今週のメインdeパツイチ2004
第56回阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 阪神ジュベナイルフィリーズ 阪神・芝1600m  2歳牝オープン(GI) 2004年12月5日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カシマフラワー エーデル賞 1着 芝でもやれるがちょっとパンチ不足かも... - -
2 エリモファイナル 芝千六1:36.7 1着 未勝利戦楽勝も相手強化微妙。GIでは。 - -
2 3 ラインクラフト ファンタジー 1着 前走圧勝。対抗できる馬もいないようだし。 -
4 マイネデセール カンナS 1着 距離延長がちと微妙。力はマズマズだが... -
3 5 ショウナンパントル 新潟2歳S 2着 末脚切れる。良馬場なら一発あっていい。
6 アンブロワーズ 函館2歳S 1着 重賞勝ちは評価。あとは仕上がり次第。 -
4 7 ハギノコマチ 芝千四1:23.8 1着 新馬戦の勝ちっぷりは評価。悪くない。 -
8 テイエムチュラサン ひまわり賞 1着 フェニックス賞大敗。ここ相手強くて。 - -
5 9 エイシンハッピー ファンタジー 5着 重賞で入着まで。ちょっと足りないか。 - -
10 ジェダイト 赤松賞 1着 前走は展開に恵まれた面有。割引必要。 - -
6 11 ミラクルコンサート 芝千二1:10.9 1着 パンチ不足。開幕週の馬場では辛いか。 - -
12 リヴァプール ファンタジー 3着 前走の末脚評価。展開さえハマれば...
7 13 クロユリジョウ ファンタジー 9着 粘りきれなかった前走不満。ここでは。 - -
14 デアリングハート 芝千六1:35.3 1着 地味。うまく流れに乗れればいいが... - -
15 モンローブロンド ファンタジー 2着 前走完敗。展開の助けないと逆転は。
8 16 コスモマーベラス 500万下 2着 ちょっと足りない。入着あれば。 - -
17 ライラプス デ杯2歳S 2着 重賞実績は評価。勝てなくても連対なら。 -
18 キャントンガール もちの木賞 1着 楽勝で2連勝だが...芝はちと厳しい? - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回阪神ジュベナイルフィリーズ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第56回阪神ジュベナイルフィリーズの展望と予想とヨタ話
「当確」の巻

 今週から阪神・中山開催開幕。と、同時に始まるのが2歳GIシリーズ。
 まずは2歳牝馬によるGI、第56回阪神ジュベナイルフィリーズ。

 さて。この阪神ジュベナイルフィリーズ。強い馬が出てくればその馬で順当に決まるんだが、そうでなければ大抵波乱の決着に。 実際、荒れるときは荒れるのがこの阪神ジュベナイルフィリーズ。古くはスエヒロジョウオーが爆走して馬連120740円というのがあるし、 最近では去年の阪神ジュベナイルフィリーズで3連複で376760円という大万馬券が飛び出しているし。

 でもって、今回の阪神ジュベナイルフィリーズはというと...カタいでしょ。とにかく、ファンタジーステークスの勝ちっぷりが素晴らしかったラインクラフト。 前走の段階でもう「当確か」いうくらいその力を見せつけましたからねぇ。別路線からもコレといった馬が出てこないし、順当ならこの馬で決まりなんじゃないっすか?

 あとはヒモですな。ファンタジーステークス上位馬で手堅くまとめるか、ちょい別路線組をからめてみるか、そこが問題でしょう。思ったより人気がないようならショウナンパントルとか美味しそうですけどね。 デイリー杯2歳ステークス5着とはいえ2着のライラプスとはタイム差なしですからね。あとは展開さえハマればねぇ...

<第56回阪神ジュベナイルフィリーズ予想>

◎ラインクラフト
○ショウナンパントル
▲リヴァプール
△モンローブロンド
△ライラプス
△アンブロワーズ

 ただ、去年はスイープトウショウがコケてるからなぁ...大丈夫か?

結果

1着ショウナンパントル
2着アンブロワーズ
3着ラインクラフト
4着ハギノコマチ
5着デアリングハート

タイム:1分35秒2 3F:35.8秒
ショウナンパントル 牝2歳
騎手:吉田豊 厩舎:美浦・大久保洋厩舎
生産牧場:白老ファーム
単勝:5番2230円
複勝:5番350円、6番300円、3番120円
枠連:3-3 8130円 馬連:5-6 8520円
馬単:5-6 20210円
3連複:3-5-6 5450円
3連単:5-6-3 69050円
ワイド:5-6 2260円
    3-5 670円 3-6 580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。馬連万馬券じゃなかったのかぁ、残念(笑)
 あと、3着にハギノコマチが入っていれば穴予想大爆発だったのに。4着か...

 でもって、阪神ジュベナイルフィリーズの結果。展開的にはこんなもん。先手を取りたいテイエムチュラサン・キャントンガールといった辺りが先手争いをしつつ逃げる展開。 ただ、キャントンガールが強固にハナを主張するとテイエムもムリをせず、そのまま位置取り確定。そんなこんなで、最初こそ若干早めのペースだったが道中落ち着いた流れになった為、 1000m通過が0:59.4とペースはさほど早くならず終い。

 で、肝心のラインクラフトというと、先行集団5頭から少し離れた2番手集団に。3コーナー付近から先頭集団との差を詰め、直線で外に持ち出す...が、そこから思ったより伸びませんでしたねぇ。 そんな中、抜けてきたのはショウナンパントル。道中は終始最内の経済コースを追走。4コーナーでちょっと外に持ち出すとそこから一気に伸びてきました。

 しかし、終わってみれば上位3頭の明暗が「コース取り」で分かれた感は否めないよなぁ。 ラインクラフトと同じような位置にいたアンブロワーズは、ラインクラフトよりも2頭分内を回れたのが有利に作用した感はあるし、 ショウナンパントルは「終始ロスなく立ち回れた」ことが勝因でしょうし。これで勝負付けが済んだとは言えませんなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。