今週のメインdeパツイチ2005
第55回ダイヤモンドステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 ダイヤモンドステークス 東京・芝3400m  4歳上オープン(GIII) 2005年2月13日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グラスポジション ステイヤーズ 2着 ハンデといい相手といい手頃な条件で。 -
2 2 ハイアーゲーム 日本ダービー 3着 有馬記念の末脚評価。得意の東京で巻き返し。 -
3 3 ハイフレンドトライ 万葉S 3着 51kgで出走した万葉Sが3着。52kgの今回は? - -
4 ウイングランツ 箱根特別 2着 展開に泣かされてばかり。展開さえ嵌れば...
4 5 ワンダードリーム 箱根特別 1着 ちとパンチ不足な面有。ハンデ差で補えるか? -
6 チャクラ 万葉S 2着 57kg以上背負うと急に崩れる。今回57.5kgで。 - -
5 7 マイネルポロネーズ 美浦特別 1着 良馬場ならそれなりに末脚切れる。51kgなら。 -
8 コイントス 日経新春杯 4着 前走4着に負けたとはいえガラリ一変。注意。
6 9 アンフィトリオン オパールS 1着 最近いいところナシ。ちと厳しいか。 - -
10 ラヴァリージェニオ 福島記念 3着 ハンデ55kgはちと重い。上がりかからぬと... - -
7 11 アドマイヤモナーク 睦月賞 1着 詰めが甘い。ただハンデ52kgは怖い。
12 スマートストリーム 阿寒湖特別 2着 最軽量48kgだが切れる脚ない現状では。 - -
8 13 ダディーズドリーム ステイヤーズ 4着 じわじわと伸びる。3着程度なら可能。 -
14 タニノエタニティ 目黒記念 4着 重賞好走あるがハマらないと走らない馬で。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回ダイヤモンドステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第55回ダイヤモンドステークスの展望と予想とヨタ話
「天皇賞春へのステップレース??」の巻

 天皇賞春に向けてステイヤー集結。第55回ダイヤモンドステークス。
 ...とは言えないよなぁ。だって、天皇賞春に直結しないんだもん。

 しかし、今年のダイヤモンドステークスはそうとも言ってられないッスよ。 ここで好走すれば天皇賞春でもそれなりにやれそうな馬が何頭かいますな。青葉賞勝ち・日本ダービー3着のハイアーゲームに、 ステイヤーズステークスで不利がありながらもダイタクバートラム(その後有馬記念で4着)に詰め寄ったグラスポジション、 立ち直りつつある有馬記念3着馬コイントスとかさ。ここできっちり答えを出せば、「本番でも勝てる」とまではいかないも 「連対ぐらいはできるんでねぇの?」クラスの活躍はできるんじゃないでしょうか。

 ただ、そう簡単にいかないのがこのダイヤモンドステークス。ひとクセあるハンデ戦ですぞ。 実際、ここ数年はトップハンデ馬・1番人気馬が奮わなかったりしてますし。実績馬がスンナリ勝たせてもらえるレースではなさそう。 逆に台頭してくるのは軽ハンデの馬。ハンデ50-53kgぐらいの馬が狙い目でしょう。格が下だとか、前走の成績が散々だったりしても来ちゃう馬は来ちゃいますから。

<第55回ダイヤモンドステークス予想>

◎ハイアーゲーム
○ウイングランツ
▲グラスポジション
△アドマイヤモナーク
△コイントス
△ワンダードリーム

 ...よく見れば先行馬いないッスねぇ。軽ハンデ馬の前残りが怖いですな。

結果

1着ウイングランツ
2着ハイフレンドトライ
3着チャクラ
4着ハイアーゲーム
5着ラヴァリージェニオ

タイム:3分33秒5 3F:35.8
ウイングランツ 牡5歳
騎手:松岡正海 厩舎:美浦・高市厩舎
単勝:4番3580円
複勝:4番740円、3番510円、6番310円
枠連:3-3 16670円 馬連:3-4 17120円
馬単:4-3 38920円
3連複:3-4-6 59090円
3連単:4-3-6 507610円
ワイド:3-4 3420円
    4-6 3530円 3-6 2050円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うわぁ、ヒモがヌケヌケですよ。
 せっかく穴予想◎ウイングランツがバッチリ来たというのに...

 で、前述の通り勝ったのはウイングランツ。後方でじっくり待機したのとハンデ51kgが効きましたな。 ペースは逃げたスマートストリームとコイントスが競りあってしまった為、乱ペースに。 序盤こそスローだったんだが、1周目のゴールを過ぎたところでコイントスが掛かってしまい一気にペースアップ。

 結局、ここでこの乱ペースに呑まれてしまった馬は全くダメでしたな。終わってみれば後方でじっくり駒を進めていた馬が上位独占。 直線入った段階ではハイアーゲームが抜けてきそうだったんだが、57kg背負わされていたこともあったのか直線半ばで失速。 で、その代わってやってきたのがウイングランツ。ま、元々それなりの末脚持っている馬ですからね。 格下といえども、51kgだったらこれくらいはやれていいでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。