今週のメインdeパツイチ2005
第53回中京記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 中京記念 中京・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2005年3月6日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グレイトジャーニー 東京新聞杯 3着 相手もハンデも手頃。これなら善戦も。
2 2 エイシンシャイアン 斑鳩S 1着 ハンデは前走から据置き。だが相手強化が... - -
3 パラダイスシチー ブリリアンS 1着 良化スロー。ハンデ53kgは歓迎だが。 -
3 4 アサカディフィート 中山金杯 5着 着順は地味だが内容悪くなく。展開次第。 -
5 トレジャー ニューイヤー 5着 最近重賞では全く歯が立たない。厳しい。 - -
4 6 カゼニフカレテ 日経新春杯 5着 最近2ケタ着順ばかり。復活は微妙で。 - -
7 メガスターダム 松籟S 1着 準OPの好走評価。それぐらい走れれば。
5 8 メイショウドメニカ 福島記念 1着 休養明けの前走まずまず。叩き2戦目で。 -
9 シンメイセレリティ 初夢S 2着 格下だが52kg魅力。上位争いも可能?
6 10 セフティーエンペラ 福島記念 1着 前走上々の内容。ここなら勝てていい。 -
11 ダンツジャッジ エプソムC 2着 ここ数戦奮わず。なのにトップハンデとは... - -
7 12 エイシンチャンプ 小倉大賞典 3着 前走サッパリ。さすがに入着までか。 - -
13 ファストタテヤマ 京都記念 5着 復調気配伺えるが中京で届くかどうか。 - -
8 14 サンライズペガサス 京都記念 11着 長期休養明け2戦目。もう少し様子見。 - -
15 オトコノユウジョウ 冬至S 5着 ハンデ52kgなら注意。3着ぐらいなら。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回中京記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第53回中京記念の展望と予想とヨタ話
「難儀」の巻

 去年はケツ人気のメイショウキオウが大爆走。そして単勝万馬券!
 ってな感じで、最近荒れっぱなしの重賞、第53回中京記念。

 ...ま、ローカル開催のハンデ戦だから荒れても仕方ないんだけどね。紛れも多いし。 去年・一昨年は思わぬ逃げ馬がそのまま残ってしまい波乱に。メイショウキオウはともかくとして、 一昨年のブリリアントロード(13番人気)・ギャンブルローズ(10番人気)とかさ。 あと、3年前にはミヤギロドリゴ(11番人気)がこっそり3着に入っていたりとかするし。

 そんなこんなでこの中京記念。難儀ですなぁ。たとえ軸が決まったとしても相手が絞れないからねぇ(笑) 最近の成績もサッパリだしコイツはいらねぇよなぁ、という馬が来ちゃったりするし。だからといって、総流しするのもアレですし。 とりあえず、近走の成績を無視してでも「軽ハンデの逃げ・先行馬」はマークしておかないとね。去年みたいなこともあるし。

<第53回中京記念予想>

◎セフティーエンペラ
○シンメイセレリティ
▲グレイトジャーニー
△メガスターダム
△オトコノユウジョウ

 オトコノユウジョウとかシンメイセレリティとか怪しくない?

結果

1着メガスターダム
2着サンライズペガサス
3着アサカディフィート
4着トレジャー
5着グレイトジャーニー

タイム:1分59秒5 3F:36.3
メガスターダム 牡6歳
騎手:松永幹夫 厩舎:栗東・山本厩舎
単勝:7番430円
複勝:7番200円、14番410円、4番500円
枠連:4-8 3410円 馬連:7-14 3610円
馬単:7-14 6480円
3連複:4-7-14 29810円
3連単:7-14-4 124670円
ワイド:7-14 1490円
    4-7 1930円 4-14 3800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。メガスターダムはマークしていたが...
 ヒモがサッパリでした。サンライズペガサスがノーマークじゃ、どもならん。

 で、中京記念の結果。オトコノユウジョウが思い切ってハナを奪い逃げたが...これが暴走気味のペースに。 前半3ハロン通過が「33.8秒」という短距離戦並のペースに。その後ペースを落としたものの1000m通過が0:58.5ではさすがに持ちません。

 そんなペースだったこともあって、終わってみれば先行馬総崩れ。人気の一角を担ったグレイトジャーニーも早めに動いたのが祟って直線半ばで失速。 そんな中、いつの間にやらメガスターダムが先頭に。道中は中団で最内をこっそり追走。そして、コーナーワークで先団へ。後は「どう馬群を捌くか」が問題となるところだが、 前にいたグレイトジャーニーが外の馬に併せに行っちゃったもんだから、「タナボタ」で進路ゲット。 グレイトジャーニーが譲ってくれた(?)スペースを突いて一気に先頭へ。その後、道中ロスなく走れたこともあって最後までしっかりと脚を使い、 猛追するサンライズペガサスを3/4馬身振り切って1着。

 ま、今回は「ラッキー」でしたな。メガスターダム。コース取りも、展開もすべて味方してくれました。 メガスターダムを追っかけるような形になったアサカディフィートも、見事「おこぼれゲット」して3着に突っ込んで来ていますし。 ただ、こんな流れの中でも”正攻法”で2着に突っ込んできたサンライズペガサスはきちんと評価してあげないと。 長期休養明けの2戦目ということもあって多少の上積みはあると思ったが、ここまで変わってくるとはね。2着とはいえ「完全復活」といっていい内容だったんじゃないでしょうか? この調子なら、春のGIでも一発カマしてくれそうなもんだが...どうだろう?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。