今週のメインdeパツイチ2004
第39回京都大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第39回 京都大賞典 京都・芝2400m  3歳上オープン(GII) 2004年10月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 チャクラ 目黒記念 1着 この距離なら堅実に走る。3着はある。 -
2 2 ナムラサンクス ダイヤモンド 1着 長距離戦得意だが相手強い。3着まで。 -
3 3 マーブルチーフ 日経新春杯 2着 京都コースなら走る。一発に警戒。 -
4 4 ゼンノロブロイ 天皇賞春 2着 詰め甘いのが難点。力はあるんだが... -
5 5 レニングラード 新潟記念 2着 相手強化が課題。ちと荷が重いか。 - -
6 6 ファストタテヤマ 阪神大賞典 3着 相変わらずの末脚勝負。3着なら。 -
7 7 ナリタセンチュリー 天皇賞春 5着 天皇賞春5着は一応評価するが... - -
8 ダイタクバートラム 北九州記念 1着 前走で復活?元々GIで好走あるだけに。
8 9 アドマイヤグルーヴ マーメイドS 1着 牡馬相手だと微妙。相手も手強いし。 - -
10 トウカイオーザ オールカマー 5着 多少は良化。相手強いが条件は悪くなく。 -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第39回京都大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第39回京都大賞典の展望と予想とヨタ話
「必然」の巻

 こちらでも古馬の有力馬が始動。第39回京都大賞典。
 錚々たる勝ち馬が並ぶこの京都大賞典、今年は誰が勝つ?

 しかし、ホントにこの京都大賞典の勝ち馬凄いですなぁ。何せ、ここを勝った馬はほぼ確実にGIをモノにしていますからね。 ちなみに、去年の勝ち馬はこの京都大賞典を制した後、ジャパンカップを圧勝したタップダンスシチー。さて、今年はどうでしょう?

 ...とりあえず、そういう期待に答えられそうな馬が「一応は」いますからね。今回の京都大賞典。タップダンスシチーこそ凱旋門賞に遠征したため不在だが、 天皇賞春2着馬ゼンノロブロイにマーメイドステークスを快勝したアドマイヤグルーヴ、あと前走で復活した一昨年の天皇賞春3着馬ダイタクバートラムとか。 ...でも、微妙だなぁ。今年は辛いかも。

<第39回京都大賞典予想>

◎ゼンノロブロイ
○トウカイオーザ
▲ダイタクバートラム
△マーブルチーフ
△ファストタテヤマ

 とりあえずゼンノロブロイから。相手選びがちょいと難しいな。

結果

1着ナリタセンチュリー
2着ゼンノロブロイ
3着レニングラード
4着アドマイヤグルーヴ
5着ダイタクバートラム

タイム:2分25秒2 3F:34.3秒
ナリタセンチュリー 牡5歳
騎手:田島裕和 厩舎:栗東・藤沢則厩舎
生産牧場:ノーザンファーム
単勝:7番1870円
複勝:7番230円、4番100円、5番170円
枠連:4-7 420円 馬連:4-7 990円
馬単:7-4 3710円
3連複:4-5-7 1390円
3連単:7-4-5 14260円
ワイド:4-7 310円
    5-7 860円 4-5 220円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ナリタセンチュリー無印じゃ仕方ないっス。
 にしても、まさかゼンノロブロイを差し切っちゃうとはねぇ。

 でもって、京都大賞典の結果。誰も行く馬がいないということで、ダイタクバートラムが単騎で逃げる展開。 しかし、所詮「にわか逃げ馬」なんで道中は無理せず。そんなこんなで、道中はスローで流れ、 3コーナーの坂の下りで全馬一斉にスパートという京都の長距離戦ではお約束の展開になってしまいました。

 で、好位につけたゼンノロブロイが難なく抜け出し、そのまま押し切り勝ち...かと思われたところを外からナリタセンチュリーが強襲。 並ばれてからゼンノロブロイが食い下がるも巻き返すまでは至らず、結局ナリタセンチュリーがクビ差おさえて1着。 やはり天皇賞春5着は「それなりの力を発揮した結果」だったんでしょうな。これから先も期待していいんじゃないでしょうか? でも、ただ単に「京都巧者」なだけかもしれないなぁ(笑)



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。