今週のメインdeパツイチ2005
第9回ガーネットステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第9回 ガーネットステークス 中山・ダ1200m  4歳上オープン(GIII) 2005年1月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナムラビッグタイム ファルコンS 3着 課題はダート。距離実績あるだけに... -
2 デュアルストーリー ジャニュアリ 1着 冬場に好走集中。一変あれば面白い。 -
2 3 タイセイブレーヴ バイオレット 2着 大敗続き。ダートでも奮わない現状では。 - -
4 サイモンセッズ 神無月S 1着 時々大敗ある馬だがそこそこはやれる。 -
3 5 マルターズヒート フィリーズ 2着 ダートの新馬戦を圧勝。巻き返しに注意。 -
6 プリンセスアスカ アクアライン 4着 前走は一応評価もこのクラス壁ありそうで。 - -
4 7 クリスタルヴィオレ 関東オークス 5着 秋の成績が散々。50kgだがさすが辛いか。 - -
8 サニーミラクル アクアライン 1着 前走完勝。相手強化もこの程度なら。 -
5 9 ブイヤマト 栗東S 1着 末脚怖い。前走より斤量+2kgだが展開次第で。 -
10 エンゲルグレーセ 師走S 11着 叩き3戦目だが上積み疑問。55kgも微妙。 - -
6 11 ヒカリジルコニア 東京盃 2着 相手弱化でチャンス。57kgでも注意。 -
12 アタゴタイショウ ギャラクシー 3着 ダートでもそこそこ走る。が、重賞では? - -
7 13 シャドウスケイプ クラスターC 1着 去年は3着。前さえ止まればチャンス有。
14 メイショウボーラー スワンS 3着 ダート未知数。ただスピードあるだけに... -
8 15 ファントムマスク クラスターC 4着 前走イマイチだが53kgなら一発あるかも。 - -
16 アグネスウイング JBCスプ 2着 トップハンデだが克服可能。順当なら。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第9回ガーネットステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第9回ガーネットステークスの展望と予想とヨタ話
「名ばかり」の巻

 新春早々ですが、うかうかしてられませんぞ。
 フェブラリーステークスに向けての一戦、第9回ガーネットステークス。

 さて、今回のガーネットステークス。まぁ、距離が距離なだけにフェブラリーステークスに直結するかどうかは分かりませんが、とりあえずダート短距離路線を担える次世代の馬が集結。 JBCスプリント2着のアグネスウイングを筆頭に、準オープンを快勝したサニーミラクル、オープン勝ちあるヒカリジルコニア、サイモンセッズ、ブイヤマト、そして芝からダートへ鞍替えしてきたメイショウボーラー、マルターズヒート等、 うまくやれば今年のダート短距離戦線を賑わせそうな面子が集結。

 でもって、このガーネットステークス。一応ハンデ戦。実力通りに決まるかどうかはちと分かりませんな。 ただ「一応」とつけたのは、ハンデ戦なのに実績馬でガチガチの決着ばかりですからね。ニホンピロサートとかマイネルセレクトとか。 ま、それなりのハンデ背負わされても「強い馬は強い」ということでしょうな。

<第9回ガーネットステークス予想>

◎アグネスウイング
○シャドウスケイプ
▲ヒカリジルコニア
△サニーミラクル
△デュアルストーリー
△メイショウボーラー

 ってな訳で、トップハンデでもアグネスウイングから。ヒモも手堅く。

結果

1着メイショウボーラー
2着エンゲルグレーセ
3着サミーミラクル
4着ヒカリジルコニア
5着プリンセスアスカ

タイム:1分10秒2 3F:37.1
メイショウボーラー 牡4歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・白井厩舎
生産牧場:日の出牧場
単勝:14番380円
複勝:14番180円、10番7620円、8番140円
枠連:5-7 13240円 馬連:10-14 177240円
馬単:14-10 218710円
3連複:8-10-14 132060円
3連単:14-10-8 2057180円
ワイド:10-14 31740円
    8-14 360円 8-10 16210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。メイショウボーラーは別に構わないんだが。
 2着エンゲルグレーセってなんだよ(笑)一応重賞ウイナーだけどさぁ...

 とりあえず、そこは後回しにしておきます。まずガーネットステークスの結果。内からナムラビッグタイム、マルターズヒートといった行きたい馬が先手を奪いに。 しかし、外からメイショウボーラー・アグネスウイングといった辺りもスタート直後の芝コースを生かして先手へ。結局、主導権争いを制したのは内のナムラビッグタイム、マルターズヒートでしたが、 ちょっとムリして先手を奪いにいきましたからねぇ。前半3ハロンが33.1秒とエラく速いペースに。

 しかし、そんなペースだったにも関わらず、メイショウボーラーが好位追走から悠々と抜け出し後続を3馬身ちぎって完勝。 終わってみれば、そのスピードの違いをみせつけた結果になってしまいました。力のいるダートだったらどうか分からんが、 今回のように「時計がかからないダート」だったら十分やれそうな感じですな。というより、今のダート短距離路線、層が薄いですからね。 今回の重賞制覇で一躍主役に踊り出てしまったんじゃないでしょうか?

 ...と、まあ通常業務をこなしたところで、アレいってみましょうか。いやさぁ、1番人気・3番人気が絡んでるのに205万馬券ってどういうことよ(笑) ものすごい「負のパワー」をお持ちのようですな、エンゲルグレーセ。しかし、3着がヒカリジルコニアだったら35年ぶりの複勝万馬券になっていたかもしれなかったのになぁ。 余計なことせんでいいのよ、武豊(笑)

※ちなみに今回の3連単配当2057180円。この週(2005年1月9日)の段階で中央競馬歴代2番目の高配当だってさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。