今週のメインdeパツイチ2004
第58回セントライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 セントライト記念 中山・芝2200m  3歳オープン(GII) 2004年9月19日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エスユーグランド 駒草賞 2着 強敵相手に接戦有。重賞でも通用する。 -
2 2 スマートストリーム 阿寒湖特別 2着 前走ほどうまくいかぬ。ここでは。 - -
3 コスモスパングル こけもも賞 1着 前走がイマイチ。ちょっと力不足か。 - -
3 4 ホオキパウェーブ 青葉賞 2着 中山と展開が鍵。実績はあるだけに。 -
5 サンデーストリーム 500万下 3着 意外とスピード勝負合うかも?一変警戒。 -
4 6 モエレエルコンドル 富里特別 1着 楽に先手なら前残りある。一応注意。 -
7 ポップロック かきつばた賞 1着 とりこぼし多い。展開に恵まれても... - -
5 8 ダイワネバダ ラジオたんぱ 4着 ハイペースで逃げるなら粘り注意。 -
9 マイネルポロネーズ 新緑賞 1着 叩き2戦目。上積みあれば連もある。 -
6 10 ダークマター 山吹賞 2着 ちょっと詰め甘い。3着までなら。 -
11 エアシェイディ ホープフルS 1着 今回長期休養明け。ちょっと厳しい? -
7 12 コスモミッドウェイ 500万下 1着 パンチ不足。スピード決着になると... - -
13 コスモバルク 皐月賞 2着 本番に出るには権利が必要。準備は万全。 -
8 14 トゥルーリーズン ロベリア賞 1着 クラスが上がって頭打ち。入着まで。 - -
15 メジロニコラス 山吹賞 1着 久々が課題も500万下特別勝ち評価でき。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回セントライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第58回セントライト記念の展望と予想とヨタ話
「準備万端」の巻

 3歳牡馬クラシック最終戦・菊花賞に向けてのトライアル。
 「どうしても出走権が欲しい」馬が集結!第58回セントライト記念。

 ま、そんな前フリを入れるのはアレですよ。今回のセントライト記念、菊花賞の出走を賭けてコスモバルクが出走してきました。 相変わらず道営所属の為、菊花賞に出走するにはここで3着以内に入って優先出走権を得ないといけない訳でして。

 そんなこんなで、このコスモバルク。このセントライト記念で菊花賞の出走権を取る為に万全の準備をしてきました。 秋緒戦には地元の北海優駿を使い、やや太め残りながら勝利。でもって、このセントライト記念に出走してきてますからね。 今回これといって強敵もいないし、ここはねぇ、大人しく従うしかないかな?

<第58回セントライト記念予想>

◎コスモバルク
○サンデーストリーム
▲エスユーグランド
△メジロニコラス
△ダイワネバダ
△マイネルポロネーズ

 問題は相手だけど...500万下特別を好内容で勝った馬で。

結果

1着コスモバルク
2着ホオキパウェーブ
3着トゥルーリーズン
4着モエレエルコンドル
5着エスユーグランド

タイム:2分10秒1(R) 3F:35.4秒
コスモバルク 牡3歳
騎手:五十嵐冬樹 厩舎:北海道・田部厩舎
生産牧場:加野牧場
単勝:13番130円
複勝:13番110円、4番160円、14番510円
枠連:3-7 360円 馬連:4-13 410円
馬単:13-4 530円
3連複:4-13-14 4020円
3連単:13-4-14 8380円
ワイド:4-13 210円
    13-14 970円 4-14 2750円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、1・2着はガチガチの決着。
 だが、3着に比較的人気薄だったトゥルーリーズンが入って3連単8380円。

 「やはり3連単ですなぁ」という印象を受けるがちょっと待て。 この組み合わせで3連複が4020円。倍程度の差しかありません。ヘタに着順考えて3連単を複数点買うよりも「何も考えず3連複にズドン!」が正解だったりするんだよなぁ。 コスモバルク1着固定でホオキパウェーブ・トゥルーリーズンの2・3着表裏買っただけで3連複と互角になっちゃうんだからね。コスモバルクを軸にしてホオキパウェーブ・トゥルーリーズンへの軸1頭3連単マルチとかするよりも、 「3連複に全部」の方が割がいいし。

 ま、それはいいや。セントライト記念の結果。圧倒的人気のコスモバルクが1コーナーで掛り気味にハナに立ち、そのまま逃げる展開。 3ハロン通過が35.0秒、1000m通過が0:58.8とよどみのないペースで逃げるが、この馬場状態ですからそう簡単に止まりません。 結局、ホオキパウェーブの追撃をクビ差退け押し切り勝ち。しかも、「ダンツシアトルが宝塚記念で記録した日本レコードを破る」というおまけまでついてきました。

 さて、そんなこんなで菊花賞出走権を無事ゲットできたコスモバルクですが、相変わらず「折り合い」に難がありますなぁ。 距離適正云々よりもその辺りが気掛かり。ダービーの二の舞になりかねないからなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。