今週のメインdeパツイチ2005
第14回アーリントンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 アーリントンカップ 阪神・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2005年2月26日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 インプレッション 若駒S 3着 ややパンチ不足も、この相手なら通用。 -
2 2 ベストマインド さざんかS 3着 ジリっぽい。開幕週の馬場では厳しいかも。 - -
3 3 ゴールドサンセット 春菜賞 3着 展開ハマってようやく入着程度では。 - -
4 4 サクセスドマーニ 500万下 1着 前走より相手楽。ハマれば3着ぐらいは。 -
5 5 エイシンヴァイデン 野路菊S 1着 今回相手手薄。さらに阪神2戦2勝だし。
6 リードオフマン 500万下 1着 良績ダートに集中。芝の重賞では辛い? - -
6 7 マルカジーク 共同通信杯 3着 詰め甘い。相手弱化歓迎も相手なりか? -
8 ロードマジェスティ ジュニアC 1着 前走がイマイチ。連はあるが勝つまでは。 -
7 9 セイウンニムカウ 朝日杯FS 5着 詰め甘いのが難点。前残りあれば。
10 ビッグプラネット 新馬 1着 この相手なら即通用していい。重賞でも。 -
8 11 マイネルアルピオン クリスマスS 3着 1600mで大敗しているのが問題。距離微妙。 - -
12 ライトニングポール 若竹賞 2着 条件的には悪くなく。連下なら可能性も。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回アーリントンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第14回アーリントンカップの展望と予想とヨタ話
「敗者復活」の巻

 こちらでは阪神開催が開幕です。まずは第14回アーリントンカップ。
 時々大物を輩出する重賞ですが...今年は微妙ですなぁ。

 っていうのも、ぱっと見「敗者復活戦」的色合いが濃いですからねぇ。ま、重賞でそこそこ好走している馬が出走してくるのは仕方ないですが、それしかいないというのはね。 重賞初挑戦組にしたって自己条件を地味〜に勝ち上がった馬ばかりですから。ビッグプラネットなら多少は期待していいんだろうけど、所詮「新馬戦快勝」ぐらいの馬ですし。重賞だとどうなんでしょ?

 で、アーリントンカップの予想。こういう面子だから素直に重賞・オープン好走馬中心でいいんじゃないっすか? 早熟なのかもしれないが2歳戦でなかなかの走りをしたエイシンヴァイデンとか、前2走重賞で3着・3着しているマルカジークとか。

<第14回アーリントンカップ予想>

◎エイシンヴァイデン
○ライトニングポール
▲ビッグプラネット
△セイウンニムカウ
△マルカジーク

 ただ、相手なりに走る馬はずーっと「相手なり」ってことが多いからなぁ...

結果

1着ビッグプラネット
2着セイウンニムカウ
3着インプレッション
4着マルカジーク
5着ロードマジェスティ

タイム:1分34秒3 3F:35.9
ビッグプラネット 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・南井厩舎
単勝:10番210円
複勝:10番150円、9番250円、1番180円
枠連:7-7 1580円 馬連:9-10 1590円
馬単:10-9 1860円
3連複:1-9-10 3130円
3連単:10-9-1 11160円
ワイド:9-10 570円
    1-10 380円 1-9 850円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。しかし、微妙だ...○△ではねぇ。
 しかも、ビッグプラネットが1番人気だってさ。妙味も何もありませんわ。

 で、アーリントンカップの結果。スタートをビシッと決めたビッグプラネットが新馬戦同様マイペースの逃げ。 前半3ハロンが35.0秒、1000m通過が0:58.4とペース自体はやや速めだったが、直線に入ってもバテず。 それどころか、逆に突き放していまう始末。相手がちょっとアレな感じがあったことは確かだが、それにしても強い勝ち方でした。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。