞勝ちor連対している馬が秋に向けて始動しだしたり、あと一歩で賞金が上積みできなかった重賞好走馬が再起をかけて出走してきたりとかしてますからね。 ま、時期が時期だけにベタな言い回しになってしまいますが、「夏休みの宿題」を終わらせないといけない訳でして。とりあえず、ここを勝って賞金を上積みしないとね。

 さて、それはそれとして新潟記念の予想。ハンデ戦だが「重い組」と「軽い組」に二極化しているのが特徴的。重賞で勝っているor連対している馬は56kg近辺、 連対まではいかないも入着程度の馬なら54kg、条件馬は51kgで出走しているといった感じ。ま、それ相応のハンデだからどの馬にだって勝つチャンスはあるでしょう。 あとは先週のアイビスSDをみれば分かるように「大外有利」ですからね。新潟外回りコースの長い直線をフルに生かしきって大外一気を決められる馬とかから攻めてみるのがいいのでは?

<第40回新潟記念予想>

◎グラスエイコウオー
○サクラディンヒル
▲レニングラード
△マーベラスダンス
△サンライズシャーク

 中心はAJC杯や武蔵野Sで強烈な末脚を発揮しているグラスエイコウオーで。

結果

1着スーパージーン
2着レニングラード
3着トーセンダンディ
4着ニシノセレッソ
5着トウカイオーザ

タイム:1分57秒7 3F:34.2秒
スーパージーン 牡6歳
騎手:中舘英二 厩舎:栗東・坂口正則厩舎
生産牧場:中地康弘
単勝:8番760円
複勝:8番180円、1番120円、3番290円
枠連:1-6 920円 馬連:1-8 870円
馬単:8-1 2640円
3連複:1-3-8 2810円
ワイド:1-8 360円
    3-8 1140円 1-3 580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。でも、微妙な結果だなぁ。
 おさえで買った人気所で決着したといったところですわ。

 で、新潟記念の結果。エイシンスペンサー、サクラデインヒルがマイペースで逃げる展開も、長い直線に入ると3・4番手につけていたトーセンダンディ、スーパージーンがこの2頭を交わして先頭へ。 まぁ、この新潟ですから、この時点で先頭に立ってもまだまだ勝敗の行方は分かりません。

 でもって、案の定大外からやってきたのが人気のレニングラード。しかし、徐々に外に持ち出していったスーパージーンの伸びも良く、 差は思うように詰まらず。結局、スーパージーンがレニングラードを1馬身差振り切って1着。「大外一気の追い込み」とはいかなかったが、 終わってみればやはり外を走った馬が強かったという結果でしたな。

 あと、グラスエイコウオー。一発狙って内を突いてみたがその後伸びきれず。 ま、馬場のせいもあるでしょうし、今回休み明けで+10kgだったというのもあるんでしょうな。 叩いて変わってくればもうちょいやれるでしょ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。