今週のメインdeパツイチ2005
第65回桜花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第65回 桜花賞 阪神・芝1600m  3歳牝オープン(GI) 2005年4月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アドマイヤメガミ チューリップ 2着 末脚侮れぬ。前が止まれば一気に浮上も。
2 ペニーホイッスル アネモネS 1着 好枠引けた。流れに乗れればチャンス。 -
2 3 エリモファイナル 紅梅S 1着 前走で力の差出た感有。入着までっぽく。 - -
4 マイネコンテッサ アネモネS 2着 前走よく追い込んでいるがさすがにGIでは。 - -
3 5 ジョウノビクトリア クイーンC 2着 良馬場未知数。ちとジリっぽいかも... - -
6 ダンツクインビー チューリップ 3着 地味だがそこそこ走っている。3着穴で。 -
4 7 シーザリオ フラワーC 1着 フラワーCより牡馬の強敵破った寒竹賞評価。 -
8 エイシンテンダー チューリップ 1着 前走は枠順に助けられた感有。この枠では? - -
5 9 デアリングハート フィリーズ 2着 強敵相手に接戦有。展開次第で2着も。 -
10 テイエムチュラサン ひまわり賞 1着 ハナはこの馬か。だが粘り足りなくて。 - -
6 11 ライラプス クイーンC 1着 地味だが好勝負できる。人気薄なら妙味。
12 カシマフラワー フェアリーS 3着 叩き2戦目で多少の上積み望めるが... - -
7 13 フェリシア フェアリーS 1着 能力的には悪くなく。あとは仕上がり次第。 -
14 アンブロワーズ 阪神JF 2着 アネモネS3着が問題。ちょっと足りないかも。 - -
15 エアメサイア エルフィンS 3着 強敵相手に好走あるのは評価も外枠微妙で。 - -
8 16 モンローブロンド ファンタジS 2着 行きたいのにこの枠では厳しい。見送り。 - -
17 ラインクラフト フィリーズ 1着 前走力の違いをみせつけた。ここは順当に。 -
18 ショウナンパントル 阪神JF 1着 前走の敗因は馬場と久々。一変可能。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第65回桜花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第65回桜花賞の展望と予想とヨタ話
「二の舞」の巻

 桜前線とともに春のGI戦線もやってきました。
 まずは3歳牝馬クラシック一冠目・第65回桜花賞。

 さてさて、この桜花賞。毎年「阪神ジュベナイルフィリーズ組」と「年明けて台頭してきた新興勢力」の対決といった構図になるのだが、今年は後者が不作気味。 一応、シーザリオとかエアメサイア、エイシンテンダーとかいるけどさぁ...どうもパンチ力に欠けるんだよな。 ディアデラノビアがスンナリ3歳牝馬クラシック戦線に乗れれば「いい感じ」だったんだが、チューリップ賞・フィリーズレビュー連敗でぐだぐだになってしまうし...

 となれば今回の桜花賞、大人しく阪神ジュベナイルフィリーズ組中心で良いのでは?2歳の段階で燃え尽きることもなく、トライアルできちんと結果残していますし。 特に、前走のフィリーズレビューで「阪神ジュベナイルフィリーズ敗北の鬱憤」をきっちり晴らしたラインクラフトなんてどうですかね?阪神JFを除けば、圧倒的な強さで他馬を叩きのめしていますからね。 ただし。阪神ジュベナイルフィリーズの二の舞にならないことが条件ですが(笑)

<第65回桜花賞予想>

◎ラインクラフト
○デアリングハート
▲ショウナンパントル
△ライラプス
△アドマイヤメガミ

 相手もきっちり結果残している馬中心で。意外と妙味あるかも。

結果

1着ラインクラフト
2着シーザリオ
3着デアリングハート
4着エアメサイア
5着ダンツクインビー

タイム:1分33秒5(R) 3F:35.5
ラインクラフト 牝3歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・瀬戸口厩舎
単勝:17番460円
複勝:17番190円、7番170円、9番490円
枠連:4-8 650円 馬連:7-17 1220円
馬単:17-7 2550円
3連複:7-9-17 8440円
3連単:17-7-9 36790円
ワイド:7-17 510円
    9-17 1690円 7-9 1630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょう。1・2番人気で順当に決着。
 しかし、デアリングハートもう少し粘ってくれれば高めだったに...差されたぁ〜。

 ま、それはさておき。桜花賞の結果。テイエムチュラサンが好スタート。そして、そのままハナにたつのかと思われたが...やはり、この馬が外からハナを奪いにやってきました。モンローブロンド。 この2頭が主導権争いしたもんだから、やはりペースは速め。前半3ハロン通過が33.8秒と「魔の桜花賞ペース」に相応しい展開になってしまいました。

 ただ、そのタイムの割にはさほど前崩れにならず。馬場状態が良かったから結果的に速いタイムが出たといったところでしょうか。 終わってみれば去年のレコードを0.1秒更新していますし。で、そんなペースを味方につけてやってきたのはラインクラフト。えっ、追込馬のラインクラフトにとってこの前残りの展開は不利なのでは...と思うかもしれませんが、今回は違ったんですよ。

 実はこのラインクラフト。テイエムチュラサンとモンローブロンドがハナ争いをしている中、こっそり2番手集団に忍び込んでいました。 で、直線に入ったところで先頭に立つと後はそのまんま。同じような位置にいたデアリングハート、最後猛追してきたシーザリオを振り切って1着確保。 阪神ジュベナイルフィリーズの二の舞をさけるべく先行策をとった...か、どうかは分かりませんが、とりあえず借りはきっちり返しました。

 ま、この辺りはねぇ...「借りたものは返さないといけないですよ」という、消費者金融業界のPRだったりするんじゃなでしょうか。 だってさぁ、当日のゲスト安田美沙子ですぜ(笑)「ご利用は計画的に」ですよ。 ...ちなみに「それ言うなら、むしろアンカツが勝つんじゃねぇの?」という質問にはお答えしません。そっちの方はなんだかアレなんで(笑)



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。