今週のメインdeパツイチ2004
第49回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2004年12月26日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゼンノロブロイ ジャパンC 1着 ここでも敵なし?中山の馬場良好なのも○。 -
2 2 ピサノクウカイ プリンシパル 1着 前走は+18kgでも勝利。叩き2戦目で。 -
3 ハイアーゲーム 青葉賞 1着 JCは前が壁になり不完全燃焼。巻き返し注。
3 4 コスモバルク ジャパンC 2着 秋の成績評価。展開次第で念願のGI制覇も。 -
5 ハーツクライ 日本ダービー 2着 展開頼みの感は否めず。前崩れなら台頭。 - -
4 6 シルクフェイマス 宝塚記念 2着 叩き2戦目。春の成績考えると無視できぬ。
7 ユキノサンロイヤル キャピタルS 2着 中山4勝。格下感は否めないが3着穴で。 -
5 8 ダイタクバートラム ステイヤーズ 1着 ようやく立ち直る。前崩れならチャンス。 - -
9 タップダンスシチー 宝塚記念 1着 前走大敗でも立て直しているなら注意。 - -
6 10 デルタブルース 菊花賞 1着 ジャパンC3着は一応評価もちと足りない? - -
11 ヒシミラクル 宝塚記念 1着 そろそろ変わっていい?人気薄なら注意。 - -
7 12 グレイトジャーニー シンザン記念 1着 徐々に持ち直す。だが今回距離が問題。 - -
13 ツルマルボーイ 安田記念 1着 中山では積め甘いも前が止まれば一発ある。
8 14 コイントス 有馬記念 3着 一昨年の3着馬。叩き3戦目でそろそろ。 -
15 アドマイヤドン JBCクラ 1着 去年ほどの勢いない。ちょい厳しい。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第49回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2004年版
第49回有馬記念の展望と予想とヨタ話
「馬場状態」の巻

 さ、ついにやってきましたよ。このレースが。第49回有馬記念。
「有馬良ければすべて良し」言うだけに、きっちり有馬記念当てて〆めたいもんですな。

 ま、それは一旦おいておくとして。今回の有馬記念。注目は天皇賞秋・ジャパンカップと秋のGIを連覇したゼンノロブロイ。 一時「有馬記念では鬼門」とまで言われたローテーションだが、99年の有馬記念以降手堅く連に絡むケースが多々。 99年の有馬記念ではスペシャルウィーク(2着)、2000年の有馬記念はテイエムオペラオーが制し、初の「天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念連覇」達成。 そして2002-2003年はシンボリクリスエスが有馬記念連覇したりと、きっちり結果を残してますからね。

 でもって、ゼンノロブロイ。テイエムオペラオー以来の「天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念連覇」がかかってる訳ですが、オペラオーほどの「絶対感」はないですなぁ。 何せオペラオーはその年の主要な古馬GIをすべてかっさらっていくぐらい強烈無比、国士無双な存在でしたからね。一応ゼンノロブロイも天皇賞秋・ジャパンカップといい勝ち方してますけど、3歳時や今年の春のように元々取りこぼしが多かった馬ですからねぇ。そこがちと不安。

 ただ、今年の有馬記念。これまでの有馬記念と違う点が一つあります。毎年「馬場状態が云々〜」と言われるくらい荒れた馬場になることが多かったこの中山コースですが、今年は馬場状態がかなり良好。 実際、先週の市川市施行70周年記念(1600万下・芝1200m)で1:07.6という早い時計が出ていますし。スピード勝負に分があるゼンノロブロイにとって、この馬場状態は相当有利に働くんじゃないでしょうか? 「好位追走→直線抜け出しそのまま完勝」という流れになりそうだが。

<第49回有馬記念予想>

◎ゼンノロブロイ
○ハイアーゲーム
▲シルクフェイマス
△ツルマルボーイ
△コスモバルク
△ピサノクウカイ

 あとは末脚勝負に賭ける馬を2・3着候補として入れておけばいいのでは?

結果

1着ゼンノロブロイ
2着タップダンスシチー
3着シルクフェイマス
4着ダイタクバートラム
5着デルタブルース

タイム:2分29秒5(R) 3F:35.6
ゼンノロブロイ 牡4歳
騎手:O.ペリエ 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
生産牧場:白老ファーム
単勝:1番200円
複勝:1番120円、9番270円、6番360円
枠連:1-5 570円 馬連:1-9 1240円
馬単:1-9 1860円
3連複:1-6-9 5860円
3連単:1-9-6 24760円
ワイド:1-9 570円
    1-6 690円 6-9 1750円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うわぁ、タップダンスシチー抜けてるよ。
 ロブロイ・シルクといい狙いしてたんだが...あーあ、1着3着かよ。

 で、やはりというかなんというか...「読みズバリ」でゼンロロブロイでした。逃げたタップダンスシチーを終始好位でマーク。 12秒台のラップが中盤で3回しか出ていない程の猛ラップだったが、やはり馬場状態が良かったからなんでしょうかねぇ、結局前に行った馬が止まらずそのまんま1・2着。そしてダイユウサクのレコードを一気に1秒も更新。

 とりあえず、勝ったゼンノロブロイ。やはり、早め早めにタップダンスシチーを捕えに行ったのが正解でしたな。 あんなペースで逃げていたにも関らずタップダンスシチー、全然バテてないですからね。 あの位置につけていたから、力でねじ伏せられたんでしょうなぁ。

 しかし。「ペ」様で最後しめましたか(笑)。ここでも「韓流ブーム」かよ!



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。