今週のメインdeパツイチ2004
第6回東京オータムジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第6回 東京オータムジャンプ 東京・芝3300m  3歳上オープン(J.GIII) 2004年10月16日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イサミゴマ 障・未勝利 1着 じわじわ伸びる。3着なら可能性も。 - -
2 2 マイネルイースター 阪神SJ 1着 たまに爆走あるが、今回は相手手強くて。 - -
3 3 エアコルサバード 新潟JS 7着 後方をついて回るだけ。入着あれば。 - -
4 デモリションマン 新潟JS 1着 この馬の勢いも侮れぬ。いい勝負できる。 -
4 5 ローレルロイス 阪神JS 2着 やはり能力抜けている。ここなら。
6 メジロロンザン 東京ハイJ 1着 気が乗れば走る。信頼は置けないが...
5 7 テントップダンサー 新潟JS 5着 最後にちょろっと伸びる馬。入着まで。 - -
8 ドゥーワンズベスト 新潟JS 3着 ハマったときの末脚は怖いが相手強くて。 - -
6 9 ハコダテサンサン 障・未勝利 1着 今回は前走ほどうまくいかぬ。厳しい。 -
10 オンワードメテオ 東京HJ 1着 実力馬が復帰。そろそろ一変あっていい。
7 11 クールジョイ 京都ハイJ 1着 マイペースで先行できるなら居残り注意。 -
12 フサイチジハード 障・オープン 1着 今回叩き2戦目。前走以上望めそうで。 -
8 13 ミヤビグレード 障・オープン 7着 力はあるがひとクセある馬。嵌れば。 -
14 テレジェニック 障・オープン 2着 新潟JSはフロックではない。一応注意。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第6回東京オータムジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第6回東京オータムジャンプの展望と予想とヨタ話
「東西対抗」の巻

 続々と有力馬が登場する今のジャンプ界。
 そんな有力馬達が集う重賞・第6回東京オータムジャンプ。

 そんなこんなでねぇ、今回の東京オータムジャンプ。先月の阪神ジャンプステークスに引き続き「頂上決戦」の様相を呈しています。 でも、今回は阪神ジャンプステークス組と新潟ジャンプステークス組が対峙していることもあって、むしろ「東西対決」といった方が的確ですわな。

 で、そんな東京オータムジャンプ。前走の頂上対決(阪神ジャンプステークス)ではロードプリヴェイルに惜しくも破れてしまったローレルロイスが出走。 でも、負けたとはいえ3着以下を大きく引き離してますからね。相手が悪かっただけです。

 そんな関西組と、夏場の新潟開催で頭角を現してきた馬がこの東京オータムジャンプで初対峙。 果たして、ロードプリヴェイル・ローレルロイスが圧倒的に抜けているのか、それともただ単に関西勢のレベルが低かっただけなのか、今回はその真価が問われる一戦になりそうですな。

<第6回東京オータムジャンプ予想>

◎ローレルロイス
○ミヤビグレード
▲オンワードメテオ
△メジロロンザン
△デモリションマン

 とりあえず額面通り評価してローレルロイスから入ってみましたが...

結果

1着メジロロンザン
2着デモリションマン
3着マイネルイースター
4着ローレルロイス
5着テレジェニック

タイム:3分38秒3(R) 3F:39.0秒
メジロロンザン 牡8歳
騎手:大江原隆 厩舎:美浦・大久保洋厩舎
生産牧場:メジロ牧場
単勝:6番1140円
複勝:6番380円、4番170円、2番830円
枠連:3-4 330円 馬連:4-6 2250円
馬単:6-4 5000円
3連複:2-4-6 23640円
3連単:6-4-2 140390円
ワイド:4-6 990円
    2-6 5120円 2-4 2280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。中途半端なタテ目食らってしまいました。
 メジロロンザンもデモリションマンも十分買える馬だったんだけどね...

 で、東京オータムジャンプの結果。今回はすんなり先手を奪えたメジロロンザンがそのリードを終始保ったまま押し切り勝ち。 ま、春の東京ハイジャンプを快勝しているように能力はある馬。ただ、ちょっと絡まれただけでイヤになるくらいメンタル面で脆い一面があり、 前走の新潟ジャンプSのように大敗してしまうこともある馬。今回の勝因は、そのメンタル面での弱さをうまくカバーできたことに尽きるんじゃないでしょうか? 4コーナーでローレルロイスに並びかけられそうになった時も、一気にスパートして並ばれないようにしてましたし。 お陰で機嫌を損ねることもなく、最後まできっちり走りぬきましたし。

 とりあえず、メジロロンザンはそれでいいや。あとは4着に負けたローレルロイス。スタートが甘く後方からの競馬。1周目直線で一気に先頭グループに迫ってみたものの、 ここで余計な脚を使ってしまったのか直線ではさっぱり伸びず終い。今回はチグハグな競馬になってしまいましたが、それにしても前走時ほどの強さはありませんでしたなぁ。 やはり、破った相手が弱かったんでしょうか?となると、現在目下4連勝中のロードプリヴェイルもちと怪しくなってしまいますな。派手な成績の割には...ということもあるんじゃないッスかね?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。